スポンサーリンク
アイアン試打

テーラーメイドミルドグラインド2試打&評価|フェースだけノーメッキの激スピンウェッジ

テーラーメイドミルドグラインド2ウェッジの試打&評価です。フェースだけノーメッキ仕上げの良いとこどりなウェッジは、スピン性能の高さとデザイン性の高さが素晴らしい。タイガーやマキロイの意見を取り入れたこのミルドグラインド2は他のウェッジとは一線を画す存在だと思います。
未分類

安いレーザー距離計ってどうなの?|8千円のレーザー計測器を買ってみた

8000円のレーザー距離計測器を買って試してみたので、レビューしてみました。手振れ補正機能が付いていないので、慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、十分使えると感じました。
ウッド試打

ゼクシオ11/ゼクシオX FW比較試打&評価|飛距離の11かバランスのXか

ゼクシオ11とゼクシオXのFWを比較試打します。私のFW過去最高飛距離となったゼクシオ11と、そこまでではないが十分な飛距離とサイドスピンンの少なさで安定した弾道を実現するゼクシオX。両者コンセプトに負けない分かりやすい仕上がりになっていると思います。
スポンサーリンク
ハイブリッド試打

ゼクシオ11/ゼクシオXハイブリッド試打評価|曲げ方を教えてほしいくらいの棒球製造機

ゼクシオ11&ゼクシオXのハイブリッドを比較試打。これまでの流れを継承したゼクシオ11は安定感を抜群にアップさせて登場。ゼクシオXは上級者が叩ける仕様になっています。このハイブリッドはゼクシオシリーズの中でも特に完成度の高いモデルだと思います。
アイアン試打

ゼクシオ11/ゼクシオXアイアン試打&評価|素材の違う二種類のゼクシオアイアンを比較試打!!

ゼクシオ11&ゼクシオXのアイアンを比較試打。それぞれ1°ずつストロングンロフトになっていますが、安定性は前作に比べてもかなり向上していてピンを狙っていけるアイアン。個人的には打感の良いゼクシオXがおススメ。
ボール実戦テスト

ブリヂストンe12speed&soft実戦テスト|ヘッドスピード47m/sで分かれる性能

ブリヂストンe12シリーズを実戦テスト。ヘッドスピード47m/s以上向けのe12speedと、それ以下向けの打感の良いe12soft。両者の性能の差やフィーリングの違いを解説します。ブリヂストンの他の製品とも少し比較しながら評価、検証していきます。
ボール実戦テスト

ホンマフューチャーXX実戦テスト|6ピースのウレタンボールはクラブごとに打感が変わる内柔外剛

ホンマの6ピースウレタンボールのフューチャーXXを実戦テスト。やや硬めの打感と安定して300yを超える飛距離性能、グリーン周りでもしっかり止まるスピン性能はかなりの完成度。ウレタンカバーの耐久性も良く、価格も良心的なのでかなりおススメ。
ボール実戦テスト

タイトリストAVX実戦テスト|US向けウレタン3ピースボールは買いか?

タイトリストAVXとは タイトリストAVXはアメリカ市場向け製品で、V1と同じ価格帯にあるウレタンカバーの3ピースボールです。 コンセプトとしては、V1に比べてより低スピンで低く飛ばし、尚且つ柔らかいフィーリングを実現すると...
ボール実戦テスト

ブリヂストンツアーB RXS/RX実戦テスト|USモデルのツアーBをコースでレビュー

アメリカ市場向けのブリヂストンツアーB、RXS&RXをコースで実戦レビューしました。高耐久の復元性ウレタンカバーに二重ディンプルを備えた日本仕様のXSとXとの共通点もありながら、弱点であったフィーリングを改善したモデルです。日本でも正式に販売してほしいですね。
ドライバー試打

ゼクシオ11/ゼクシオX試打&評価|二種類になったゼクシオを徹底試打比較

ゼクシオ11&ゼクシオXを比較試打しました。2020年モデルから2種類の展開になった新生ゼクシオはいったい何が進化したのか何を継承したのか解説しています。ゼクシオXはなぜ登場したのか深読みも含めた比較試打記事です。
女子プロのセッティング

大里桃子プロのクラブセッティング2019|度数愛がすごい!ロフトピッチが美しいセッティング

大里桃子選手のクラブセッティング2019年版を300yヒッターの筆者が深読みします。度数をかなり細かく調整したクラブセッティングです。なんとフェアウェイウッドまでロフトを選んでいるというこだわり。ややオーバースペックですが、男性アマには参考になると思います。
女子プロのセッティング

永井花奈プロのクラブセッティング2019|女子プロのトレンドを取り入れたセッティング

永井花奈選手の2019年のクラブセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。ヤマハ契約で、ヤマハ製品をメインで組み合わせ、適度に他メーカーの製品も組み合わせています。長いクラブほど捕まりやすくしてあるのは絶妙です。
女子プロのセッティング

成田美寿々プロのクラブセッティング2019|地クラブや超高額クラブを多数セッティング!!

成田美寿々選手の2019年のクラブセッティングを300yヒッターの筆者が解説します。総額100万越えの超高額クラブを多数セッティングした贅沢な仕様。それでも、シャフトは気に入ったものを長く使っているようで、ウェイトフローなどはアマチュアでも参考になると思います。
シャフト試打

スピーダーSLK試打&評価|短尺専用シャフトは本当に短尺のメリットを残しているのか

スピーダーSLKの試打&評価です。短尺専用シャフトのスピーダーSLKは果たしてどんなシャフトなのか解説しています。自分自身43インチの短尺シャフトを使用しているので厳しめに検証してみました。スピーダーSLKを検討している方は必読です!!
女子プロのセッティング

畑岡奈紗プロのクラブセッティング|世界ランク1桁安定の黄金世代ダントツの実力派

畑岡奈紗選手のクラブセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。国内外で大活躍&世界ランク3位の畑岡選手のクラブセッティングは使い慣れたクラブやシャフトを多めに入れた無難なセッティング。
アイアン試打

キャロウェイMD5 JAWSウェッジ試打&評価|ジョーズの食いつきはいかが?

キャロウェイJAWS(ジョーズ)ウェッジの試打&評価です。前作から多くの変更を加えた最新のウェッジです。ウェッジ二大巨頭の一角ですから要チェック。ネーミングはJ映画のAWSからとっているのですが、以前もあったネーミング。
シャフト試打

マミヤアッタスHY IPブルー試打&評価|超良い!振り心地最高のアッタス

マミヤアッタスHY IPブルーの試打&評価です。マミヤが販売しているハイブリッド用シャフトで、低めのトルクと先中調子がうまくマッチしています。いままで打ったハイブリッド用シャフトで最もフィーリングの良いシャフトです。
シャフト試打

アッタス11(ジャック)試打&評価|”濃いめの薄味”な弱ドロー&強弾道

アッタス11(ジャック)の試打&評価です。稲見萌寧選手が使用するシャフトで、11世代目のアッタスとなります。中調子のしなやかなシャフトで、注目は打ち出し角の高さとやんわりと捕まる性格。アマチュアにピッタリの要素が詰まった良いシャフトです。
シャフト試打

ツアーAD AD-75,85,95試打&評価|組み合わせやすいシンプルかつ高性能なハイブリッドシャフト

ツアーAD、AD-75,85,95の試打&評価です。ツアーADらしいしっかりとしたスペックながら振り心地は適度にしなやか。アイアンでスチールシャフトを使っている人も流れを崩すことなく組み合わせる事が出来る高性能シャフトです。
ハイブリッド試打

ピンG410クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)試打&評価|ぶっ飛びアイアン型ユーティリティ

G410クロスオーバーの試打&評価です。アイアン型ユーティリティの17°と23°を試打しました。低スピンなので、度数のわりに飛距離も出て風にも強い。中上級者向けではありますがぜひチャレンジしてみてください。
シャフト試打

フジクラMCI試打&評価|ハイブリッド用のMCIは選択肢の多さでマイルドな味付け

フジクラMCIの試打&評価です。アイアン用のMCIをハイブリッドに装着したらどうなるのかを検証、評価してみました。重量帯が50g台から120g台まで幅広く用意されているので自分に合った重さや硬さを選んでみてはどうでしょうか。
ウッド試打

ピンG410LST FW試打&評価|脱ひっかけ!強弾道の直線番長

ピンG410LST FWの試打&評価です。強い弾道で、叩いていけるハードなフェアウェイウッドです。渋野日向子選手や比嘉真美子選手が使用するのも納得のハイスペックなフェアウェイウッド。
シャフト試打

テンセイCKプロオレンジプロハイブリッド試打&評価|重さで変わる方向性|TENSEI CK PRO ORANGE HYBRID

テンセイCKプロオレンジハイブリッドの試打&評価です。テンセイCKプロオレンジシリーズに新たにラインナップされたハイブリッド用です。4つの重量帯でフレックスの選択肢があるので、さまざまなプレーヤーにフィットさせられるでしょう。
女子プロのセッティング

イ・ミニョンプロのクラブセッティング|メーカーの得意分野をうまく組み合わせたセッティング

イ・ミニョン選手のセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。ウッド、アイアン、ウェッジ、パターと全て違うメーカーのクラブを使用しています。イ・ミニョン選手はギア契約フリーなので本当に良いものだけ選んだといった感じです。
女子プロのセッティング

三ヶ島かなプロのクラブセッティング|柔らかカーボンとカチカチスチールの融合

三ヶ島かなプロのクラブセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。ドライバーからアイアンまでは柔らかいカーボンシャフト、ウェッジにはかなり重くて硬いシャフトをそれぞれチョイス。アマチュアにまねできるかは不明。
女子プロのセッティング

稲見萌寧プロのクラブセッティング|明確な役割分担をしたシャフト選択

稲見萌寧プロのクラブセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。黄金世代とプラチナ世代のあいだの世代で、10代にして初優勝を遂げました。ルーキーシーズンながら、安定した予選通過で、トップ10回数も多い活躍ぶり。次の優勝も近いでしょう。
女子プロのセッティング

臼井麗香プロのクラブセッティング|スタンダードなフローで、やんわり捕まるセッティング

臼井麗香選手のクラブセッティングを300yヒッターの筆者が深読みします。ダンロップ契約の選手でありながら、ドライバーやウッド、ハイブリッドはキャロウェイ、ウェッジはフォーティーン、パターはオデッセイです。結果としてアイアンしかスリクソンを使用していないという…
女子プロのセッティング

吉本ひかるプロのクラブセッティング|アイアン少なめの距離重視なセッティング

吉本ひかる選手のクラブセッティングを300yヒッターが深読みします。ミズノだけでなくブリヂストンのFWを入れていたり、軽めのカーボンシャフトを選択しています。飛ぶ選手ではないのでアイアンは少なく、ウッドやユーティリティを多用したセッティングです。
女子プロのセッティング

渋野日向子プロのクラブセッティング|全英覇者&1億円プレーヤーのセッティング

渋野日向子選手のクラブセッティングを解説します。深読みが過ぎる部分も多いですが、中々興味深いクラブセッティングであることは確かなのでぜひチェック!渋野日向子選手のヘッドスピードは男性アマより少し速いくらいなので参考に出来そうなセッティングだと思います。
未分類

300yヒッターになるための方法論

本当にできると思っていますか? 日本のツアープレーヤの平均飛距離がだいたい280y~290yが相場で、飛ぶ人は300yを超えます。 USPGAに目を向けると、世界ランクトップ10のほとんどが飛ばし屋で軒並み300y超えです。...