クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ブリヂストンX-CB試打データ付き評価|スピン重視のキャビティアイアン

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

Z785のライバル筆頭

国産メーカーの二大ブランドがスリクソンとブリヂストンです。

 

精度の高さと打感の良さは両者とも優秀で、男子プロも女子プロも使用している選手が多いです。ロフト角が32°で軟鉄鍛造、ライ角調整も可能なモデルです。

 

ただ選択可能なのは4番アイアンまでで、スリクソンZ785は3番までラインナップされていますからロングアイアンまでフルで入れたいなたスリクソンの方がおススメです。

 

早速、X-CBをレビューしていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード43.0m/s
平均キャリー173y
平均トータル182y
平均サイドスピン357rpmドロー
平均バックスピン6778rpm
平均打ち出し角0.3
平均打ち上げ角20.9
左右ブレ-5y

これは非常に面白いデータになりました。

 

比較対象であるZ785のデータを並べてみましょう。

ヘッドスピード45.2m/s
平均キャリー172y
平均トータル180y
平均サイドスピン335rpmフェード
平均バックスピン7766rpm
平均打ち出し角-0.5
平均打ち上げ角20.3
左右ブレ3y

 

飛距離はほぼ同じでした。まぁ度数が同じなので別に驚くほどのことではありませんが。

 

注目はサイドスピンでしょう。X-CBはドロー、Z785はフェードに。見事に分かれました。

 

しかも、今回試打したX-CBは最大382rpm、最小333rpmとかなり安定していることが分かります。打ち出し角も右に出やすく、きれいなドローが打てます。

 

球のブレ幅は6y。グリーンは確実にとらえることが出来るでしょう。

 

やはりブリヂストン

私は今使っている三浦技研のアイアンの前はブリヂストンのGR、その前はレディスのパラディソを使っていました。

 

ブリヂストンはどのアイアンも打感が良く打っていて楽しいクラブです。それはX-CBも例外ではありません。それどころか、今まで打ったブリヂストンのキャビティ、ハーフキャビティの中でもトップクラスの打感だったように思います。

 

パシパシ打てるので冬でも硬さを感じることはありません。

 

スピン系

バックスピンは6700rpmほど。

 

どんなグリーンでもしっかりと止めることが出来るであろうスピン量です。Z785はさらに1000rpmくらいスピン量が多かったのですが、このレベルになると「どちらにせよ止まる」のであまり気にしなくて良いと思います。

 

サイドスピンの安定感も抜群でかなり高評価しています。

 

データチャート

データチャートもZ785と似たような形です。違いは易しさ。球があまりブレないので難易度はそこまで高くないと思います。性能面の評価が高いです。

 

見た目もシンプルでかっこいいと思います。構えた感じはやや小ぶりですが、同じ度数のホンマTW747Vよりも大きいと思います。ですから身構えずに打てるでしょう。

総評

易しいですけど、上級者向けですね。

 

どういうことかというと、飛距離が出ないからです。ある程度のヘッドスピードが無いと使い物にならないでしょう。

 

アイアンにはスピンを求める方、飛距離は別にいらないよという方にはピッタリだと思います。

 

おススメ度

ブリヂストンXD-3試打データ付き評価|ブリヂストンの新作ドライバー!
ブリヂストンツアーB XD-3の試打レビューです。300yヒッターの筆者が実際に打ったデータをもとにXD-3の性能をチェックします。最新のブリヂストンのドライバーの飛距離、スピン量、方向性全てが数字で分かります!!
ブリヂストンツアーB|XD-F試打データ付き評価|これぞ完璧なフェアウェイウッド
ブリヂストンXD-Fの試打レビューです。ブリヂストン伝統のフェアウェイウッドは打感も音も性能も妥協なし!万人受けはしないが、ファンにはたまらないかっこよさがあります。飛距離も申し分なくドライバー要らずかも!?
ブリヂストンツアーB|XD-H試打データ付き評価|小ぶりなヘッドのハイブリッド
ブリヂストンツアーBシリーズ、XD-Hの試打レビューです。玄人好みな小ぶりなヘッドとスチールシャフトのみの設定はさすがと言わざるを得ません。全然易しくないですし、飛距離もそんなに出ませんが、打ち出しをコントロールしたい方は良いかも。
ブリヂストンツアーB JGR試打評価|ドローバイアスとネジで捕まえて飛ばす新JGRドライバー
2019年にモデルチェンジしたニューJGRドライバーの試打&評価です。捕まりをやや抑えた仕様で、ストレートフェースになったのが評価したいポイント。反発エリアを広げるためのネジを埋め込んでいますが、打感はよくなかなか良いドライバーだと思います。
ゼクシオ11/ゼクシオXアイアン試打&評価|素材の違う二種類のゼクシオアイアンを比較試打!!
ゼクシオ11&ゼクシオXのアイアンを比較試打。それぞれ1°ずつストロングンロフトになっていますが、安定性は前作に比べてもかなり向上していてピンを狙っていけるアイアン。個人的には打感の良いゼクシオXがおススメ。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました