スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

X-FORGEDスター(2024)アイアン試打評価|刺さる人には刺さるだろうね

アイアン試打
スポンサーリンク

賛否両論モデル

X-FORGEDシリーズは単一パーツ削り出しで、その中でもスターというのはストロングロフトにした謎モデル。そもそもピュアなキャビティは一歩間違えたら低スピンになってしまうのに、それをストロングにした激ヤバモデル。

今作はX-FORGEDシリーズにスタープラスという新種が追加されたのでそういう意味でも棲み分けがはっきりしたと思われます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

X-FORGEDスターアイアンのデザイン

基本的な形状はX-FORGEDと同じです。

最近かなり見るようになったバックフェースのVシェイプですがX-FORGEDは昔からこの形ですね。

ソールはそこまで厚くないです。前作のX-FORGEDスターもコンパクトなヘッドでしたからそこは継承されています。

ヘッドサイズは少し大きくなったようにも思えます。ただグースの具合やフェースの短さはキャロウェイらしくて良いですね。

ソールのカットはよく見ると独特です。バックフェース側は少し肩が落とされていますし、フェース側も少し削られています。

X-FORGEDスターアイアンのスペック

7番は29°です。

素材はS20Cなので打感は良さそうです。

試打データ

X-FORGEDスター7番×N.S.PRO950GH neo

ヘッドスピード46.1m/s
ボールスピード58.9m/s
平均キャリー189y
平均トータル200y
平均サイドスピン523rpmドロー
平均バックスピン5029rpm
平均打ち出し角1.0°
平均打ち上げ角23.0°
最大の高さ49y
落下角度53°
左右ブレ-9y

想像通りな試打データです。29°としては遅い初速は構造と素材が理由だと思います。最近レビューしたモデルのほとんどはハイテクモデルだったので非常に初速が高かったので久しぶりに初速がイマイチ出ないアイアンです。

ドローはやや強めにかかりますし、ミスは引っ掛けでした。スピン量は5000rpm前後で少なめではありますが前作よりはマシになったと思います。弾道の高さも低めではありますが、許せるレベル。

キャリーはまとまっています。縦ぶれは6yです。スピンはそこまで安定しているわけではなく、打ち上げ角度も2°ほどばらつきます。ただそれで評価を下げるほどの仕上がりではありません。

X-FORGEDスターの良い点

  • ストロングロフトの中ではカッコいい
  • 距離は出しやすい
  • スピンは最低限クリアしている
  • 打感が良い

X-FORGEDスターのイマイチな点

  • 初速が出にくい
  • 引っ掛ける
  • 全体的にはパッとしない

X-FORGEDスターアイアンの打感

一発目打った瞬間に打感の良さにビビッときました。

確かにピュアじゃないモデルで打感が良いものもいっぱいありますが、X-FORGEDはレベルが違います。この距離と打感のアイアンは稀有です。

X-FORGEDスターアイアンのセッティング

気にするべきは引っ掛けと低スピン対策です。平均こそ5000rpmほどですが、平気で4000rpmの引っ掛けが出ます。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

今回の試打ではスピンが決してかかりやすくないN.S.PRO950GH neoでしたが、この重量帯なら島田K’sNINEなどがベストアンサーだと思います。重量を重くしても打点が上がって結局低スピンになるのでほとんどシャフトの選択肢はないと思います。

データチャート

文字にすると欠点は少ないように思えましたが、グラフにするとX-FORGEDスターの微妙さが分かります。特にスピン量が下がりやすいのと引っ掛けが割と出るのが懸念点です。

総合評価

3モデル展開の最もストロングなモデルですから、他の二つと比較しないといけませんが打感の面では不利ですし、その割に初速が出ないので位置付けがやはり謎でした。もちろんこのロフト体系としては非常にカッコいいデザイン、良い打感など魅力もあります。

これは打たないと分かりませんね。

おススメ度3 out of 5 stars (3 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました