必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストT100/T100S(2021)アイアン試打評価|タイトリストの最新名器を比較試打します!

アイアン試打

最も完成度が高いヘッド

今回紹介するタイトリストT100/T100Sアイアンは、大手メーカーの中でも特に私が一目置いているモデルです。ロフトは前作から1°寝かせた34°で、ハーフキャビティ構造を持ったオーソドックスな仕様。

アスリートモデルでありながら、昨今のハイテクアイアンと戦える良くできたアイアンです。AP2の後継モデルですが、T100になった前作からT100Sという2°ストロングの2タイプを展開しています。

2021年モデルのT100/T100Sアイアンはより洗練されたデザインになり、期待している人も多いでしょうから、比較もしながら解説していこうと思います。

現代の名器「タイトリストT100&T100S」試打評価|300yヒッターイチオシのアスリート系アイアン!
「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

T100アイアンのデザイン

前作までのT100アイアンは、バッジが貼ってありましたが、2021年モデルではそういった細工は全くなし。

この無垢な感じがすごくかっこいいです。

シンプルに見えますが、バックフェース内部にはトゥとヒールにタングステンウェイトが仕込まれています。これで左右の安定と自在なコントロールを実現。

構えた感じは、ブレードが薄めでかっこいいです。フェースプログレッションも自然で「何でも打てそう」な感じがします。

フェースは短めでトゥのふくらみも少ないです。

T100とT100Sを比較

バックフェースを見ると、ロゴ以外にも違いがみられます。

T100SにはT100にはないポケットのようなものが見られます。

構えて比較してもほとんど違いは見られずロフトが立っているなというくらい。

ロフトが2°違うのでネック部分の形状や、反射の仕方が異なって見えます。

ブレード部分も同じ。逆に言えば、32°のT100Sはライバルモデルと比較すると圧倒的にシャープなデザインになっているということになります。

他の番手のデザイン

2021年モデルのT100アイアンは今時では珍しく3番まで展開しています。

ソール厚を見ると、興味深いデザインになっています。これまでのクラシックなアイアンでは、番手が上がるごとにソールは薄くなっていきますが、T100アイアンは3番アイアンでも厚いソール。5番アイアンと比較してもやや厚いくらいです。

また、AWとして50°も選択可能なのがタイトリストT100アイアンの特徴。

構えると、ウェッジともアイアンとも言えない中間的なデザイン。ボーケイウェッジとの繋がりは良さそうです。

試打データ

モデルT100T100S
ヘッドスピード46.4m/s47.9m/s
ボールスピード58.3m/s57.1m/s
平均キャリー172y183y
平均トータル180y195y
平均サイドスピン522rpmフェード61rpmフェード
平均バックスピン7395rpm4827rpm
平均打ち出し角-1.5°0.3°
平均打ち上げ角24.0°23.9°
最大の高さ51y48y
落下角度54°52°
左右ブレ3y1y

試打データを比較すると、それぞれに特徴があらわれています。T100アイアンは、相変わらず最高のスピンバランスです。34°のロフトとしてはよく飛んでいますし、スピン量も素晴らしいです。初速が何故かT100もT100Sも変わらないのが不思議ではあります。

T100Sは、スピンがかなり少なくなりましたが、方向性は大体同じなので、フェードしながらやや低スピンな特性になっているようです。平均キャリーはロフト2°の違いに対して10yも違うので、味付けはだいぶ違うようです。

黄色のT100の弾道が消えてしまいましたが、気持ち悪いほど揃っていました。T100Sは前に進んでいるのがよく分かりますね。T100Sでもフェードが強いと弾道は上がります。

T100とT100Sの打感

T100アイアンの打感は、言わずもがな素晴らしいです。

タングステンを埋め込んでいるのはほぼ分かりませんが、トゥヒットした時に若干硬さというか鈍さを感じます。センターでヒットする分には、質の悪いマッスルバックよりは遥かに打感が良いと思って良いでしょう。

T100Sはどうかと言うと、こちらも素晴らしいです。正直打感の違いに敏感な私でも気づくことは至難の業です。ロフトが立った分打感が良くなるはずなのですが、おそらく先に述べたポケットの関係で同じくらいの打感に帰着しているのかと考えています。

T100/T100Sの振り心地

今回の試打データを見ても分かるとおり、両方ともフェードが打ちやすいヘッドです。試打に使用したシャフトはタイトリスト純正のNSプロ105Tというスチールシャフト。

T100アイアンはコントロール性に優れ、ドローもフェードも狭い範囲で扱うことが出来ます

105Tの振動数

T100は“操作性が良い”ってこういうことだよねっていうのを体現しているアイアンだと思います。

T100Sはロフトの分多少重心が前になりますが、バックフェースの細工のおかげか、振り心地はほとんど同じです。

データチャート

T100アイアンは、とにかくバランスが良いです。飛距離を求めない人が使うアイアンではありますが、スピンに対する飛距離は申し分ありません。コントロール性はマッスルバックよりも容易に引き出せる点も高評価しています。

T100Sアイアンは、飛距離に偏った性質を持っていますが、不思議なほどにT100に似た打感と振り心地をもつアイアンです。同じ32°のライバルたちと比較してもシャープなデザインで、打感が良いというのも魅力的ですね。

総合評価

前作から何が進化したかと言われれば、回答に困ります。実力がカンストしているだけなので、これ以上の進化は望むべきではないのかもしれません。2021年モデルのT100が登場したことで前作のデザインが霞むほどかっこいいです。

T100を34°にしたのも、T100Sが32°なのも完璧としか言いようがない設計です。

さすが分かっているメーカー、タイトリストです。

おススメ度

価格はUSも国内仕様も大体同じです。国内向けは基本セットが6番からなので注意してください。また、T100の方はセレクトストア限定なのでネットで買うならUSモデル推奨です。

Titleist 2021 T-100 irons (7pcs) - Fairway Golf Online Golf Store – Buy Custom Golf Clubs and Golf Gear
Looking for golf clubs to improve your game? Shop for custom golf clubs, Japanese golf clubs, apparel, golf shoes, accessories and more!
テーラーメイドP790アイアン(2021)試打評価|改善された打感とシャープなデザイン
テーラーメイドP790アイアンの2021年モデルを試打しましたので評価をします。マットとクロムを組み合わせたシャープなデザインで、充填剤もこれまでと違うものを入れたことで打感も改善。P790アイアンは30.5°のロフトを考えると凄まじく魅力的なアイアンです。
現代の名器「タイトリストT100&T100S」試打評価|300yヒッターイチオシのアスリート系アイアン!

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました