クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

モーダス3の違いや特徴を徹底解説|モーダス105、120、125、130を試打比較|モーダスシャフトの特徴をして自分に合うモデルを選ぼう

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク

ダイナミックゴールドからシェアを奪う

スチールシャフトは、約40年前に設計されたダイナミックゴールドがいまだにプロに愛用されていて、他社が追随出来ていない状況が続いていました。

ライフルシャフトもダイナミックゴールドのメーカーであるトゥルーテンパーが買収したり、ダイナミックゴールド一強は否めませんでした。

しかし、日本シャフトがN.S950という軽量のスチールシャフトを精度高く作れるようになり、アマチュアにシェアが広がりました。

 

そこからさらにツアー向けにシャフト開発を進め、デビューしたのがモーダスツアー120です。それが2010年でした。たった10年前なのです。今やUSPGAでもモーダス使用者は増えてきており唯一ダイナミックゴールドに対抗できるシャフトになったことは間違いないでしょう。今回はそのモーダスの全4種類を試打し、特徴を解説していきます。

全スチールシャフトとヘッド77種、ドライバー用カーボンシャフト54種を掲載したマトリックスチャートはこちら。

動画もあるので、良かったら見てあげてください。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

N.S.PRO MODUS³ TOUR 105とは

2015年に登場したシャフトで、最も後発のモデルでありながら、アマチュアでの使用率が高いシャフトです。

よく「軽くて硬い」と形容されるシャフトですが、設計コンセプトとしては、長尺が前提のシャフト。要するに、飛距離を伸ばすために長くしても硬いままになるようにしているシャフト。

ですから、通常の長さでは軽くて硬い訳です。

本来の長尺での硬さを再現するのであれば、番手ずらしして組み上げるのが最適な方法だと思います。

N.S.PRO MODUS³ TOUR 105のスペック

フレックス重量トルク振動数
R103g1.9°不明
S106.5g1.7°327cpm
X112g1.6 °345cpm

重量に対して振動数が多いシャフトであることが、このデータからも分かります。

振動数は、ダイナミックゴールドX100よりも10くらい少ないので一回り柔らかいということになるでしょう。

トルクは1.6なので、ヘッドスピード43m/s前後でもスイングレベルが高ければうまくしならせることも出来そうです。

モーダス105のセッティングのポイント

そもそも、モーダス105は長身な欧米人のために作られたシャフトであり、長くてもしっかりとした振り心地になるように設計されたシャフト。つまり、1番手分長く組んだり、番手ずらし(柔らかくする方に)をして使うのが前提。

私としても、軽さと相まってややヘッドが走り過ぎる感が否めません。ちなみに、私が尊敬するギア知識の恩師はモーダス105Rを番手ずらしして組み上げたアイアンを使用しており、その振り心地の良さと自在な操作性は今でも忘れられません。

N.S.PRO MODUS³ TOUR 120とは

モーダスシリーズの一番最初のモデルです。

モーダス120も105同様、プロパー品に組まれるシャフトなので馴染みのある人も多いと思います。

特徴は、スピンがかかるように設計されているという点です。先端剛性が高くシャフト中間をしならせて高スピンにするようにしています。RやSではそこまで先端剛性の高さを感じませんが、XとTXは割とハード。

それでも、中間剛性が低いのでしんどいシャフトではないというのが面白いところ。

モーダス120のスペック

フレックス重量トルク振動数
R111g1.8°不明
S114g1.7°318cpm
X120g1.6°不明
TX126g1.5°342cpm

スペックとしては、105Xと似たような数値になっています。Sフレックスの重量が114gと少し軽いのですが、TXになると126gと重量級。先端剛性の高さが増すだけで、中間のしなりはどのフレックスでもしなやかです。

モーダス120は、本当に面白くて良く出来たシャフトで、ほぼ全領域のゴルファーをターゲットに出来てしまう特性を持ちます。基本的には、柔らかいシャフトが好きな人に選ばれますがTXであればヘッドスピード50m/s超えの人にも対応できます。

モーダス120のセッティングのポイント

しなやかで、ミスしにくいシャフトだと思います。「ミスしにくい」と言うのがポイントです。ミスに強いのではなく、そもそもミスが出ないのです。

一定の弾道で打つことに長けている一方、TXであっても球を操るという感覚にはなりません。

 

モーダス120を組む際、Sを試打してから、右に寄せたいならR、左に寄せたいならXを選ぶとうまくいきます。TXはXより少し捕まりが弱いと思ってください。

どうしても柔らかいシャフトなので、右に寄せたいけどRのように柔らかいのが嫌なら、硬い方に番手ずらしするのがおススメです。

N.S.PRO MODUS³ SYSTEM3 TOUR 125とは

2014年にデビューしたモデルで、最重量級のシャフトになります。

コードネームであったSYSTEM3をそのままネーミングに加えて発売されました。プロトタイプの中にはSYSTEM5やSYSTEM7、SYSTEM3のTXフレックスであるSYSTEM3+などがあります。

手元が重くされた手元重心設計になっています。重心位置が高くなるので、バランスが軽くなります。先端剛性はモーダス120以上に高く、中間剛性もやや高いので、全体的に硬いシャフトです。

手元重心設計により高い打ち出し角度を、中間と先端の剛性バランスでスピン量を増やすというコンセプトです。リリースが遅いタイプであれば、多少ヘッドスピードが遅くても使えます。

モーダス125のスペック

フレックス重量トルク振動数
R127.5g1.7°不明
S128.5g1.5°340cpm
X129.5g1.4°355cpm

Sフレックスで105Xと同じくらいの硬さになります。どのフレックスも重量が130g近くあるので、ある程度ヘッドスピードが欲しいですが、カウンターバランスにより同重量の他のシャフトに比べればヘッドスピードが落ちにくいです。

 

N.S.PRO MODUS³ TOUR 130とは

モーダスシリーズの第二弾です。モーダス120とはまるで違った剛性分布で、中間剛性が非常に高いのが特徴です。120でデビューしたモーダスシリーズが「日本シャフトは軽量が得意なメーカー」と思わせないように、既に完成していた105よりも先に発売したそうです。

一説によると、セルヒオ・ガルシア選手用に開発されたとも言われています。

先端剛性があまり高くはないものの、慣れない中間剛性の高いシャフトはとても硬く感じます。中間剛性の高さによってスピンを抑えた仕様になっています。とにかくシャフトの“張り感”が強くて、最小限のしなりでインパクトを迎え、しなり戻りはほとんど感じられません。

ハードさで言えば、モーダス125よりも上という印象です。RやSはある意味軽硬と言えます。

モーダス130のスペック

フレックス重量トルク振動数
R121g1.6°不明
S124g1.5°365cpm
X129g1.4°376cpm

とにかく振動数が多いシャフトです。このスペックを見るとプロジェクトXやC-TAPERに対抗して作られたようにも思えますね。

モーダス130も125と同じく、やや重心が高いですが、あまり感じられません。

試打計測

N.S.PRO MODUS³ TOUR 105X

バックスピン量がやや少なかったです。弾道の高さは45yで、少し高いです。スピンが少ない割には高い弾道ですね。

バックスピン量が少なくて弾道が高いということは当然打ち上げ角が大きいということになりますね。

方向性はやや捕まるドローイメージ。

N.S.PRO MODUS³ TOUR 120TX

本来バックスピンが増えるシャフトではありますが、TXはスピンが少なめです。マックスでも6200rpmほどしかかかりませんでした。

モーダス120も105と同様フレックスによってかなり性格が変わります。私の見解ではSとXは比較的捕まりやすく、Rが捕まり弱め、TXがRとXの間くらいでやや捕まるというイメージです。

方向性はこんな感じです。サイドスピンは常にドロー。

弾道の高さは高く、打ち上げ角度が105よりも少し低いという程度です。105と比較すれば、低い打ち上げ角と高いスピン量の弾道になります。

飛距離が良く出ています。

N.S.PRO MODUS³ SYSTEM3 TOUR 125X

こちらはバックスピン量が多くなりました。また、打ち上げ角度も大きいので105を高スピンにしたようなデータです。

モーダス125は、モーダスシリーズ最重量のシャフトであり、飛距離は落ちる可能性が高いと言えます。サイドスピンは基本的にはフェード系。ドローヒッターが打つとほぼストレートになります。

モーダス125のセッティングのポイント

ストレートでもあまり飛ばないのでハードヒッター向け。ただ、打ち上げ角度が大きいため、クラシックロフトでないアイアンとの組み合わせも良いです。

それから、ダウンブローが強い人もモーダス125は合うでしょう。

逆に言えばダウンブローが5°くらい強く入る人は、ヘッドスピードが速くなくてもうまくスピンがかかると思います。

N.S.PRO MODUS³ TOUR 130X

特徴的なデータが取れました。フェードで打てばかなりのスピン量になりますが、ストレートであれば5000rpm程度のバックスピンに収まります。

サイドスピンは、ドローになることはなさそうです。引っ掛けのミスが怖い人にはお勧めのシャフトです。

打ち上げ角は、125や105と似ています。ストレートであってもフェードであっても高い打ち上げ角が出せるのが特徴。

モーダス130のセッティングのポイント

プロジェクトXとは全然違うしなり方をするので、唯一無二な挙動であることは確かです。打った人にしか分からないもりッとしたしなり戻りが感じられます。

中間が硬いモデルは軒並み高いスイングレベルを求められるので試打して選びたいところ。ヘッドスピードは最低でもドライバーで52m/sは必要だと思います。

ただ、この重量でももっと楽なシャフトはあるのでわざわざ選ばないかなと思います(笑)

アイアン用スチールシャフト15種をまとめています。

【番外編】プロトタイプ4U16X

モーダスシリーズは、その製造方法により様々な剛性分布のシャフトを自在に設計できるため数多くのプロトタイプが存在します。大きく分けて2種類あり、一つはコードナンバー系(数字一桁)(アルファベット)(数字二桁)(フレックス)、もう一つはシステム○○系です。

今回入手したのは、前者。

KBSのC-TAPERに似せた剛性分布らしく、おそらくスピンを抑えているのだと思われます。

プロトタイプ4U16Xのスペック

フレックス重量トルク振動数重心位置
4U16X129g不明365cpm51.3%

振動数は365cpmで、C-TAPERの362cpmと近いです。モーダスシリーズの中で言うとモーダス130Sと同じくらいの硬さということになります。

非常に安定したスピン量、弾道の高さです。想像とは違いバックスピン量が多いですし、弾道も高めでした。ただ、打ち上げ角度がかなり低くて上級者が好みそうな弾道になります。

キャリーで176yですから、比較的飛距離は出ている方で、その割にはスピンが多いので不思議な感じがしました。

一方で、C-TAPERとは方向性が真逆のように感じます。高さ方向の球の出方は似ていますのでそのあたりを重点的に似せたのでしょうか。

まとめ

モーダスシリーズはそれぞれかなり特徴が異なります。

しかも、その異なるシャフト特性を高い製品精度で作って、価格も他社と同程度にしているのが素晴らしいです。

この4種類を打てば、必ずどれかがフィットすると思っているので、是非とも使ってほしいシャフトたちです。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました