ホンマTR20Vアイアン試打&評価|絶妙な軟鉄鍛造キャビティバックアイアン

スポンサーリンク
クラブの相談用LINEオープンチャット作りました!
気軽にクラブ相談できるようにLINEオープンチャットを作りました。テンプレートも用意していますので簡単な入力で質問いただけます。 プロフィールや個人情報は隠してご参加いただけます。
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「Golf Gear Tube By 300y Hitters」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

軟鉄鍛造キャビティアイアン

ホンマのクラブは国産メーカーで最も性能が高いと思っていて、個人的に好きなメーカーです。

 

アイアンはデザインや度数のセッティングが絶妙でデザイナーやエンジニアのセンスの良さを感じます。

 

2020年のホンマはツアーワールドシリーズからネーミングを変更してTR20というモデルになりました。

 

やはりイメージ刷新が目的なのでしょう。ツアーワールドは性能は高かったのですが、イマイチ売れていませんでしたので。

 

TR20Vは前作の747Vの後継で、軟鉄鍛造のキャビティバックというオーソドックスな仕様です。7番のロフトは32°。ライバルはミズノプロ520やZ785あたりでしょう。

 

それでは試打データから見ていきましょう。

 

試打データ

ヘッドスピード44.6m/s
平均キャリー177y
平均トータル186y
平均サイドスピン168rpmドロー
平均バックスピン6364rpm
平均打ち出し角2.2°
平均打ち上げ角22.3°
最大の高さ46y
落下角度52°
左右ブレ4y

32°のキャビティとしては必要十分の飛距離だと思います。

 

私が基準としているのが「キャリー180yで6000rpm」ですから、ほぼほぼ満たしていると言って良いでしょう。

 

縦距離は非常に安定していて、176y~178yに収まっています。

 

バックスピンは平均約6300rpm、サイドスピンは168rpm。理想的な数値が並びます。

 

ビジュアルで見る弾道

この安定感。絶句。

デザイン

まさに和顔ですね。ローズプロトをふんわりせたようなデザインです。

 

ブレード厚も気にならずすっきしたデザインと安心感のあるグース具合。

バウンスはほとんど無さそう。ソールは厚くも薄くもないです。

 

何といってもこれ!

 

モグラのマークが復活したんです。かわいい。

 

昔のホンマのアイアンに付いていたトレードマークですね。

 

メーカーロゴを小さくするとかっこよくなりますよ、ミズノゴルフさん。

 

TR20Vのメリットが受けられる人

ヘッドの形状や素材を考えても易しいアイアンではありません。

 

スイートエリアを外して打てばかなりショートしますし、曲がります。

 

ポケキャビや中空のような直進性はあまり感じませんでした。

 

よって、レベルとしては比較的高いものが求められると思います。

 

飛距離は32°の度数なりだと思うので求める距離になるのであれば、アリでしょう。

 

データチャート

バランスの良いアイアンだと思います。

 

中上級者向けで、見た目やフィーリングはちょっとゴルフにこだわりがある人に好まれそうな感じはします。

 

打感は相変わらず良くて、欲しくなるアイアンでした。

 

総評

ニッチな層に受けるアイアンであるのは間違いありませんが、良いクラブです。

 

TR20Vなら、ドライバーから揃えなくても他のメーカーともケンカしない無難なデザインなのも評価したいところです。

 

ぜひ試打してほしい一本です。

 

おススメ度

ホンマTR20 440/460ドライバー試打&評価|飛距離はTW747の方が良かった
ホンマTR20 440/460ドライバーの試打&評価です。カーボンソールに3個のウェイト調整機能を搭載した仕様。打感や見た目の良さに反して、性能はイマイチ。これなら安くなっているTW747を買った方が良いです。
YouTube始めました!!
「Golf Gear Tube By 300y Hitters」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント