必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイAPEX&APEX DCBアイアン(2021)試打評価|0.5°違いの2種類のAPEXを比較試打

アイアン試打

軟鉄ボディと複合素材の贅沢な組み合わせ

キャロウェイのAPEX(エイペックス)シリーズは、GBB系のドライバーと同時に発売されます。エピックの名を冠したアイアンを出す代わりにAPEXアイアンを出しています。

基本は軟鉄のボディに複合素材という構造です。フェースはフラッシュカップフェースに進化していて中々贅沢なアイアンと言えます。

2021年モデルは7番30.5°のAPEX、30°のAPEX DCB、33°のAPEX PROの3種類の展開となりました。2020年にAPEX MBが発売されているので合計4種類になりました。

この記事では2021年モデルのAPEXAPEX DCBについて試打を行い評価していきます。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

APEXアイアン×モーダス105S

ヘッドスピード46.2m/s
ボールスピード58.9m/s
平均キャリー176y
平均トータル184y
平均サイドスピン298rpmフェード
平均バックスピン7732rpm
平均打ち出し角-3.5°
平均打ち上げ角21.3°
最大の高さ47y
落下角度53°
左右ブレ-6y

30.5°のアイアンとしては飛距離は出ない方だと思います。平均飛距離がキャリーで176y、バックスピン量は7732rpmなので、バシバシグリーンで止まるアイアンです。

サイドスピンは、アイアンとしては珍しくフェードだけ。曲がり幅は非常に小さく、上級者が好むアイアンに仕上がっていると思いました。

APEXアイアンを何故0.5°違いで展開を広げたのかが最初は分かりませんでしたが、これで納得です。

30°位のアイアンは様々なタイプがあって、ヘッドサイズが最もバリエーション豊かだったりします。G425のように非常に大きい物から、APEXのように小ぶりなモデルまで揃っています。

APEXアイアンは、コントロールしたい人、スピンで攻めたい人、ラフからでも思い切り振り抜きたい人に向けてデザインされたアイアンと言えます。

APEX DCBアイアン×モーダス105S

ヘッドスピード45.8m/s
ボールスピード59.5m/s
平均キャリー178y
平均トータル186y
平均サイドスピン117rpmドロー
平均バックスピン7576rpm
平均打ち出し角-3.4°
平均打ち上げ角21.7°
最大の高さ49y
落下角度53°
左右ブレ-13y

ロフトが立っている分、バックスピン量が少なくなりました。

初速もロフトに応じてやや高い数字になっていると思います。飛距離も0.5°分、2y飛んでいますね。

大きく違うのは、サイドスピン量です。DCBは基本的にドローで、よく捕まります。捕まるけどスピンもしっかり入っているので良く出来ています。

APEXとAPEX DCBの違い

性能の違い

方向性は前述の通りDCBの方が左になりますが、弾道を見て分かる通り、ほぼストレートと言って良いくらいの棒球です。

緑がAPEX DCB、赤がAPEXです。

どちらもばらつきの少ない素直な弾道。素晴らしいです。

デザインの違い

バックフェースのデザインはさほど大きく変わりません。APEXはセンターが肉厚になっているのに対してDCBは肉抜きされています。ちなみにDCBはディープ・キャビティ・バックの略です。

ソールの厚さはDCBの方が厚くなっていて、グースも強めです。

フェース長、サイズ感共にAPEXの方が小ぶりでストレート。それでも前作よりはグースが強くなった気もしますが。

ブレード厚もAPEXはシャープな印象です。

打感の違い

APEXアイアンの打感はどちらもそこそこ良いです。カップフェースでどんなことを狙っているのか不明ですが、弾き感は前作よりも強いです。

特にDCBは音がほんの少しだけ高く、飛び系アイアンのようなフィーリングが時々垣間見えます。

データチャート

APEXアイアンは、スピン量が秀逸で、安定性も高いです。その反面、飛距離がやや出にくいので難易度は高め。飛距離を今より伸ばすために30.5°にしたいなら別のアイアンをおススメします。

APEX DCBアイアンは、その点あらゆる性能でAPEXを上回ったように思います。やさしくなったことですそ野が広がっただけでなく、安定性も向上。個人的にはDCBの方が完成度が高いと考えています。

総合評価

ロフト的にも使える人が多いアイアンんだと思いますから、是非試打して頂きたいです。ボディが軟鉄なだけで、フェースはステンレススチールですから、あくまで高性能アイアンの一種。

飛距離を伸ばすために選ぶというよりは、自分が打ちたい打感、弾道に近いかどうかを重視した方が良いと思います。

APEXのおススメ度

APEX DCBのおススメ度

APEXアイアンはUSでも高いので特殊なシャフトを入れるのでなければ、国内正規品をおススメします。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました