クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

ホンマTW747Vアイアン試打データ付き評価|キャビティバックアイアンの極致

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ホンマのアイアンらしい仕上がり

ホンマはこれまでTW747シリーズから2種類のアイアンを発売しました。今回レビューするTW747Vアイアンは3種類目。詳しい情報がまだ出ていないので確信はありませんが、ジャスティンローズ仕様マッスルとキャビティのコンボセットらしいです。そのキャビティが今回レビューするTW747Vです。

 

度数は7番32°です。ヘッドもかなり小ぶりで上級者向けな感じは否めません。

 

早速TW747Vアイアンをレビューしていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード46.6m/s
平均キャリー191y
平均トータル203y
平均サイドスピン359rpmドロー
平均バックスピン4395rpm
平均打ち出し角-0.2
平均打ち上げ角23.5
左右ブレ-9y

 

予想よりだいぶ飛距離が出ましたね。小ぶりなヘッドからは想像もつかない飛びです。左右のブレが-9yとドローで捕まっていることも分かると思います。

 

実は、試打データにある三球のブレ幅はたった3y。非常に安定しておりボールの集まりも評価できます。ファイズとG410の後に打ちましたが、特に難しくも感じませんでした。

 

シャフトはTrueTemperのAMTs200。実測総重量438gの超ヘビー級です。

 

ホンマはなぜこんなに飛ぶのか

TW747Vアイアンは総重量438g、小ぶりなヘッド、たぶん寝ているロフトの三拍子そろった飛ばなさそうなアイアンだと試打する前は思っていました。

 

しかし、予想に反してよく飛びます。本当に飛びます。TW747Vxと比較しながら予想してみます。

まず形状ですね。TW747Vアイアンは最も肉厚な部分が中央にあります。こういった形状は慣性モーメントを高めるために設計されることが多いのでそう言った意図だと思われます。

 

ブリヂストン製のキャビティアイアンだと伝統的に行われている手法です。芯をとらえた時の飛距離に優れる反面、やや難易度が上がるように思います。

 

ここから、ターゲット層はある程度のレベルの方になるでしょう。一方でTW747Vxでは肉厚はヘッドのトゥ側にあります。

 

しかも、ここにはタングステンを充填しており重くなっています。これは、ミスヒットした時にヘッドが開くのを防ぐために採用されることが多いです。

 

TW747Vの方でタングステンが充填されているかはまだ不明ですが、ヘッド重量はAPEX PRO並みに重いので可能性はあります。ただ、欲を言えば、もっとヘッドの底に重心を下げてスピンがかかるようにしてほしいです。

 

要約すると、肉厚部分を中央に配置したことで、クリーンヒットした時に圧倒的飛距離性能を発揮したものと考えられます。

 

打感

ホンマの打感はドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン全てにおいて私は信頼を置いています。

 

TW747Vアイアンもその範疇で非常に良い打感でした。TW747Vxと比べても難易度が一気に上がった感じはしません。もちろん、そうはいってもホンマです、一般的なユーザーにとっては易しくはないでしょう。

 

肉厚の部分がセンターより少しトゥ側に寄っていて、多少先に当たっても許容してくれます。打感もそのあたりならスイートエリアと変わりません。もしかしたらそこがスイートエリアなのかも(笑)

 

デザイン

デザインは相変わらず地味で飾りっ気が全くありません。構えた時にもシャープなデザインで好印象ですね。

 

ヘッドサイズはAPEX PROと似たような大きさでした。中々かっこいいです。よく見てみるとTW747Vxの方が全体的に華奢でTW747Vは筋骨隆々といったデザインです。

 

データチャート

飛距離、安定性は最高評価です。

 

一方で、スピン量や易しさは客観的に見て高い評価はあげられません。価格はまだ公表されていないので不明ですが、おそらく定価14万あたりだと予想されるのでこちらも低評価。

 

ただ、コストパフォーマンスは決して悪くありませんから、試打してみることをおススメします。

 

総評

TW747Vはとても評価できるアイアンだと思います。

 

打感、飛距離、見た目、振り心地は完全に私の好みで、今使っている三浦技研に引けをとらない完成度です。

 

バックスピンがあまりかからないので、早いグリーンだと止まりません。ますますマッスルバックへの期待が高まりますね。

 

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] すが、同じ度数のホンマTW747Vよりも大きいと思います。ですから身構えずに打てるでしょう。 […]

  2. […] ホンマTW747Vアイアン試打レビュー|キャビティバックアイアンの極致ホンマTW747Vアイアンの試打レビューです。ジャスティンローズとの契約後発売となる新作アイアンです。見た目はキ […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました