必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ステルスFW試打評価|2モデルに減少した分より万人受けするように作られたステルスFW

ウッド試打

意外と変化したステルスFW

2022年のテーラーメイドステルスシリーズは、カーボンフェースを採用したドライバーばかり注目されていますが、私的にはFWやハイブリッドが傑作だと考えています。

今回紹介するのは、ステルスFW。ステルスシリーズのFWはステルスとステルスプラスの2種類が発売されました。ステルスプラスはチタンの可変式で、ステルスFWはマレージングボディの挿しっぱなしです。

3番と5番以外はやや納期がかかりそうなのでUSモデルという選択肢もありかもしれません。それでは早速デザインから見て行きましょう。

ステルスドライバー試打評価|カーボンフェースの新常識を体感せよ!STEALTHドライバー
テーラーメイドステルスドライバーの試打評価です。カーボンフェースを採用した歴史的なモデルで、飛距離性能はピカイチ。しかし、カーボンフェース故の低スピンは諸刃の剣となりそうです。
ステルスプラスドライバー試打評価|新基準の試打データで歴史を変えるドライバーとなるか!?
テーラーメイドステルスプラスドライバー試打評価です。カーボンフェースを採用し、ウェイトも復活させたステルスプラスドライバー。その性能はあまりにも過激なので、要注意。ステルスプラスを買う前にぜひ読んでおきましょう。
ステルスHDドライバー試打評価|ハイドローは本当か!?ステルス3兄弟の末っ子を試打評価
テーラーメイドステルスHDドライバー試打評価です。ハイドローの名を冠したHDドライバーは、本当に高弾道のドローが打てるのかを試打して確かめました。ステルスシリーズの中でも最も親しみやすいモデルなので、シリーズ内のバランサー的存在になることは間違い無いでしょう。
ステルスプラスFW試打評価|ドライバーの影に隠れた名器発見!
テーラーメイドステルスプラスFWの試打評価です。テーラーメイドのチタンFWの最新作はどんな仕上がりなのかを評価しました。ステルスプラスFWはドライバーの影に隠れていますが、名器の予感がするのでぜひチェックしましょう。
ステルスレスキュー試打評価|名器確定、絶対打った方が良い傑作ハイブリッド!
テーラーメイドステルスレスキュー試打評価です。何の変哲もないハイブリッドに見えますが、カーボンクラウンを採用したり、実は新しくなっているステルスレスキュー。ハイブリッドのお手本と言える見事なバランスのハイブリッドだと思います。

ステルスFWのデザイン

普通に見てしまうと、前作と酷似した二番煎じなデザインに感じられるかもしれません。

Vスチールソールはそのまま、スピードポケットも継承しています。

この部分に「V STEEL」と書いてあります。結構立体的。

これがステルスFWになった大きな変更点です。まずフェース形状も違うのですが、それを強く印象付けるのはフェース厚だと思います。スコアラインの感覚はほとんど同じですが、その上の部分が広がったように思います。これによる印象の変化は大きいです。

しかも白いラインが入っていて、アライメントに気を使っていることが伺えます。

構えると白い部分はあまり見えないので、大した効果はありません。フェースアングルは、ほんの少しフック気味かなと思います。というのも、今作はステルスFWとステルスプラスのみで、前作にあったD系が消滅したからでしょう。

クラウンにステルスのロゴがあるのは、全モデル共通ですね。

試打データ

ヘッドスピード54.2m/s
ボールスピード72.7m/s
平均キャリー251y
平均トータル265y
平均サイドスピン255rpmフェード
平均バックスピン4182rpm
平均打ち出し角-1.4°
平均打ち上げ角16.6°
最大の高さ55y
落下角度51°
左右ブレ3y

かなり良い試打データだと思います。ステルスFWの平均飛距離はステルスプラスFWと同じキャリー251yです。飛距離性能はまずまず高いと言っていいでしょう。

方向性は、フェードよりなストレートです。ステルスFWはステルスドライバーと同じ方向性にしてあるのが良いですね。捕まえることも出来るし、フェードでまとめることも出来ます。

弾道の高さはやや高くなったような気もします。今回ステルスシリーズのFWにはD系モデルが無いので、高さに関してはDと通常の間に位置しているように感じました。

ステルスFWの良いところ

マイルドな味付けがステルスFWの良いところかなと思います。

カーボンクラウンにはステルスのロゴがあしらわれていて、おしゃれですし、打感もそう悪くないです。この後方の金属の部分が重心設計にどれくらい影響しているのかは分かりません。

ステルスFWの番手は7番までのラインナップですが、7番はやや遅れて登場するようです。

データチャート

評価は全体的に高いですが、これと言った尖った利点がないとも言えます。総合評価が高いけど、特筆すべき点がないのがステルスFWの”特筆すべき点”でしょうか。

スピン量はサイドスピン、バックスピンを合わせた評価になっています。

総合評価

ステルスFWは、ステルスプラスFWがあるからより目立たなくなってしまっていますが、よくまとまった作りになっています。デザイン的に少しフック気味な感じが否めないのですが、それ以外気になる点もなく無難に高評価して良いでしょう。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました