クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

TSi3ドライバー試打評価|エピフラ以来の超高初速ドライバー!独自の素材で圧倒的性能をかっこよく仕上げたドライバー

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

これぞタイトリストの形状

タイトリストは、USPGAの選手を多く抱えているため、性能は限りなくツアーのニーズに寄せている印象です。2年おきに新作を発売しますが、クラウン含めヘッドはフルチタンにこだわっているように思います。

昨今のドライバーは、カーボンクラウンに限界まで薄肉化したフェース、中には初速を上げるための特殊な製造方法を採るメーカーまであります。

 

それに比べるといささか地味な印象を持つメーカーではありますが、性能は張っているのがすごいところ。2020年モデルのTSi3はとことんタイトリストらしく、それでいて革新的なドライバーとして登場します。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

TSi3のチタンフェース

TSi3に採用されたチタンフェースはこれまでの6-4チタンよりも強度があり薄く出来るという特徴があります。薄くできるだけかよと思うかもしれませんが、これは非常に効果が高いので覚えておきましょう。

最近のドライバーは、飛距離性能をルールギリギリまで引き上げることはもちろんのこと、慣性モーメントを高めて曲がりにくくする工夫をしています。フェースが薄くなるということは、軽くもなるわけです。

 

ヘッドの前部分が軽くなれば、重心は後ろに下がります。重心が後ろに下がるということは深重心≒高慣性モーメントということになるのです。当然ロフトも最適な角度がこれまでと変わるので、TSi3では前作よりも0.5°ストロングにしています。

今回TSi3に採用されたフェース素材は、2016年に登場したコンセプトシリーズ、タイトリストC16ドライバーのクラウンに使われていた素材。4年以上かけてようやくフェースに使えるようになったのです。

試打データ

ヘッドスピード53.1m/s
ボールスピード77.1m/s
平均キャリー295y
平均トータル314y
平均サイドスピン106rpmストレート
平均バックスピン2826rpm
平均打ち出し角0.3°
平均打ち上げ角17.0°
最大の高さ58y
落下角度49°
左右ブレ-5y

いや、初速がすごい!!

エピックフラッシュクラスの高初速です。ちなみに、歴代だとエピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンド(ツアー支給品)が77.6m/s、エピックフラッシュサブゼロで77.1m/s、その次はツアー支給品のRSFトリプルクローバーの76.4m/sです。ちなみに同じくTSiシリーズのTSi2は76.7m/sなのでこのフェースが優秀であることは間違いないでしょう。この素材でフラッシュフェース作ったらどうなるんだ…

TSi2ドライバー試打評価|タイトリスト独自のチタンで”曲がらない”を極めたTSi2ドライバー
タイトリストTSi2ドライバー試打評価です。タイトリストが開発に4年以上かけた新素材のチタンをフェースに搭載し、高初速かを実現したTSi2ドライバーを評価します。フェース素材が変わるのは初速への影響だけでなく、重心設計にも関わるので前作からはかなり刷新された印象。
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンド試打&評価|ツアー支給品の実力を比較試打で検証
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンドの試打&評価です。ツアー支給品のバージョン2のヘッドです。ノーマルと比べて飛距離やスピン性能にどんな違いがあるのかを徹底比較します。ツアー支給品は果たして買いなのか、大きな違いはあるのかを検証します。
プロギアツアー支給RS Fプロトタイプ試打評価レビュー|小平選手が使用する高ロフト低弾道の謎のドライバー
プロギアツアー支給モデルRS Fドライバーの試打評価レビューです。小平選手が使用するヘッドを実際に私が試打計測したデータをもとにレビューしています。最後にはおまけもありますので是非ご覧ください。

今回の試打はTSi3の9°のヘッドにツアーAD DI6Sを組んだものを使用しています。最大距離では純正でキャリー304y、DIでキャリー301yでした。

平均値としてはTSi3ドライバーの方がバックスピンが多くなってしまいましたが、こちらの方が少なくなりやすいです。弾道の高さも低くなります。

オレンジがTSi3。

弾道はストレートで、前作とほとんど同じ感触でヘッドが動きます。非常にニュートラルで安心しました。TSi3とTSi2を比較すると、打ち出し角がTSi3がストレートで、TSi2が右という特徴がありますが、最終到達地点はほぼ同じ。

オレンジがTSi3。

こうして見るとTSi3ドライバーの方が安定していますが、安心感はTSi2の方がほんの少し上かなぁ。まぁ、ほとんど差はなく限りなくユーザーに依存すると思います。

TSi3の強み

顔です。

顔がとにかく良いです。ブリヂストンのツアーB Xも顔が良かったのは記憶に新しいですが、TSi3の方がスクエアなのでよりかっこよく見えました。

TSi3ドライバーのフェースが多少ヒールに膨らんでるような気もしましたが、試打している時は気になりませんでした。

このように見てもかっこいいです。カラフルにしなきゃ気が済まない某メーカーや、ウェイトギミックがスイングの邪魔をしてしまうほど張り出している某ドライバーとは大違いでとにかくシンプル。

悪く言えば特徴が無い訳ですが、何も違和感を感じさせないデザインが一番難しいと私は考えているので、感心しております。

TSi3のデザイン考察

後方にウェイトギミックがあります。すみません、写真撮り忘れました(笑)

相変わらずヘッド形状に影響を与えないようにしているのは空力のためでしょうか。某MAXドライバーは形状が最悪だったのでさすがタイトリスト。

TSi3だけに搭載されたウェイトギミックですが、FWはソール中心の内部に仕込んでいるのが馬鹿な男子にはたまらなく魅力的に感じてしまいます。

形状で言えば、917D3くらいのイメージです。TS4を気持ち大きくした感じにも見えますが、印象としては「小さめ」。

TSi3ドライバーはシャローバックというほどでもなく、オーソドックスな形状。ソールのトゥとヒールのカラーリングはTSi3の方が2よりも濃いです。

何と言っても特徴的なフェースです。センター部分は網目模様になっていて、触るとざらざらしています。これがとにかくボールを削ります。

下手がばれるのであまり公開したくないですが、こんな風になります。ウレタンカバーボールですが、拭いても取れません(笑)

購入する人にとってはちょっとネガティブな特徴です。

TSi3ドライバー・各種重量

TSi3ドライバーのヘッド重量は、194g強ですから、スリーブ込みで202g程度となります。

可変のウェイトの重量は8gです。これはおそらく重量違いの替えウェイトを販売すると思います。

他社製品との比較

TSi3のポジションはTS3とほとんど同じと言って良いと思います。

バックスピン量は少なくなりましたが、打ち上げ角が高いので弾道の高さはあまり変化なしです。

ですから、組み合わせるシャフトは何でもオッケーです。このマトリックス図を作るのにニュートラルなヘッドが無いと困るのでとりあえずTSi3がこのポジションで安心しました。

チャートはこちらから見ることが出来ます。

注意点

TSi2の記事でも言及しましたが、TSi3もカタログカスタムがDIの5Sと6Sのみになりました。ですから、ディアマナTBなどを組むと若干高くなるようです。逆に、納期が短くDIが手に入るのでファンの人には好都合でしょう。

データチャート

やさしくはないです。それだけは言っておきます。難易度で言えば、TS3とTS4の中間、やや難しいという感じでした。それでも、スピン性能、安定感、ギミックの巧みさなど評価したいところはたくさんあり、TSi3がとても魅力的なドライバーであることは間違いありません。

総評

自分が欲しいかどうかは別にして、上級者に人気が出そうな良いドライバーだと確信しています。TSi3の初速はエピックフラッシュに匹敵するわけですから、例えば、特注の8°のロフトにしてあげることでエピックフラッシュ以上の飛距離性能を実現できる可能性は十分にあります。

TSi3ドライバーは、これまでタイトリストを使っていたけど今ピンやキャロウェイー、テーラーに乗り換えている潜在的なファンを取り戻すのに十分な性能を秘めています。数か月後に発売されるテーラーとキャロウェイ(エピフラの後継なので期待大)の新製品とTSi3がどれだけ張り合えるか、見ものです。

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました