必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグST MAX Dドライバー試打評価|スピン特性が独特だが需要がある仕上がり

ドライバー試打

ドローバイアスモデル

ローグST MAX Dドライバーは、ローグSTシリーズのドローモデル。今年は、FWもDシリーズが出ていて、ドロー祭りです。

そもそもキャロウェイはドローのモデルを作るのが上手で、ドローバイアスをわざわざ買わなくてもドロー系のモデルが多い印象。ただ、ローグなどの方向性重視のモデルは特に慣性モーメントが大きく操作感が悪いのでそこを補う狙いなどもあるのだと思います。

それではまずデザインから見ていきます。

ローグST MAX Dドライバーのデザイン

ローグST MAX Dドライバーのソールデザインは、通常のローグST MAXとほとんど同じです。

一点だけ違うのはMAX Dの文字の下にスクリューウェイトが配置されている事です。まぁそのためにそのヒール部分がカーボンじゃなくなっているのも違いではあります。

ヒール側が重くなることで重心角が大きくなるので、捕まりが良くなります。

ローグST MAX Dドライバーを前方から見ると、こんな感じに。カーボンの面積が大きいのが良くわかりますね。後方のウェイトが出っ張っているのはローグSTの他のモデルと共通しています。

艶消しのヘッドは後方に伸びていて印象的。ローグST MAX Dドライバーの投影面積はローグST MAXと多分同じです。

ローグST MAX Dドライバーのフェースアングルは少しフック。フックフェースが得意な私としては特に何も思いませんが、嫌な人はMAXにした方が良いですね。

試打データ

ヘッドスピード53.7m/s
ボールスピード76.5m/s
平均キャリー293y
平均トータル314y
平均サイドスピン614rpmドロー
平均バックスピン2627rpm
平均打ち出し角-4.6°
平均打ち上げ角14.5°
最大の高さ47y
落下角度45°
左右ブレ-64y

試打データとしては、何点か面白いことがあります。一つはバックスピン量です。平均で2600rpm程度と、決して多くないバックスピン量。これは、ローグST MAXよりも少ないです。打ち出し角度は大きく左でサイドスピンも強いドローなのでやはりドローバイアスではあります。

ちなみに最高飛距離はキャリーで298yでした。そこまで飛んでいるわけではないのですが、思ったより飛んだなと言う感じ。ドローが強いと初速が出やすかったりしますが、ローグST MAX Dドライバーはそんなんでもありません。

ローグST MAX Dドライバーの打ち上げ角度は同シリーズの他のモデル同様、低めなので中スピンと相まって吹き上がることはありません。意外でした。こういう設計って需要あるなと思うんですよね。

ローグST MAX Dの位置付け

今回ローグSTシリーズはこれまでの流れからの予想から少し外れる結果となりました。もちろん、捕まりの強さはローグST MAX Dが一番ですが、バックスピン量は多くありませんでした。バックスピン量の比較だとローグST MAX LS<ローグST♦︎♦︎♦︎<ローグST MAX D<ローグST MAXと言う感じです。

しかもこの全てが実用範囲内であることがキャロウェイの凄さ。テーラーメイドのD系モデルはスピン量が多すぎて話にならないことが多いので、クラブ作りのレベルの高さはキャロウェイに軍配が挙がると思います。

ローグST MAX Dドライバーが合う人

ドローで天ぷらや高スピンに悩んでいる人はローグST MAX Dドライバーがお勧めできます。

スピンを減らす効果自体はそこまで高いわけではないのですが、スピンが増えやすいわけではありません、それと、打点が少しトップしやすいので天ぷらは減らせると考えています。

打感はローグST MAXとほとんど同じですが、気持ちローグST MAX Dの方が柔らかく感じました。フェースが閉じやすいのでそう思ったのかもしれませんね。

他社製品と比べて

ローグST MAX DドライバーのポジションはG410プラスの真左あたりでしょう。あまりライバルが多くないポジションなので需要あり。

ローグST MAX Dをカスタムすることはあまりお勧めではありませんが、打ち出し角度が右にズレるようなシャフトを組むと良いかもしれません。例えば、クロカゲXMとか、ツアーAD GTとか。

↓完全版はココ↓

216種類のヘッド・シャフト特性を一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート|note
マトリックスチャートとは 様々なドライバー、シャフトを試打してきましたが、それぞれの特性を誰が見ても分かるようにするにはどうしたらよいか日々考えてきました。 そこで、今年の4月に作成したのが以下のマトリックスチャートです。 このチャートは2018年から2020年初めのモデルを掲載していました。比較的新しいモデルの...

データチャート

なんか独特なデータチャートになりましたね。ローグST MAX Dドライバーは、飛距離や安定性こそ優れているとは言えませんが、スピンバランスの良さ、その引き出しやすさは秀逸。必ず合う人がいるだろうなと思います。何となく後回しにしていましたが、完全に意表を突かれた高評価。

総合評価

ローグST MAX Dドライバーは、データチャートを見ても分からないかもしれませんが、高評価をしています。ゴルファーの痒いところを知っているキャロウェイだからこそ作れるドライバーです。

飛距離に関しては、思ったより出ないなぁと感じるものの、スライス幅が小さくなって飛距離が伸びそうなユーザーなら完全にメリットに化けるハズです。

おススメ度

キャロウェイローグST LS FW試打評価|超安定のFWでスコアアップしようぜ
キャロウェイローグST LS FW試打評価です。名器を数多く販売してきたキャロウェイの正当なラインから出た低スピンモデル。超安定するだけでなく飛距離も申し分ない名器の予感。
キャロウェイローグST MAX FW試打評価|歴代の名器には及ばない落ちこぼれ
キャロウェイローグST MAX FW試打評価です。これまで多くの名器を生み出してきたキャロウェイの新作。ローグST MAX FWはX HOTの系譜を辿るモデルですが、どんな評価になるのでしょうか。
ローグST MAXハイブリッド試打評価|FW並みに飛ぶハイブリッドはいかが?
キャロウェイローグST MAXハイブリッドの試打評価です。ハイブリッドを多く発売するキャロウェイの最新ハイブリッド。ローグST MAXハイブリッドはソールにレールを配置した意外と革新的なモデルです。
ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
ローグSTトリプルダイヤモンドLS試打評価|第二のロースピンモデルの実力は?
キャロウェイローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバー試打評価です。ロースピンモデルとしてUSでは通常販売されるトリプルダイヤモンドLSは、ローグST MAX LSとどう違うかなどを比較しながら評価します。
ローグSTトリプルダイヤモンドS試打評価|角度で高初速を実現する異次元のドライバー
キャロウェイローグSTトリプルダイヤモンドSドライバーを試打評価します。ツアー支給モデルで発売されたトリプルダイヤモンドSは440ccの小ぶりなヘッド。しっかり捕まって低スピン低弾道が打てるので飛距離性能も高いです。
ネクスジェンNS210ドライバー試打評価|最高飛距離337yの化け物ドライバー登場
ネクスジェンが3年ぶりに出した新作 NS210ドライバーを試打評価します。初めて可変スリーブを採用、カーボンクラウンの復活、高慣性モーメント化と一気にやりすぎではないか心配になるくらいの進化を遂げました。軽量のEI-Fシャフトも絶妙に効いていて最高の仕上がりは全ゴルフ関係者が打つべきです。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました