シャフト試打

スポンサーリンク
シャフト試打

KBSのカーボンシャフトTD50カテゴリー3試打評価|張りのある捕まるシャフトで高弾道

KBS初のウッド用カーボンシャフト スチールシャフトブランドとしてもまだ歴史の浅いメーカーであるKBSではありますが、初めて発売されたカーボンシャフトがTDシリーズです。重さと、カテゴリーで分類されたシャフトになっていて、フレックスという...
シャフト試打

モーダス3の違いや特徴を徹底解説|モーダス105、120、125、130を試打比較|モーダスシャフトの特徴をして自分に合うモデルを選ぼう

モーダスシャフトは何が違うのかを試打比較します。自分に合うモーダスはどれなのか、特徴を知ることで最適解を探しましょう。モーダス105、120、125、130をそれぞれ同じ条件で試打を行いましたので、データでも比較していきます。
シャフト試打

アッタス・ダース試打評価レビュー|最強のアッタス!アッタス・ダースはハードヒッターにおススメ!

アッタス・ダース試打評価レビュー。アッタス・ダースはハードヒッター向けな捕まりが弱い仕様で、これまでアッタスに目を向けてこなかった人にも魅力的なシャフトになるでしょう。アッタス・ダースにして、飛距離伸ばさない?
スポンサーリンク
シャフト試打

スピーダーTRハイブリッド試打評価レビュー|ウッド用と同じ振り心地のハイブリッド用TR

スピーダーTRハイブリッド試打評価レビューです。軽量でも低トルクで硬いシャフトなので、アイアン型ハイブリッドに組み合わせても良いですね。ウッド用のスピーダーTRと同じ振り心地なのでTRユーザーはもちろん、それ以外のシャフトを使っているハードヒッターにもおススメのシャフトです。
シャフト試打

ピン純正・ピンツアー173シリーズの重量による違い|ピンツアー55/65/75の選び方まとめ

コスパ最強のピンツアー ハードヒッターの悩みのタネは、ウッド類がとにかく高額になってしまうことです。カスタムシャフトを組めば、ドライバーとウッド2本で15万円はかかってしまいます。 そこで、純正と同じ値段で購入できるピンツアー173...
シャフト試打

スピーダーTR試打評価レビュー|高初速で弾きの強さが魅力のハードヒッター向けスピーダー

スピーダーTR試打評価レビューです。先端剛性が高く、コントロール自在でドローも打てる元調子。初速も出てスピンも抑えられるハードヒッター向けのシャフトです。まだまだ飛ばしたいハードヒッターは是非試打してほしいシャフトです。
シャフト試打

グラファイトデザインGシリーズ aG33-5試打評価レビュー|新種のGシリーズはハードヒッターでも打てるのか?

グラファイトデザインGシリーズ試打評価レビューです。アベレージゴルファー向けのGシリーズですが、HS53のハードヒッターが試打してみました。難易度が低く重量も軽いので飛距離アップも狙えるシャフトだと思います。
シャフト試打

テンセイCKプロホワイト試打評価レビュー|激重で超低スピン低弾道のテンセイホワイト|TENSEI CK PRO WHITE

テンセイCKプロホワイトの試打評価レビューです。今回の試打レビューではテンセイCKプロホワイトとテンセイCKプロオレンジを比較しながら解説します。テンセイCKプロホワイトは、低スピンで低弾道なハードなシャフトです。
シャフト試打

ツアーAD HD試打評価&レビュー|この安定感、高慣性モーメントのシャフトか?!(笑)

ツアーAD HDの試打評価&レビューです。2020年モデルのツアーAD HDは非常に安定感のある癖のないシャフトです。どんなヘッドにも合わせやすい素性の良さは必見。最大の飛距離よりも安定感を求める方におススメです。
シャフト試打

スピーダーエボリューション7試打&レビュー|強烈な走り感と飛距離性能の向上で万人受けのスピーダーエボ7

スピーダーエボリューション7の試打&レビューです。エボ7は先中調子にしては低めの中弾道で最大キャリー301yの飛距離性能の高さを実現しています。初心者から卒業したい人にとっても扱いやすいシャフトになっています。エボ7なら多くの人にとってメリットのあるシャフトになるでしょう。
シャフト試打

ディアマナTB試打&レビュー|超飛ぶ新コスメのディアマナTBは何が進化したのか

ディアマナTBの試打&レビューです、青マナの最新作であるディアマナTBは前作と比べてややマイルドで万人受けな振り心地になりました。飛距離性能、安定性ともに素晴らしいの一言です。特にハードヒッターの方にはお勧めのシャフトです。
シャフト試打

テンセイAV Rawブルー試打&評価|抜群の安定感と万人受けする味付け|TXも試打してます!

テンセイAV Rawブルーの試打&レビューです。手元にAV(アルミニウムヴェイパー)を搭載した変わった剛性のシャフト。テンセイAV Rawブルーはアベレージヒッターでもっとキャリーを伸ばしたいという人にピッタリ。安定感がものすごく高いので、多くの人に受けると思います。
シャフト試打

テンセイAV Rawオレンジ試打&評価|よりすそ野を広げたテンセイオレンジ

テンセイAV Rawオレンジの試打&レビューです。USモデルのテンセイAV Rawオレンジをレビューしました。比較的柔らかい先端剛性とカウンターバランス、手元に蒸着されたアルミニウムヴェイパーで圧倒的な安定感を実現しています。CKプロよりも易しく飛ばせる魅力的なシャフトだと思います。
シャフト試打

フブキV60試打&評価|ニュートラルで癖がなくヘッドを選ばないシャフト

フブキV60の試打&評価です。SiMのヘッドと組み合わせての試打レビューになります。シャフトは高トルクで粘り強いので、比較的難易度が低く誰でも扱えるシャフトと言った印象。また、ニュートラルな方向性は、ヘッドを選ばないので、気に入ったヘッドと組み合わせられるのも魅力的。
シャフト試打

ドライバー用ダイナミックゴールドS200試打&評価|左が怖くない異端のスチールシャフトドライバー

ドライバー用のダイナミックゴールドを43.75インチの短尺仕様で試打してみました。USPGAでジミー・ウォーカーが投入した44インチのダイナミックゴールドX100を再現した感じです。364gの超ヘビー級故に捕まりは弱く、フッカーにおススメのシャフトと言えそうです。
クラブ選びの基礎

短尺ドライバーにFW用シャフトは有効か|実験して検証してみました。

短尺ドライバーにFW用シャフトをさしてみたらどうか。そんな単純な思いから実験してみました。同じ長さのドライバー用とFW用を対象実験してみました。本来短いFWのためのシャフトですし、安いので良いと思ったんですけどね・・・
クラブ選びの基礎

ドライバーシャフトの“チップカット”か”バットカット”、どちらにすれば良い?

ドライバーのシャフトを短くする、もしくはオーダーする際に「チップカット」か「バットカット」で迷ったことのある人は多いと思います。今回は同じシャフト、同じスペックでチップカット仕様とバットカット仕様を対照実験しました。試打データで比較しています。
アイアン試打

プロジェクトX・プロジェクトX LZ試打&評価|両者の違いも含めてプロジェクトXの神髄に迫る

プロジェクトXとプロジェクトX LZの違いを試打データをもとに詳しくレビューしました。マキロイが使うハードなシャフトですが、なぜハードなのか、どんな人に会うのか、どんなプレースタイルに合うのかなどを気持ち悪いくらい細かくお話しします。
シャフト試打

ミツビシバサラP試打&評価|ヘッド特性を殺さないシャフトで軽量化してヘッドスピードアップ

今回は、ミツビシバサラPを試打&評価。高級路線のバサラPはヘッドを選ばないニュートラルな走り感としなやかさが特徴。純正よりも軽くしたい人にはもってこいのシャフトです。ミツビシバサラPはもう絶版になっているのでちょっと残念ですね。
アイアン試打

KBS S-TAPER試打&評価|カウンターバランスと強い捕まり|クラシックロフトに合うシャフト

KBS S-TAPERの試打&評価です。カウンターバランスで捕まりの良いシャフト。バックスピンが少なくなりやすいので飛距離アップも期待できると思います。クラシックロフトに合わせてお使いください。
シャフト試打

アッタスCOOL(クール)試打&評価|寛容性の高い方向性とヘッドを選ばない素性の良さ

アッタスクールを試打&評価してみました。いまさらではありますがアッタスクールはマミヤらしい素性の良いシャフトです。ネーミングがダサいので使っている人は決して多くはありませんが、良いシャフトですよ。ドローヒッターでも十分使えますしミスへの強さはピカイチ。
タイトルとURLをコピーしました