プロギアRS5FW試打&評価|カーボンクラウン採用でイメージチェンジしたけど無難なFW

スポンサーリンク
ウッド試打
スポンサーリンク

プロギアRS5のFW

プロギアはRS5から、カーボンクラウンを採用しています。これは、ドライバーだけでなく、FWにも共通です。

カーボンにすると、FWはかなり印象が変わり音や打感に影響が出ます。そこをいかにうまくごまかして、性能をアップするかが肝です。

 

それでは早速試打データから見ていきます。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード51.1m/s
ボールスピード69.6m/s
平均キャリー240y
平均トータル254y
平均サイドスピン320rpmドロー
平均バックスピン4168rpm
平均打ち出し角2.9°
平均打ち上げ角17.4°
最大の高さ53y
落下角度51°
左右ブレ0y

まぁ、無難の一言に尽きます。

 

特にこれといった特徴が無いので、執筆しながら困っております。

一応、最高飛距離はキャリーで248yなので、飛ばそうと思えば飛ぶ、くらいの飛距離性能でしょう。

 

あまり、FWで性能の差が出ることはありませんから、評価を下げる程ではありませんが、わざわざシリーズ外で入れる程の魅力は無いとも言えます。

ビジュアルで見る弾道

いやー、特徴無いですね。困ったなぁ、、、

デザインとか

シンプルでかっこいいと思います。

カーボンクラウンもどこぞのメーカーみたいに着色していませんし、これまた無難。ソール形状も、引っ掛かりがなさそうで好印象。

日本のメーカーはやたら、フェース裏に溝を掘りがちですが、なぜなのでしょうか。

データチャート

まぁ、こうなるよねってことです。

 

何も言うことはありません(笑)

総評

こんなに普通のFWってあるんだ、ってくらい普通です。

 

褒めるポイントも、けなすポイントもありません。

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
ウッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました