必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイAPEXハイブリッド試打評価|フェードで飛ばせる稀有なハイブリッド

ハイブリッド試打

私のエースハイブリッド

ハイブリッドが得意ながら2年ほどセッティングに入れてこなかった私が久しぶりにセットに入れたのがキャロウェイエピックフラッシュハイブリッドです。

ハイブリッドへの考察は、常日頃から行っており特にシャフトとの関係、フェース形状がもたらす効果、溝の入れ方による違い、クラウン形状による違いなどなど、、、

今回レビューするのは、実質後継モデルといえるAPEXハイブリッドです。もともとAPEXのハイブリッドはUSモデルに存在していたので厳密に突っ込まれると困るのですが、そんな性格の悪い人は私のサイトの読者にいません。

つべこべ言わず早速試打データから見ていきます。

エピックMAX LSドライバー試打評価|超絶妙な捕まり具合で平均初速80オーバー|最強のエピックマックスLSドライバー
エピックMAX LSドライバーの試打評価です。前作から素晴らしい飛距離性能だったエピックですが、今作エピックMAX LSではより寛容になって飛距離はそのまま!トラックマンでも安定してキャリー300yを超えます。エピックMAX LSは早くも2021年最高のモデルであることは間違いないでしょう。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。
エピックMAX FW試打評価|2つのウェイトで弾道調整可能な万能FW
エピックMAX FWの試打評価です。種類が減ったキャロウェイのFWですが、このエピックMAX FWはウェイト調整で自在に弾道調整可能。意外にも低スピンで、ハードヒッター向けのセッティングも可能。ドローバイアスなので幅広いユーザーに訴求できるFWだと確信しています。
エピックスピードフェアウェイウッド試打評価|低スピン×小ぶりなヘッドが古典的だが性能は抜群
エピックスピードフェアウェイウッドの試打評価です。フラッシュフェースと、新採用のジェイルブレイクテクノロジーで武装した最新フェアウェイウッド。エピックスピードフェアウェイウッドは低スピンかつ小ぶりなデザインで大くの人に支持されそうなフェアウェイウッドです。
キャロウェイAPEX&APEX DCBアイアン(2021)試打評価|0.5°違いの2種類のAPEXを比較試打
2021年モデルのキャロウェイAPEX&APEX DCBアイアンの試打評価です。軟鉄ボディの打感と複合素材のハイテクなアイアンという二面性を持つ素晴らしいアイアン。APEXアイアンとDCBとの違いも解説します。
専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

ヘッドスピード48.0m/s
ボールスピード66.2m/s
平均キャリー227y
平均トータル242y
平均サイドスピン519rpmフェード
平均バックスピン3561rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角19.4°
最大の高さ49y
落下角度49°
左右ブレ16y

シャフトは純正のMC80S

ハイブリッドが捕まり過ぎていやだという人は多いです。そんな中、APEXハイブリッドは少しも左に行きませんでした。

では、捕まっていないか?というとそれは否。捕まってはいます。

私が考える理想的なフェードはこういう試打データになります。バックスピンは少なく、打ち出し角は1°以内、それでいてサイドスピンは常に右で、ロフトよりやや低い打ち上げ角。

完璧なフェードと言えると思います。このヘッドにかなり可能性を感じます。

最大飛距離はキャリー231yでした。バックスピンのボリュームゾーンは3100rpmでした。

APEXハイブリッドのすごさ

少ないですが、右に飛ぶハイブリッドは一定数存在します。

しかし、捕まって右に飛び、左に行くことが無いというのがすごいんです。最初、試打を始めた時に「このヘッドはどう動きたいのか?」という風に思いながら打っていました。

私の常識ではハイブリッドは左に行くもんだと思っていたわけですから、慣れるまで時間がかかりました。でも手懐けてやればこっちのものです。

APEXハイブリッドのデザイン考察

特徴的なのはフェース形状だと思います。

四角っぽい形状になっています。キャロウェイのハイブリッドではよくある形ですね。

このフェース形状の効果はずばりアドレスでのアジャストのしやすさだと思います。アイアンのようなフェース形状なのでフェースの向きが分かりやすいです。

APEXハイブリッドの形状の特徴にこのトゥ側の膨らみが挙げられると思います。当然重量もトゥ側に集まりますから、方向性は右になりやすいと考えられます。

ソール中心に8gのウェイトが入っています。

クラウンはカーボンで、低重心化が図られています。バックスピンが少ないのはこのためでしょうか。

データチャート

APEXハイブリッドの特徴は、低スピンによる飛距離性能の高さと安定感、バランスが良いです。全体として高評価。セレクトストア限定のプロの方でなくても別にヘッドがぼってりしてるとは感じませんし、スピン量や方向性を見る限りハードヒッターでも使えます。

総合評価

非常に評価しています。

私が使っているエピックフラッシュハイブリッドと似た特徴を多数持ち、方向性に若干の違いがあるのが素晴らしいです。

個人的に、店頭に並んでいるのを見て「打ってみよう」とすら思いませんでしたが、それでは人生損します。是非試打してください。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました