必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグSTトリプルダイヤモンドLS試打評価|第二のロースピンモデルの実力は?

ドライバー試打

4つ目のローグST

USモデルでは通常ラインナップで4つのモデルが存在します。今回特集するトリプルダイヤモンドLSもその一つです。このサイトではローグST MAX LSドライバーを試打評価しましたが、今回はもう一つのLSモデルであるローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーを評価します。

それではまずはデザインから見ていきます。

タイトリストTSR2ドライバー試打評価|至高のドライバーが遂に完成か!
タイトリストTSR2ドライバーの試打評価です。フルチタンの数少ない高性能ドライバーで、タイトリストらしいミスの傾向。スコアを出すことを大前提に作られているからこそ良いドライバーに仕上がるんだと実感しました。TSR2ドライバーはここ数年でも上位に入る素晴らしい性能と仕上がりのドライバーです。
タイトリストTSR3ドライバー試打評価|前作超えとはならずとも良ドライバー
タイトリストTSR3ドライバー試打評価です。タイトリストのフラッグシップモデルであるTSR3ドライバーはコンパクトな460ccのヘッドに、可変ギミックを搭載したフルチタンヘッド。TSR2との棲み分けについても言及します。
実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ローグSTトリプルダイヤLSのデザイン

ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーは、通常モデルとは違いソールのフェース側にスクリューウェイトが埋め込まれています。

それ以外の部分は、ソールのトゥ&ヒール側にカーボンパーツが配置されているあたり、他のローグSTドライバーと共通です。

この表記を見る限り、モデル名がトリプルダイヤモンドLSであることが分かります。これまでのダイヤモンドシリーズは、ネックの部分にダイヤモンドが描かれていましたので、大きな変更点ですね。

スクリューウェイトは可変式です。これまでのスクリューウェイトと共通です。

ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーはかなりシャローバックだと思います。ソール面全体で着地しているので座りは良いです。

クラウンはカーボンで、ヒール側が少し削られたようなデザインです。体積は少し小さい450ccです。

試打データ

ローグSTトリプルダイヤモンドLS9°×カイリホワイト60S

ヘッドスピード55.1m/s
ボールスピード78.7m/s
平均キャリー306y
平均トータル326y
平均サイドスピン101rpmフェード
平均バックスピン2692rpm
平均打ち出し角-4.3°
平均打ち上げ角14.3°
最大の高さ51y
落下角度46°
左右ブレ-17y

比較的ニュートラルなカイリホワイトと組んで打ってみました。サイドスピンは完全にフェードで、平均キャリー306yとまずまず。最高飛距離はキャリー309yでした。

サイドスピンは基本的にフェードで集まりやすいですが、ストレートに近いので扱いやすい組み合わせでした。

弾道の高さは普通なので、ローグSTトリプルダイヤモンドLSが特別低弾道ではないと考えています。

ローグSTトリプルダイヤモンドLS9°×ベンタスTR60S

ヘッドスピード54.4m/s
ボールスピード77.7m/s
平均キャリー310y
平均トータル334y
平均サイドスピン255rpmフェード
平均バックスピン2217rpm
平均打ち出し角-2.0°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ48y
落下角度43°
左右ブレ7y

最新のベンタスTRとも組み合わせてみました。この組み合わせは結構需要あると思います。ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーは、そもそもフェードバイアスで、ベンタスTRも同じなのでヘッドとシャフトが同調して扱いやすいです。

サイドスピンが全て250rpm付近なので曲がり幅を予想しやすい上に、球の安定感が高いのでスコアに繋がる組み合わせだと思います。

高さは揃いませんでしたが、さほど問題ではないと思います。ローグSTトリプルダイヤモンドLSはやはり低弾道ではありません。ちなみに、この組み合わせでの最高飛距離はキャリー316yでした。決して飛距離が出やすいわけではないローグSTトリプルダイヤモンドLSとの相性は良いと判断しています。

ローグSTトリプルダイヤモンドLS9°×テンセイプロオレンジ1K60S

ヘッドスピード55.2m/s
ボールスピード78.3m/s
平均キャリー307y
平均トータル328y
平均サイドスピン250rpmフェード
平均バックスピン2560rpm
平均打ち出し角-3.2°
平均打ち上げ角15.0°
最大の高さ51y
落下角度46°
左右ブレ-1y

個人的に一番打ちやすかったのがテンセイプロオレンジ1Kとの組み合わせでした。ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーは、ローグST MAX LS同様に低スピン系との相性が良い感じはしますね。

どのシャフトと組んでもフェードしましたね。オレンジ1Kとの組み合わせでの最高キャリーは316yでした。悪くないです。

この弾道の揃い具合が気に入った理由です。シャフトが得意というのはありますが、ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーと1Kオレンジはおススメです。色の組み合わせも良いですね。

Callaway Rogue ST Triple Diamond LS Driver (In Stock) - Fairway Golf Online Golf Store – Buy Custom Golf Clubs and Golf Gear
Looking for golf clubs to improve your game? Shop for custom golf clubs, Japanese golf clubs, apparel, golf shoes, accessories and more!

