ボール実戦テスト

スポンサーリンク
ボール実戦テスト

タイトリストプロV1,V1(2021年)違いと選び方|欠点もないが、魅力もあまりない定番ツアーボール

タイトリストプロV1&プロV1xの2021年モデルを評価します。室内計測による、スピン性能、飛距離性能の比較、コースでの飛距離性能、スピン性能の検証を行っています。2021年モデルになってプロV1&プロV1xが何が変わったのかを解説していきます。
ボール実戦テスト

スリクソンZ-STARシリーズ2021のモデル毎の違いと選び方|Z-STAR,Z-STAR XV,Z-STARダイヤモンド

スリクソンZ-STARの2021年モデル3タイプの違いと選び方を解説しています。この記事では公平な環境での室内計測に加えて、コースでの実際の弾道やスピンをテストしました。Z-STARシリーズのテスト販売として限定販売されるZ-STARダイヤモンドも試打計測&コーステストを行っています。
ボール実戦テスト

RZNゴルフボールHS-TOUR&MS-TOUR実戦テスト|1万3千個のディンプルと超硬いレジンコアのツアーボール

RZNゴルフのウレタンカバーツアー系ボールのHS-TOURとMS-TOURの2機種を試打テスト、実践レビューです。レジンコアと1万個以上のマイクロディンプルが大きな特徴。かつてナイキで開発され販売もされたRZNボールの後継機種にあたると思われます。
スポンサーリンク
ボール実戦テスト

75%真っすぐ飛ぶゴルフボールPOLARA Ulimate Straight実戦テスト|非公認のストレートボールの性能は?

POLARA Ulimate Straightという非公認球をご紹介します。非公認の理由は、まっすぐしか飛ばないから。そんな夢のようなゴルフボールは本当に効果があるのか実際にコースでテストした結果をもとにレビューします。
ボール実戦テスト

プロギアRSスピンボール実戦テスト|飛び系アイアンと相性が良いウレタンカバーの激スピンボール

プロギアRSスピンボール実戦テストです。ドライバーでの飛距離性能は大手メーカーと同等。アイアンでのスピンは同じかそれ以上。プロギアRSスピンは飛び系アイアンと組み合わせてスコアアップを狙うのにピッタリなスピン系ボールです。
ボール実戦テスト

スリクソンX²実戦テスト|桁違いの飛距離で+20y!!プレースタイルすら変える程の圧倒的飛距離アップ!!

ドラコン大会でお披露目 スリクソンX²は、新種の“マルチピース×アイオノマーカバー”のディスタンスボールです。このジャンルの開拓者であるブリヂストンJGR、ドラコン競技で確固たる地位を築いているボルビックXTくらい。 価格帯...
ボール実戦テスト

2020年おススメゴルフボールランキング|300yヒッター的ゴルフボールのランキング2020年版

2019年から2020年に発売されたゴルフボールをランキングにしました。性能だけでなく、コストパフォーマンス、入手難易度などを考慮したランキングになります。ランキングに載っていないけどおススメのボールもありますのでぜひご覧ください。
ボール実戦テスト

クロムソフトX実戦テスト|前作から抜本的にモデルチェンジをして登場!!

キャロウェイクロムソフトX 2020年モデルのレビューです。クロムソフトと同時にコーステスト、切断をして検証した動画もあります。2020年モデルになって、前作とはまるで違う内部構造になっており、フィーリング、性能共に高評価のツアーボールです。
ボール実戦テスト

キャロウェイクロムソフト実戦テスト|コアは歪んでいるが、性能は抜群、フィーリングも向上

キャロウェイクロムソフト2020年モデルをテストしました。前作を酷評したわけですが、2020年モデルは非常に完成度が高いです。トリプルトラックがとても使いやすく、パターにも貢献してくれる優れもの。新旧クロムソフトを切断して比較もしています。
ボール実戦テスト

ホンマTW-X(2019)実戦テスト|コスパ抜群のツアーボール

ホンマTW-X(2019)の実戦テスト&レビューです。1ダース4000円のコスパ抜群なウレタンカバーのツアーボールです。アマチュアでもちゃんとスピンがかかるボールが使いたい、けどコストは抑えたいという人は本当に買った方が良いですよ。
ボール実戦テスト

ホンマX4実戦テスト|ヘッドスピード40m/s前後のプレーヤーのために設計されたウレタンカバーボール

ホンマのウレタンカバーシリーズ、X4の実戦テストです。ヘッドスピード40m/s前後の人のためだけに作られた珍しいゴルフボール。アマチュアでもウレタンを手軽に使える時代になったという感じがしますね。ホンマらしく、価格も手ごろでコスパは良いです。
ボール実戦テスト

ボルビックS3実戦テスト|ボルビックらしい飛びと耐久性を実現

ボルビックS3の実戦テストです。ボルビックが展開しているツアーボールシリーズの一角で、3層構造のウレタンカバーボール。最大飛距離319yと圧倒的な飛距離と、カバーの耐久性の高さが評価したいところ。
ボール実戦テスト

タイトリストAVX 2020年モデル実戦テスト|超おススメ!低弾道で安定した飛距離を実現

2020年モデルの新タイトリストAVXの実戦テストです。低弾道低スピンで、なおかつソフトな打感を実現したタイトリストの傑作ツアーボール。ハードヒッターにかなりおススメできるスペックです。2020年モデルから日本正規販売開始しました。
ボール実戦テスト

ボルビックS4実戦テスト|打感抜群なボルビックの4ピースウレタンカバーボール

ボルビックS4の実戦テストです。打感が適度に柔らかく、カバーの硬さと相まって非常にしっくりくる打感です。ボルビックのハイエンドツアーボールであるS4は4層構造のウレタンカバーボール。飛距離もスピンも欲しい欲張りな方におススメ。
ボール実戦テスト

トップフライトGamerTour実戦テスト|1ダース2500円のウレタンカバー

アメリカで大きなシェアを占めるトップフライトのウレタンカバー3ピースボール、ゲーマーツアーを実戦テストしました。ウレタンカバーですが、傷のつき方や感触はアイオノマーに似ていて、安いのも納得。1ダース2300円なので試してみるのはアリかも。
ボール実戦テスト

ブリヂストンe12speed&soft実戦テスト|ヘッドスピード47m/sで分かれる性能

ブリヂストンe12シリーズを実戦テスト。ヘッドスピード47m/s以上向けのe12speedと、それ以下向けの打感の良いe12soft。両者の性能の差やフィーリングの違いを解説します。ブリヂストンの他の製品とも少し比較しながら評価、検証していきます。
ボール実戦テスト

ホンマフューチャーXX実戦テスト|6ピースのウレタンボールはクラブごとに打感が変わる内柔外剛

ホンマの6ピースウレタンボールのフューチャーXXを実戦テスト。やや硬めの打感と安定して300yを超える飛距離性能、グリーン周りでもしっかり止まるスピン性能はかなりの完成度。ウレタンカバーの耐久性も良く、価格も良心的なのでかなりおススメ。
ボール実戦テスト

タイトリストAVX実戦テスト|US向けウレタン3ピースボールは買いか?

最新モデルはこちら。 タイトリストAVXとは タイトリストAVXはアメリカ市場向け製品で、V1と同じ価格帯にあるウレタンカバーの3ピースボールです。 コンセプトとしては、V1に比べてより低スピンで低く飛ばし、尚且つ...
ボール実戦テスト

ブリヂストンツアーB RXS/RX実戦テスト|USモデルのツアーBをコースでレビュー

アメリカ市場向けのブリヂストンツアーB、RXS&RXをコースで実戦レビューしました。高耐久の復元性ウレタンカバーに二重ディンプルを備えた日本仕様のXSとXとの共通点もありながら、弱点であったフィーリングを改善したモデルです。日本でも正式に販売してほしいですね。
ボール実戦テスト

スリクソンX実戦テスト|飛びのプレミアム4ピースボール|最大飛距離312y!!

スリクソンXの実戦テストを行いました。飛びに特化した4ピースアイオノマーカバーのボールで、価格も堂々の5千円クラス。確かに飛距離はよく出るし、直進性も高いのだがそれゆえにデメリットもあります。
ボール実戦テスト

タイトリスト・ヴェロシティ実戦テスト|飛距離と方向性で勝負できるディスタンス系

タイトリスト・ヴェロシティを実戦テストしました。ディスタンス系のシンプルな2ピースアイオノマー系カバーボールです。アイアンでの高い直進性が魅力で、ピンをデッドに狙える飛び系ボールです。
タイトルとURLをコピーしました