クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

ホンマTW747ハイブリッド試打データ付き評価|グリーンを狙えるハイブリッド

スポンサーリンク
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ホンマのハイブリッド

TW747シリーズはパターからドライバーまであらゆる種類のクラブを設定しています。

 

今回レビューするのはハイブリッド。ホンマは珍しく「ユーティリティ」と表記しています。ゼクシオがたしか現行からハイブリッドと呼称しているのでもしかしたら最後のユーティリティかもしれません。

 

ホンマらしくオリジナルのカーボンシャフトを用意しています。今回はスチールとカーボンの両方の試打データを見ながらレビューしていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード46.8m/s
平均キャリー206y
平均トータル220y
平均サイドスピン476rpmフェード
平均バックスピン4611rpm
平均打ち出し角-4.0
平均打ち上げ角16.4
左右ブレ-2y

まずは、カーボンの試打データから。

 

カーボンシャフトはハイブリッド用のホンマオリジナル、VIZARD-UT-H7。74g、トルク2.8の中調子で、振った感じは結構しっかり目。

 

方向性が非常に安定していて、幅7yに収まりました。アイアンでも幅7yなら優秀と言えますので、ハイブリッドでこれはかなり評価できると思います。

 

ヘッドスピード48.2m/s
平均キャリー211y
平均トータル225y
平均サイドスピン232rpmドロー
平均バックスピン4722rpm
平均打ち出し角-2.3
平均打ち上げ角15.6
左右ブレ-15y

スチールの方がカーボンよりも飛距離が出た上に、バックスピンも多かったです。

 

このくらいの数字ならグリーンも積極的に狙っていけます。ただ、捕まってしまうのでやや暴れます。

 

幅は16yで、全体的に左です。最大飛距離はキャリーで215y、最小飛距離が207y。縦の安定感はカーボンシャフトよりも良かったです。

 

ハイブリッドにしては珍しい

打感が良いです。

はじめてここまで柔らかい打感のハイブリッドを打ちました。ホンマのウッド類はどれも打感が良いのですが、ハイブリッドも例外ではありません。

 

ハイブリッドの打感には何種類かあって、例えばブリヂストンのような金属音が気持ちいいシャキッとした打感、M6レスキューのような弾く打感など。

 

ですが、TW747はドライバーのような吸い付く打感です。これはぜひチェックして頂きたいです。

 

難易度は低めかな?

ホンマのクラブ、性能は高く評価していますが難易度が高いのがイマイチでした。

 

ドライバーなんかは相当な上級者でなければ打てないでしょうし、アイアンもスイートエリアの小ささは否めません。

 

対してハイブリッドは易しいです。

 

カーボンシャフトもスチールシャフトも振り心地はほとんど変わらず、打ちやすい印象でした。しかも、カーボンシャフトは重さが70g台から100g台まであり、選択肢が多いのも魅力的。

 

データチャート

安定性とスピン量が高評価で、それ以外は普通くらいです。

 

落下角も十分で、グリーンを狙うことが出来るハイブリッドと言うのはやはり価値があると思います。

 

易しさは一応8点を付けてみました。

 

総評

ホンマのドライバーやアイアンを使っている方だけではなく、グリーンをハイブリッドで狙い方にもおススメできると思います。

 

カーボンシャフトでも安定した弾道になるので、アイアンのシャフトに合わせてセッティングしてみると良いでしょう。

 

おススメ度

キャロウェイ・スーパーハイブリッド試打&評価|チタンボディの贅沢な超飛距離系ハイブリッド
キャロウェイから発売されたスーパーハイブリッドの試打&評価です。チタンボディ、チタンフェースというフェアウェイウッドでも中々見なくなった素材にこだわったハイブリッドです。フェアウェイウッドとハイブリッドのハイブリッドというある意味スーパーなハイブリッドだと思いました。
ホンマTW747Vアイアン試打データ付き評価|キャビティバックアイアンの極致
ホンマTW747Vアイアンの試打レビューです。ジャスティンローズとの契約後発売となる新作アイアンです。見た目はキャビティバックでこれまでのシリーズとあまり変わらないのですが、飛距離、打感、扱いやすさは全て向上。キャビティバックでこれを超えることは不可能でしょう。
ホンマTW-U試打レビュー|ホンマのアイアン型ユーティリティ
ホンマTW-Uの試打レビューです。ホンマから発売されたアイアン型中空ユーティリティは、高い飛距離性能とスピン性能が魅力的。一方でコントロールのシビアさがネック。アイアンが得意な方向けという感じです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました