ピンi500アイアン試打データ付き評価|中空ブレードで飛距離アップを狙え!

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

飛びの中空ブレード

ピンは5種類のアイアンを作っていて、その中でもかなり売れているのがi500です。

 

7番で29°のロフト角に中空構造を採用したアイアンです。中空アイアンは技術が高くないと高い精度で作ることが出来ないので、積極的に作っているメーカーは少ないです。

 

現在はテーラーメイドのP790とこのi500くらいしかありません。

 

i500が発売された時、注文が殺到して1か月待ちになるほど好評でした。見た目のかっこよさと飛距離性能の高さがこの要因になったものと思われます。

 

そんな高性能なi500を試打データから見ていきましょう。

 

試打データ

ヘッドスピード44.2m/s
平均キャリー211y
平均トータル228y
平均サイドスピン18rpmストレート
平均バックスピン2870rpm
平均打ち出し角1.9
平均打ち上げ角24.3
左右ブレ8y

平均キャリーで210yを超える圧倒的な飛距離でした。

最大飛距離はキャリー219yです。正直、29°でここまでの飛距離が出るとは思っていませんでした。ヘッドスピードも44.2m/sとそこまで速い訳ではありませんでした。

 

飛距離が伸びた要因は、安定したミート率の高さとスピンロスの少なさ、高い打ち上げ角だと思います。

 

サイドスピンはほとんどかからず、バックスピンも少ないです。バックスピンが少ないので、グリーンではそこまで止まらないことが予想されますが、落下角度は50°超え。

 

打ち上げ角度は24°で、同じ度数のアイアンと比べて4度程高い値です。これによりバックスピンで稼げなかった滞空時間を担保しています。

ピンらしいセッティング

ピンは7番の度数に対してPWを寝かせていることが多いです。それによって、ウェッジの選択肢が広がります。

 

PWが44°で、5番が22.5°です。

 

ちなみに3番まで設定されていて、3番だと17°になります。これなら、ハイブリッドの代わりに入れてみるのも乙です。

 

今回試打したモーダス105のSシャフトの7番で409g。素材はステンレスのボディにマレージング鋼のフェースです。

 

ピンの他のアイアンと同じ素材の組み合わせです。

 

デザイン

i500が好評である大きな理由はデザインにあると思います。

 

飾らないシンプルなデザインで、ヘッドも小ぶりです。ピンのアイアンはヘッドが長いモデルが多い中、i500はコンパクトです。

 

少しだけグースが効いていて、小ぶりながらに易しさを演出しています。

 

ソールは薄いですが、バウンス角が8°(7番)付いているので、芝の上での抜けも良いものと思われます。

 

打感や音

マレージング鋼のフェースなので、打感は決してよくはありません。

 

ですが、中空構造を採用していることもありマレージングフェースの中ではマシです(笑)

 

まぁ、飛距離の出るアイアンに打感を求めるのはお門違いなのでここは諦めてください。

 

音は、低く乾いた音です。ポケットキャビティに似た音が出ます。性能が高いので感性に訴えかけてくるアイアンというよりかは、データを見て購入を決めるようなモデルだと感じました。

 

データチャート

スピンは一長一短で、少ない故に飛距離が出ているとも言えますし、スピンが少ない故に止まらないとも言えます。

 

ですから、落下角度をしっかり付けられるスイングの人でなければ不便かもしれません。

 

バウンス角が付いているので見た目以上にかなり易しいと思います。ピンのアイアンはどのモデルも多めにバウンスを付けているのでとても使いやすいでしょう。

 

総評

デザイン、性能、価格の全てが素晴らしいです。

 

試打してみて「やはりピンだな」と感じるアイアンでした。易しくて飛距離も出る上に、かっこいい。

 

打感を気にしないならぜひ試打してみることをおススメします。

 

おススメ度

ピンG410LST試打評価|低スピン?上級者向け?前作のLSTと何が変わった??
ピンG410LSTの試打評価です。G410プラスとSFTに遅れながら登場した低スピンモデル。前作同様の高い慣性モーメント、可変ウェイト、スリーブなどをフル装備。G410LSTとG400LSTを比べながら評価していきます。
ピンG410LST FW試打&評価|脱ひっかけ!強弾道の直線番長
ピンG410LST FWの試打&評価です。強い弾道で、叩いていけるハードなフェアウェイウッドです。渋野日向子選手や比嘉真美子選手が使用するのも納得のハイスペックなフェアウェイウッド。
ピンG410クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)試打&評価|ぶっ飛びアイアン型ユーティリティ
G410クロスオーバーの試打&評価です。アイアン型ユーティリティの17°と23°を試打しました。低スピンなので、度数のわりに飛距離も出て風にも強い。中上級者向けではありますがぜひチャレンジしてみてください。
G410アイアン試打データ付き評価|曲げ知らずの大きめヘッドでスピンもgood
G410アイアンの試打レビューです。G410アイアンは前作からバックスピン性能を格段に上げて登場しました。さらに、慣性モーメントが高くなったことで左右のブレはほとんどありません。頼れる相棒になりそうな素晴らしいアイアンです。
ゼクシオ11/ゼクシオXアイアン試打&評価|素材の違う二種類のゼクシオアイアンを比較試打!!
ゼクシオ11&ゼクシオXのアイアンを比較試打。それぞれ1°ずつストロングンロフトになっていますが、安定性は前作に比べてもかなり向上していてピンを狙っていけるアイアン。個人的には打感の良いゼクシオXがおススメ。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] ピンi500アイアン試打データ付き評価|中空ブレードで飛距離アップを狙え!ピンi500アイアン試打データ付き評価です。中空構造を採用したブレードデザインで、飛距離と見た目のかっ […]

タイトルとURLをコピーしました