ローグSTトリプルダイヤモンドLS9°×ベンタスブラック60S

ヘッドスピード54.6m/s
ボールスピード78.1m/s
平均キャリー304y
平均トータル324y
平均サイドスピン177rpmフェード
平均バックスピン2612rpm
平均打ち出し角-1.9°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ53y
落下角度47°
左右ブレ0y

ローグSTの他のモデルでも相性が良かったベンタスブラックを組んでみました。結果から言うと、ローグSTトリプルダイヤモンドLSとの組み合わせはそこまで良くないです。方向性の安定感がイマイチでした。

飛距離的にも特別優れていないので、ベンタスブラックを使いたい人はローグST MAX LSと組む方がおすすめです。

バックスピン量が多いのは単純に当たっていないという理由です。ガシャってます。

245種類のヘッド・シャフト特性を一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート|note
マトリックスチャートとは 様々なドライバー、シャフトを試打してきましたが、それぞれの特性を誰が見ても分かるようにするにはどうしたらよいか日々考えてきました。 そこで、今年の4月に作成したのが以下のマトリックスチャートです。 このチャートは2018年から2020年初めのモデルを掲載していました。比較的新しいモデルの...

ローグSTトリプルダイヤモンドLSの特徴

ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーは、まずフェードバイアスがかかっているということが大きな特徴だと考えています。

ローグST MAX LSドライバーではニュートラルだと評価しましたが、ローグSTトリプルダイヤモンドLSはしっかりと性格付けがされています。

ただ、飛距離は正直出しにくいなと思いました。試打データを見れば飛んでいるようにも見えますが、楽に飛ぶドライバーではありません。

ローグSTトリプルダイヤモンドLSのフィーリング

打感は他のローグSTシリーズと大体同じでした。ただ、後ろから押す感じが希薄なので、打っていてそこまで楽しくはないです。

音もさほど変わりはないです。

他社製品と比較して

マトリックスチャートで言えば、ローグSTトリプルダイヤモンドLSの位置はTS2の右です。

マトリックスチャートでも疎になっている所はライバルが少ないので需要があると思います。

245種類のヘッド・シャフト特性を一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート|note
マトリックスチャートとは 様々なドライバー、シャフトを試打してきましたが、それぞれの特性を誰が見ても分かるようにするにはどうしたらよいか日々考えてきました。 そこで、今年の4月に作成したのが以下のマトリックスチャートです。 このチャートは2018年から2020年初めのモデルを掲載していました。比較的新しいモデルの...

ローグSTトリプルダイヤモンドLSと組み合わせるシャフトは、フェードにするならDIより右のモデルがおすすめです。ドローで上手くまとめるのが難しかったので、今回はフェードセッティングだけをおすすめします。

245種類のヘッド・シャフト特性を一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート|note
マトリックスチャートとは 様々なドライバー、シャフトを試打してきましたが、それぞれの特性を誰が見ても分かるようにするにはどうしたらよいか日々考えてきました。 そこで、今年の4月に作成したのが以下のマトリックスチャートです。 このチャートは2018年から2020年初めのモデルを掲載していました。比較的新しいモデルの...

ローグSTトリプルダイヤモンドLSのヘッド重量

ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーのヘッドは194.5gでした。

ちょっと重めです。キャロウェイは最重量級でも195gが上限という感じなのでね。

データチャート

飛距離性能は高いですが、最高評価をできるほどではないかなと考えています。安定性は、“一方向性”という意味では高いものの、ばらつきはあるのでイマイチな評価です。ローグSTトリプルダイヤモンドLSのスピン量は、どのシャフトでも同じになりやすいなと思ったので、独特です。

総合評価

ローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバーは、対して魅力的ではないドライバーだと評価しています。方向違いのLSモデルというだけで、スピン性能は大差なく初速も同じなので、面白みはありません。ただ、マトリックスチャートの穴に位置しているので需要はあると思います。

おススメ度

ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
ローグSTトリプルダイヤモンドS試打評価|角度で高初速を実現する異次元のドライバー
キャロウェイローグSTトリプルダイヤモンドSドライバーを試打評価します。ツアー支給モデルで発売されたトリプルダイヤモンドSは440ccの小ぶりなヘッド。しっかり捕まって低スピン低弾道が打てるので飛距離性能も高いです。
キャロウェイローグST MAX FW試打評価|歴代の名器には及ばない落ちこぼれ
キャロウェイローグST MAX FW試打評価です。これまで多くの名器を生み出してきたキャロウェイの新作。ローグST MAX FWはX HOTの系譜を辿るモデルですが、どんな評価になるのでしょうか。
ネクスジェンNS210ドライバー試打評価|最高飛距離337yの化け物ドライバー登場
ネクスジェンが3年ぶりに出した新作 NS210ドライバーを試打評価します。初めて可変スリーブを採用、カーボンクラウンの復活、高慣性モーメント化と一気にやりすぎではないか心配になるくらいの進化を遂げました。軽量のEI-Fシャフトも絶妙に効いていて最高の仕上がりは全ゴルフ関係者が打つべきです。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました