クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

キャロウェイAPEX MB(2020)試打評価レビュー|バックウェイト搭載のマッスルバックアイアン

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク

キャロウェイのマッスルバック

キャロウェイは2020年モデルとして、XフォージドシリーズとAPEXシリーズを同時に更新しました。

今回試打したのはその中でマッスルバックのAPEX MBです。前作とロフト体系は変わらずに、バックフェースに外すことが出来るウェイトを搭載して登場しました。

 

フェースに異種金属を入れ込むのはテーラーのP7・TWで見られたギミックですが、APEX MBはレンチで脱着可能です。まぁそのあたりは後で詳しく書きます。

早速試打データから見ていきましょう。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード47.1m/s
ボールスピード55.9m/s
平均キャリー168y
平均トータル177y
平均サイドスピン412rpmドロー
平均バックスピン6995rpm
平均打ち出し角1.6°
平均打ち上げ角23.6°
最大の高さ46y
落下角度53°
左右ブレ-2y

マッスルバックアイアンとしては、飛距離は普通だと思います。バックスピン量が比較的多く、7000rpmに迫ります。

サイドスピンはドローがかかりやすいですが、フェードもしっかり出せるくらいのコントロール性は残っています。

シャフトはダイナミックゴールドS200(デザインが新しくなった?)

バックウェイトが性能的にどんな効果を生んでいるかを数字を見て理解することは出来ません。

 

細かいことを言うと、アタックアングルがダウンブローに入れにくいヘッド挙動をしています。これは、実際に感じますし、データでも出ていました。普段からAPEX MBと同じ34°のマッスルバック、しかもキャロウェイのOEMの製品を使っていますが、APEX MBの方がだいぶ重心が高いように思います。

打ち上げ角度ですが、23.6°なので、まぁ度数に対して低めには出ていると思います。スピンがしっかりかかっているものの弾道が高いというほどでもないですね。

デザインから分かること

最初このデザインを見た時は正直「かっこ悪い」と思いましたが、実物を見ると私のように頭の悪い男には魅力的に見えるデザインだと思います。私が使うTB ZEROのような美しいアイアンというよりはAPEX MBはかっこいいアイアンに属すると思います。

キャロウェイらしくエロいネックです。ウェッジにも見られる特徴ですが、ヘッド側にくびれがあります。これで少しだけ重心は高くなるでしょう。

キャロウェイのマッスルバックらしくフェース長が短いヘッドです。

構えた瞬間に「小さい」と声に出してしまうほどです。

バックウェイトの是非

バックウェイトは8gありました。可変式で、キャロウェイのトルクレンチで外すことが可能です。ホームページにはウェイトの取り外し、交換は出来ませんと書いてあるので、アフターマーケット品が出るのを待ちましょう(笑)

正直このウェイトがあるからデザインが変わったように感じますが、構えた感じとかを考慮するとメッキを変えただけにしか感じられません。

ただ、打感が悪くなったことは確信しています。APEX MBは打感の良いマッスルバックという認識でしたが、2020年モデルのAPEX MBはP7・TWよりも打感が悪いです。

芯が非常に狭く、シビアである割にはP7・TWのようにコントロールが特別しやすい訳ではありません。

メーカーホームページに記載してあるようにスイングウェイト調整用のウェイトらしいので何の意味があるのかは不明でした。

データチャート

あまり褒めるところはありません。スピン量がやや高評価ではありますが、飛距離を失う要因にもなっているので人によって一長一短です。

また、再現性の高さもあまりなく、古典的なマッスルバックといった印象でした。

総評

デザインを一新した割には、良い方向に進化しているとは思えません。

マッスルバックを買いたい人がこのような製品を求めているかは甚だ疑問ではあります。私から購入を勧めることは無いでしょう。

おススメ度

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました