スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ブリヂストンB1STハイブリッド試打評価|安定性が致命的だが見た目が良い

ハイブリッド試打
スポンサーリンク

今作は期待

ブリヂストンB1シリーズの2世代目は、何かと新しい要素が追加されて期待の持てるモデルだと感じました。

ブリヂストンB1STハイブリッドは、見た目でわかる差別化をされたモデルでそのデザインは古典的です。ブリヂストンのターゲット層はおそらくそれが刺さる世代だと思うのでこれは良策だと思います。

今回はそんなB1STハイブリッドを試打評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

B1STハイブリッドのデザイン

形状が最大の特徴だと思います。テカテカの仕上げはアレですが形は小さめで良いです。

ソール上には可変ウェイトがあり、弾道調整が可能です。このウェイトはB1STのドライバーにも採用されているものと同じで統一感があります。

後方は先細りな形になっています。この手のハイブリッドで抜けがどうこういうのはあまり現実的な話ではありませんが、体積の割にコンパクトに見えます。

このアングルで見ると、お尻が上がって尖っています。

フェースアングルはやや開いているように見えますがソール形状的には色々な構え方が出来ますのでここは気にならないでしょう。

B1STハイブリッドにもこのフェースが採用されました。正直効果は感じられませんが、悪さをしているわけでもないので良しとします。

試打データ

ヘッドスピード49.6m/s
ボールスピード65.9m/s
平均キャリー219y
平均トータル231y
平均サイドスピン117rpmドロー
平均バックスピン4806rpm
平均打ち出し角-1.2°
平均打ち上げ角18.8°
最大の高さ52y
落下角度52°
左右ブレ-8y

飛距離は普通ですが、スピン量は多めに集まります。方向性はそこまで統一感がないものの、基本的にはドローです。キャリーは220y弱で最高でも223yです。

前作のB1ハイブリッドはフェード弾道だったので、次のモデルであるB1STハイブリッドがややドローなのは自然です。飛距離も初速も、前作比較すると全く同じでした。

まぁハイブリッドで進化していないというのは驚きはありません。味付けをモデルごとに変えているのと、形を変えることでここ数年で発売したモデルの中で自分の好みがある状態を作っていることが多いため、B1STは形で選ぶハイブリッドだと私は思います。

B1STハイブリッドの良い点

  • 形が良い
  • 引っ掛けはそこまで多くない

B1STハイブリッドのイマイチな点

  • 性能は良くない
  • 安定性が出しにくい
  • ミスヒットに弱い

他社製品と比較

マトリックスチャートでいえばTW757の右あたりです。

全147種のUT/FWヘッド&シャフトを一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
非常に好評頂いているドライバーのヘッド&シャフトマトリックスチャートとアイアンのヘッド&シャフトマトリックスチャートですが、まだまだ表現出来ることがあると私は思っています。 この記事ではその一つであったUT(HY)とFWのマトリックスチャートを作りました。他のマトリックスチャートと同様に、UT(HY)やFWの性能や特...

特徴は少なく、飛距離に優れているわけでもないので「かっこいい」と思った人だけが変えば良いハイブリッドだと思います。

データチャート

飛距離が出にくいだけなら別に良いのですが、安定性が残念な仕上がりだと思います。スピン量の評価は多すぎても少なすぎてもダメなので、これも高評価とはいきません。

総合評価

B1STハイブリッドは総合的に評価して微妙です。見た目がかっこいいので特集しましたが、それがなければ怪しかったです。前作のB1ハイブリッドは引っ掛けないしフェードが打てたので差別化という意味ではそちらの方が価値があります。

B1STハイブリッドを選ぶのであれば、見た目だけ。性能はもっと良いものがたくさんあります。

おススメ度2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

ブリヂストンB2HTドライバー試打評価|見事なデザインの可変ウェイト!
ブリヂストンB2HTドライバーを試打評価します。JGRの系譜を辿る捕まるドライバーですが、B2HTは初めて可変ウェイトを搭載しました。しかもそのデザインは見事で、抵抗感なく収まっています。しかも効果は絶大なので遊びの幅が広がります。

 

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました