スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ピンG430MAX10Kドライバー試打評価|上下慣性モーメントなんて感じない

ドライバー試打
スポンサーリンク

10K被り

ピンG430MAX10KはQi10のキャッチコピーである10Kの慣性モーメントという点で被りましたが、G430MAX10Kの方が早くリークされました。

そもそも慣性モーメントが高いMAXモデルをさらに上回る安定性のために素材の見直しなどを図りました。それが一体どういった効果を得たのかを今回は見ていきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ピンG430MAX10Kドライバーのデザイン

ぱっと見はG430MAXドライバーとかなり似ています。

よく見るとソールの両端はカーボンが見えていますし、ウェイトは可変ではなく1箇所になっています。言ってみればG430MAXほど定番モデルではないポジションになるのでやや極端な設計にしているのかも知れません。

このパーツ割はまさにG430LSTと同じ。G430MAXのフィーリングの悪さに比べるとこのパーツ割にしたG430LSTはフィーリングが良かったので期待したいです。

クラウンのカーボンも同じような感じになっています。艶消しなので構えるとこれほどはっきりと境目が見えるわけではありませんでした。

10.5°というのもありますが非常にフックフェースです。

試打データ

ピンG430MAX10Kドライバー10.5°×ALTA JCB(S)

ヘッドスピード52.6m/s
ボールスピード75.2m/s
平均キャリー275y
平均トータル292y
平均サイドスピン825rpmドロー
平均バックスピン3138rpm
平均打ち出し角-2.0°
平均打ち上げ角17.1°
最大の高さ56y
落下角度50°
左右ブレ-54y

10.5°なので初速はやや出にくいとは思いますが最高値で76.4m/sでした。スピン量がかなり多く飛距離は伸びません。最高でもキャリー280yでした。

一方向性はあり、ドロー以外は出ません。サイドスピンが少し多いのと打ち出しかくも左に集まるのではっきりとしたドローバイアスです。

後ろが重いクラブではありますが、特別振りにくさは感じませんでした。ただ降ってもあまりスピードが出ないのでその反応の弱さは否めません。

ピンG430MAX10Kドライバー10.5°×ピンツアー2.0クローム65(S)

ヘッドスピード52.7m/s
ボールスピード75.4m/s
平均キャリー277y
平均トータル295y
平均サイドスピン1073rpm引っ掛け
平均バックスピン2879rpm
平均打ち出し角-4.2°
平均打ち上げ角15.8°
最大の高さ50y
落下角度47°
左右ブレ-80y

ノーマルシャフトと比べると硬くて、低スピンになるピンツアークロームです。クロームは特に捕まりが弱い訳ではなくこのように硬さが影響して引っ掛けることもあります。

実際、この組み合わせでは非常に強く左に飛んでしまいました。安定感は特にありません。

初速は良くなったので重量を上げても問題はなさそうです。9°の試打クラブ展開をもっと増やしてくれれば私の低評価の確率が下がるのにと、残念に思います。

ピンG430MAX10Kドライバー10.5°×ピンツアー2.0ブラック65(S)

ヘッドスピード51.4m/s
ボールスピード74.2m/s
平均キャリー283y
平均トータル303y
平均サイドスピン752rpmドロー
平均バックスピン2578rpm
平均打ち出し角-2.9°
平均打ち上げ角16.7°
最大の高さ51y
落下角度47°
左右ブレ-61y

スピンが最も少ないブラックでの試打データも計測しました。常に280yを超えたのでこのような高スピンモデルとしては悪くない結果だと思います。

安定性は相変わらず高そうです。最高キャリーは287yでした。初速は流石に出ないシャフトなので仕方ありません。先にも述べた通り10.5°ではこのくらいが限界。

スピンの安定感も良いのでキャリー、方向性ともに揃っています。9°ならキャリー290yは余裕で超えてくれそうです。

ピンG430MAX10Kドライバーの良い点

  • 基本的には安定する
  • シャフトへの反応は良い

ピンG430MAX10Kドライバーのイマイチな点

  • 飛ばしやすくはない
  • ドローが強すぎる
  • 試打クラブのやる気のなさ

10Kモデルの意義は?

左右慣性モーメントは方向性の安定感を意味しますが、それに加えて上下の慣性モーメントを足し合わせることに大きな意味があるのでしょうか。

そもそも感じにくい慣性モーメントという概念をさらに拡張してもそれは魅力にならないと考えます。実際、G430MAX10Kドライバーのようなモデルで段違いの安定性を感じることはありません。

やはりクラブの進化はグラデーションです。ゲームチェンジャーとなるようなはっきりとしたレベルの隔別は稀ですし今回もそれの範疇にはない。

ピンG430MAX10Kドライバーのセッティング

10.5°ということを考えると9°での純正シャフトでの予想スピン量は2900rpm弱です。そうなるとXXIO11の左のエリアになります。

シャフトの反応で押さえるべきは硬いと左への打ち出しが大きくなることです。重さは変えても大丈夫。

シャフトは低スピンで捕まりが弱いものが良いでしょう。例えばツアーAD BBとかそのくらい極端なモデル。最近のモデルならディアマナWBは悪くないです。硬くしなければ可能性ありでしょう。

データチャート

比較的バランスが取れた性能です。これといって感動するほどの魅力はありませんし、デザインはダサいのですが需要はありそうです。ピンの試打クラブの配給はカスタムシャフトを含めてやる気がなさすぎるのでそこがネックです。

総合評価

もっと煮詰めればキャリー300yくらいなら出せそうだとは思いましたが、G430MAX自体がそこまで飛ぶわけではないので飛距離はLSTに任せても良いかなと思います。

軽量なHLモデルも存在しますがシャフトへの反応の良さを考えると悪くないチョイスなのかも知れませんね。

おススメ度2 out of 5 stars (2 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました