スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイX-FORGEDアイアン試打評価|キャロウェイ復活の狼煙

アイアン試打
スポンサーリンク

久々の登場

キャロウェイのアイアンシリーズはドライバーと同じネーミングのアマチュア向けライン、セミアスリートからアスリート向けのAPEXシリーズ、最上級者向けのX-FORGEDシリーズの3種展開です。

そしてこのX-FORGEDシリーズはピュアな構造であることが共通しています。最後にX-FORGEDの名を冠したのはX-FORGED CBでしたが、あれは私的にはただ名前を借りただけの派生モデル。

やはり単一パーツ削り出しであることがX-FORGEDの最低条件だと思います。2024年に登場したX-FORGEDはまさにそのシリーズ復活の狼煙を上げるモデルとなるでしょう。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

X-FORGEDアイアンのデザイン

形状は至ってシンプル。最近よくみるバックフェースのVシェイプですが、彫り込みは浅いです。

なのでキャビティバックの中ではかなりバックフェースの肉厚を感じます。それだけ打感が良いのは容易に想像できます。

2024年モデルのX-FORGEDのデザイン的な特徴はソールです。オノフがKUROアイアンで採用した三日月ソールや三浦技研のデントソールのようなフェース側の削りがあります。

ヘッドサイズは前作ほどではありませんが小さいです。このフェースの短さこそがキャロウェイらしさであり、APEXも巨大化してしまった今、非常に懐かしさを覚える仕様です。

ブレードはやや薄いです。ナイフのようなキレ感はありませんが厚ぼったさはありません。X-FORGEDアイアンは別にブレードが薄いのではなくフェースの短さでカッコ良いのでここはあまり気になりません。

X-FORGEDのスペック

ロフト体系は前作の7番34°から33°になりました。X-FORGED CBと同じですね。

PWは46°なのは嬉しいです。そして漢の3番までラインナップしているあたり、プロの要望に応えた仕様と言えそうです。

試打データ

X-FORGED 7番×モーダス105S

ヘッドスピード47.5m/s
ボールスピード59.0m/s
平均キャリー179y
平均トータル188y
平均サイドスピン561rpmドロー
平均バックスピン6251rpm
平均打ち出し角-0.3°
平均打ち上げ角24.9°
最大の高さ53y
落下角度55°
左右ブレ-11y

やはりな、という言葉が最初に出ました。このロフト体系が上手くいかない方が難しいです。バランスは最高レベルに整っている試打データだと思います。バックスピン量は常に6000rpmを超える上に、キャリーも無理なく180y出せる初速性能。

モーダス105なので、ドローは強めですしスピンも少なくなりやすいはず。ですがX-FORGEDアイアンはそれを補うほどの高い次元で作られています。

この試打データは全部で6球残しているのですが、縦ぶれは6yです。と言っても一球だけショートしたものがあるだけでほとんどブレないと言っても過言ではない。上級者が求めるものは全て持っています。

X-FORGEDアイアンの良い点

  • 打感が非常に良い
  • 完璧な試打データ
  • 超絶カッコいいデザイン
  • 素直な挙動
  • 本来あるべきアイアンの姿を体現している

X-FORGEDアイアンのイマイチな点

  • なし

X-FORGEDの打感

私はキャロウェイの打感が好きです。しっとりした密着感は大手メーカーの中では唯一の気持ちよさです。

この断面を見れば分かりますが、打点裏が非常に分厚いです。打感は打点裏の分厚さがほとんどの要因であり、素材ではありません。もちろんX-FORGEDはこの形で、なおかつS20Cで、さらにさらに鍛造なのですから打感が良くて当然です。

ですがこの当然の打感の良さ、他のメーカーは当たり前に作れていますか?

X-FORGEDのセッティング

純正シャフトはモーダス105とダイナミックゴールドMID115です。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

モーダス105でも十分使えるので、飛距離に自信がないならモーダス105でも大丈夫です。ヘッドが小さいのでドローヒッターはやや強く左に引っ張られますのでそう言った人はモーダス115がおススメです。

データチャート

スピン量は増えすぎることもなく、6000rpmを切ることもありません。素晴らしいバランスです。そしてモーダス105で撃つ限りは難しさもさほど感じませんでした。これだけ小さいヘッドでこの打ちやすさはかなり魅力的だと思います。

総合評価

X-FORGEDアイアンは前作の硬派な感じはもちろん残しつつ、33°になったことで裾野が広がったと思います。基本的にストロングロフト化は否定派ですが、X-FORGEDのこの変更点は評価しています。

そして打感の良さです。キャロウェイでまともなアイアンはX-FORGEDシリーズだけです。アイアンをしっかり長い時間をかけて味わいたいのであればぜひ試打しにいきましょう。

おススメ度5 out of 5 stars (5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました