ドライバー試打

スポンサーリンク
ドライバー試打

ブリヂストンB3MAXドライバー試打評価|何がしたいのか全く分からない

ブリヂストンB3MAXドライバーを試打評価します。初速は出ないし、スピンも治らないので意味の分からないドライバーに仕上がっています。安定性を高めるための装備が打ちにくさにつながってしまい、結果として面白みが無くなっています。
ドライバー試打

ピンG430MAX10Kドライバー試打評価|上下慣性モーメントなんて感じない

ピンG430MAX10Kドライバーを試打評価します。上下左右慣性モーメントが1万を超えたモデル。だから何だよと思っている人もいると思いますが、私も同意見です。左右の慣性モーメントだって感じにくいのに上下ともなれば意味不明です。
ドライバー試打

Qi10MAXドライバー試打評価|これカスタムベースに良いぞ?w

久しぶりのMAXモデル テーラーメイドのモデルラインナップは年によってかなり変わるので厳密にどれの後継という分類は難しいです。なので通常は3モデルある中での位置付けを考えています。 今回は慣性モーメントが高いモデルにだけ付けられるMAXモ...
ドライバー試打

オノフAKAドライバー試打評価|抜群の気持ちよさと最高レベルのスピード

オノフAKAドライバーを試打評価します。アベレージ向けモデルのAKAドライバーですが、2024年モデルはまた結構攻めてる。まさかの低スピンに、低打ち出しでめっちゃ飛ぶ。KUROユーザーですら嫉妬するほどの性能です。
ドライバー試打

Qi10LSドライバー試打評価|性能だけなら評価しても良い

テーラーメイドQi10LSドライバーを試打評価します。小ぶりな形状ながら体積は460ccある不思議なドライバー。初めてLSの名前を冠したQi10LSは初代ステルス並みの低スピン性能。この低スピン性能をどう活かすかが決め手となりそうです。
ドライバー試打

Qi10ドライバー試打評価|デザイン以外で選ぶ理由無し

テーラーメイドQi10ドライバーを試打評価します。カーボンフェースとしての3世代目となるモデルで、クラウンのデザインに大きな変更点があります。これまでのフレームの色分けがなくなり、代わりにFWで採用されていたフェースペイントが施されています。性能面は特に褒めるほどではないので見た目で選ぶクラブです。
ドライバー試打

パラダイムAiスモーク♢♢♢ドライバー試打評価|あり得ない組み合わせなのに成立する凄さ

パラダイムAiスモークトリプルダイヤモンドドライバーを試打評価します。異常なオープンフェースとフェードバイアスなのに打っているとなぜか馴染む不思議なドライバーです。デザインのダサさを除けば300yヒッターが使うべきモデルと言えます。
ドライバー試打

パラダイムAiスモークMAXドライバー試打評価|改悪にも程がある

パラダイムAiスモークMAXドライバーを試打評価します。アマチュアの打点を攻略したAIスマートフェースが、弾道を最適化してくれるというコンセプト。今回は様々なシャフトと組み合わせてパラダイムAiスモークMAXドライバーの正体を暴きます。
ドライバー試打

2023年ドライバー総合ランキング|あのドライバーが第1位!

2023年ドライバー総合ランキングを300yヒッターの私が発表します。2023年はイマイチドライバーのヒットモデルがなかったように思いますが、その中でも高評価モデルはありますのでそれを10位までランキングにして紹介します。
ドライバー試打

ロマロRay-v V2 455ドライバー試打評価|意外性溢れる良ドライバー

ロマロRay-v V2 455ドライバーを試打評価します。455ccのヘッド体積ながら、投影面積が小さいイケメンドライバーです。可変スリーブ、カーボンクラウンを採用したハイテクモデルで、性能も意外なほど抜群でした。
ドライバー試打

ゼクシオ13ドライバー試打評価|ゼクシオらしく、そして進化もしている

ゼクシオ13ドライバーを試打評価します。ゼクシオ13世代目のドライバーは、アクティブウィングを継承して、安定性も飛距離性能も引き継がれています。今作ゼクシオ13ドライバーはフェードが打てるのでこれは前作との差別化であり、価値になると思います。
ドライバー試打

ゼクシオX(2023)ドライバー試打評価|全ゼクシオで一番の完成度

ゼクシオXドライバーを試打評価します。間違いなく過去作で一番の完成度のドライバーだと思います。2023年モデルのゼクシオXドライバーは捕まりもちょうど良く、扱いやすいです。
ドライバー試打

ヤマハVD/Xドライバー試打評価|良い感じなのに何か違うんだよね

ヤマハVD/Xドライバーを試打評価します。高慣性モーメントドライバー第三弾として初めて可変ウェイトを搭載しました。相変わらず捕まりが強すぎますが、心地よい打感はこの時代に珍しいです。
ドライバー試打

ヤマハVD/Mドライバー試打評価|可変ウェイトは最前がおススメ

ヤマハVD/Mドライバーを試打評価します。前後に移動する可変ウェイトを搭載したモデルで非常にデザインがシンプルなのが乙です。ヤマハVD/Mドライバーは果たして買いのドライバーなのか、試打データをもとに評価してみました。
ドライバー試打

ヤマハVD/Rドライバー試打評価|435ccの限定ヘッドがカッコ良すぎた

ヤマハVD/Rドライバーを試打評価します。久しぶりの小型ヘッドが限定モデルとして登場しました。435ccでソール前方に可変ウェイトを搭載したこのモデルはデザインのかっこよさも相まってすごく魅力的です。
ドライバー試打

ブリヂストンB2HTドライバー試打評価|見事なデザインの可変ウェイト!

ブリヂストンB2HTドライバーを試打評価します。JGRの系譜を辿る捕まるドライバーですが、B2HTは初めて可変ウェイトを搭載しました。しかもそのデザインは見事で、抵抗感なく収まっています。しかも効果は絶大なので遊びの幅が広がります。
ドライバー試打

オノフKUROドライバー(2024)試打評価|コレ短尺専用ヘッドですか?

オノフKUROドライバー(2024)を試打評価します。デザインがかっこいいKUROドライバーの2024年モデルです。今作は標準セッティングが煮詰められていて、打ちやすいです。飛距離も最高キャリー315yと申し分ないですが果たして前作を超えることは出来たでしょうか。
ドライバー試打

ブリヂストンB1STドライバー試打評価|左の壁が飛距離をあげる!

ブリヂストンB1STドライバーを試打評価します。最近は特に捕まりが弱いドライバーを上手く作っていましたが、飛距離性能はイマイチでした。B1STでは新しいフェースを搭載して、初速の向上とスピンの最適化を実現しました。久しぶりにブリヂストンから良いドライバーが出ますよ。
ドライバー試打

パラダイムトリプルダイヤモンドS試打評価|激しすぎる性格は飛距離の糧!

パラダイムトリプルダイヤモンドSドライバーを試打評価します。今回は8.5°のヘッドを買って様々なシャフトと組んで打ってみました。420ccのヘッドで、ツアー支給品と同じTCシリアルになったなど細かい変更点が目立つ仕上がりです。
ドライバー試打

テーラーメイドバーナーミニドライバー試打評価|復刻デザインが超シブい!

テーラーメイドバーナーミニドライバーを試打評価します。2年ぶりに登場した復刻デザインのミニドライバーです。バーナーですがバブルシャフトではないのでご安心ください。バーナーミニドライバーは43.75インチのシャフトに300ccほどの小さいヘッドを装着しています。様々な使い道が考えられる万能なミニドライバーです。
ドライバー試打

パラダイムトリプルダイヤ試打評価|ドローヒッター向きの引っ掛けにくさが光る

キャロウェイパラダイムトリプルダイヤモンドドライバーを試打評価します。低スピンモデルとして登場したトリプルダイヤですが、それよりも方向性の味付けと形状の工夫がうまいです。パラダイムトリプルダイヤはドローヒッターのためのドライバーだと思います。
スポンサーリンク