必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

短尺ドライバー専用シャフト「オウサス(AWESASS)」試打評価|グリップメーカーが作った短尺用シャフト

シャフト試打

グリップメーカーとしては有名

今回紹介するシャフトは、実はグリップメーカーが作った短尺専用シャフト、オーサスというモデルです。

このシャフトは、スーサスグリップが販売している製品で販路が非常に限られているためほとんど知られていないでしょう。なので、今回はオウサスシャフトを私が購入して試打データを取りましたので、それを元に評価していこうと思います。

Awesass (オウサス)のデザイン

非常にシンプルなデザインで、AWESASSのロゴはほんのわずかにしか描かれていません。多分「awesome=素晴らしい」と「スーサス」の造語。

コスメはグレーで向きは特になく、スペックも記載されていません。ですから、もし中古で買う場合はスペックが分かりにくいので注意しましょう。

若干ラメの入った塗装になっています。シンプルなので、どんなヘッドにも相性は良さそう。

Awesass(オーサス)を買うとスーサスグリップが1個付いてきます。

試打データ

ヘッドスピード55.6m/s
ボールスピード77.5m/s
平均キャリー292y
平均トータル310y
平均サイドスピン472rpmドロー
平均バックスピン2963rpm
平均打ち出し角-5.6°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ54y
落下角度48°
左右ブレ-58y

ヘッドは私のエースドライバーオノフKUROの10.5°を1°立てた仕様。初速性能はヘッドが良いのでそこそこ高いかなと思いました。短尺だからと言って初速が出ないということはありません。

一方で、Awesass(オウサス)には短尺らしい試打データもあらわれています。それはバックスピン量です。約3000rpmという高い数値は短尺ではよく起こります。ですが、同程度のスピン量の通常弱と比べると弾道の高さはやや低いです。

【完全版】300yキャリーさせる短尺ドライバーの作り方|リキ@300yヒッターのギアノート|note
このnoteではキャリー300yする短尺ドライバーの作り方を徹底的に叩き込みたいと思います。短尺は飛ばないと言われていることを覆すためにこのnoteを執筆している次第でございます。 このnoteを買うことで、あなたが得られるメリットは以下の3点です。 ①簡単に短尺ドライバーをセッティング出来る ②3万も4万もする...

逆に言えば、短尺専用だからと言ってとても低スピンにしているという印象はありませんでした。

そして何よりAwesass(オウサス)は弾道が安定しやすいです。これもある意味短尺ドライバーの特徴が現れていますね。打ち上げ角度が揃いやすく、飛距離が出てもキャリーが安定します。直ドラや、1オン狙いも出来そうな特性です。

Awesass(オウサス)の振動数

ここで注目していただきたいのが、Awesass(オウサス)の振動数です。今回は6Sを44インチで作ってみました。

263cpmと、結構硬いんです。短尺にすることで硬くなりやすいのはご存知かと思いますが、それを考慮した設計にはなっているような感じです。6Sの中ではUS出身モデルを除けば硬い部類に入るかなと思います。

振り心地の特徴

Awesass(オウサス)の振り心地は非常に分かりやすいです。全体的に均一にしなるタイプのシャフトで、若干手元と先端に剛性を感じる中調子。

唯一動きの特徴は切り返しの時の急な反応です。切り返した後にすぐにヘッドが帰ってきて捕まる感触が強く、基本的に右に飛ぶことはありません

勝手に考察

今回は自分で組み上げたので、シャフトに貼られたラベルなんかもじろじろみていました。Awesass(オウサス)の製造国はバングラデシュで、これはUSTマミヤと同じです。

バングラデシュでシャフトを製造しているのはマミヤくらいなので、おそらくOEMで同じ工場で作られているのではないでしょうか。

入手方法

Awesass(オウサス)は入手ルートがほとんどありません。私が住む神奈川県内では永田台練習場と、スーサスグリップの社長のメンバーコース(らしい)である大厚木カントリークラブの工房くらいです。

他県では正直状況が分かりませんが、ほとんど見かけない上にスーサスグリップのHPにも記載されていないので、情報があまりにも少ないです。大厚木の練習場で月1くらいのペースで試打会をしているらしいので、そこで試打してみるのが良いでしょう。価格は定価5万円なので普通のシャフトと同じくらい。

データチャート

短尺シャフトとしての出来はまずまずかなと思いました。弾道が低くなりすぎないようにスピンを多めに設計しているようですが、6Sならもう少し低スピンでも良いのかなと思います。ただ、安定性の高さは素晴らしいのでそこは評価しています。

総合評価

面白いシャフトであることに間違いはありません。試打データ的にあまり飛距離が出なかったのが残念ではありますが、相性もあると思います。

Awesass(オウサス)は、短尺でパリッと硬いシャフトを使いたい人に向いています。意外と硬くて扱い切れるシャフトは少ないので需要はあるのではないでしょうか。

おススメ度

↓短尺ドライバーのセッティングはこちらで解説しています↓

【完全版】300yキャリーさせる短尺ドライバーの作り方|リキ@300yヒッターのギアノート|note
このnoteではキャリー300yする短尺ドライバーの作り方を徹底的に叩き込みたいと思います。短尺は飛ばないと言われていることを覆すためにこのnoteを執筆している次第でございます。 このnoteを買うことで、あなたが得られるメリットは以下の3点です。 ①簡単に短尺ドライバーをセッティング出来る ②3万も4万もする...
ベンタスレッド試打評価|ミケルソンやアダム・スコットが使用するベンタスの飛ばし屋|VENTUS RED
ベンタスレッドの試打評価です。低スピンでドローバイアスのベンタスシリーズ唯一の先調子のモデル。ベンタスシリーズはUSフジクラのハードヒッター向けモデルが多いですが、ベンタスレッドは他のベンタスシリーズとどんな違いがあるのかを評価します。
ベンタスブルー試打評価|ベンタスブルーとベストマッチのヘッドも考察!
ベンタスブルーの試打&評価です。先端剛性の高さと、トルクの少なさ故のスピン量の最適化により、キャリー300y超えを複数回記録しました。打てる人はあまり多くないハードなシャフトではありますが、ハードヒッターにはおススメです。
ベンタスブラック/VENTUS BLACK試打評価|ベンタスブラックが評価される理由は?
フジクラベンタスブラック試打評価です。US逆輸入のフジクラベンタスシリーズの最高スペック、ベンタスブラックです。マキロイ、ミケルソン、DJがこぞって使うベンタスブラックの魅力とは。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました