クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ブリヂストンXW-1、XW-2ウェッジ試打比較|異なる二種類のスタイルのウェッジ

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

異なる二種類のウェッジを展開

ブリヂストンは洋芝仕様のティアドロップ型ウェッジのXW-1と、日本の芝で使いやすいグースネックウェッジのXW-2を販売しています。

 

最近では、XW-2のようなタイプはほとんど見ませんが、転がすアプローチを多用する人、フェースを開かない人は実はグースネックの方が打ちやすいです。

 

試打データ

XW-1

ヘッドスピード30.8m/s
平均キャリー66y
平均トータル72y
平均サイドスピン1209rpmドロー
平均バックスピン7401rpm
平均打ち出し角4.7
平均打ち上げ角34.6°
平均高さ16y
左右ブレ2y

52°でバウンスが8°です。シャフトはモーダス120。

XW-2

ヘッドスピード30.5m/s
平均キャリー75y
平均トータル82y
平均サイドスピン1393rpmドロー
平均バックスピン6887rpm
平均打ち出し角2.6
平均打ち上げ角33.3°
平均高さ18y
左右ブレ-1y

 

52°でバウンスが10°です。シャフトはモーダス105。

 

両方とも低めの弾道で、スピン量はXW-1の方が多くなりました。

 

ビジュアルで見る弾道

赤がXW-1、黄色がXW-2です。

 

プレースタイルによる違い

先に述べた通り、XW-1は現代の多くのウェッジと同じ形状ですので特別なことはありません。

開いても使えますが、バウンスが少ないのであまり易しくは無いでしょう。

 

XW-2は私のようにゴルフ歴が浅い人には見慣れない形状だと思います。

フェースのネック側が膨らんだ丸っこい形状で、グースがかなりついているのが分かると思います。

 

フェースを開こうとするとエッジが鋭く見えてしまって打てる気がしません。もちろん、そのように打つクラブではないので一本のウェッジでロブや低いショットを打つのでなければこの形状の方が有利です。

 

ちなみに、試打データの70y程度のキャリーではXW-2の方が簡単でした。バウンスが10°付いているというのはありますが、フェースが開きにくい分手首の無駄な動きが減ります。

 

アプローチショットで毎回同じショットが打てない方におススメです。

 

総評

XW-1は、他のメーカーでもある形状で特別高性能ということもありませんし、度数とバウンスの選択肢もボーケイやマックダディに比べたらかなり劣っています。

 

ブリヂストンのアイアンを使っている方以外に需要は無いかもしれません。

 

XW-2はジャンボ尾崎氏が使っているマスダウェッジと同じタイプで今では希少種なので、マスダウェッジを買う勇気はないけどクラシカルなグースウェッジを試してみたい方はぜひ。

 

ただ、度数の選択肢はXW-1よりもさらに少ないので注意が必要です。54°を入れたい場合は52°を寝かせるしか方法はありません。

 

ちなみに、ブリヂストンのウェッジはライ角が±1.5°調整できるので一度ウェッジでのライ角を測って調整するのもおススメです。

クリーブランドのウェッジを比較してみた!|RTX⁴&RTX⁴FORGEDをデータで徹底比較
クリーブランドのウェッジ二種類を試打評価。RTX⁴とRTX⁴フォージドを試打データを用いながら徹底比較しました。タイトリストプロV1を使用してより実践に近いデータをとってみました。最新のミーリングに低価格と魅力的なウェッジです。
【実験】ウェッジの性能はどの程度違うのか??
ウェッジの性能ってどのくらい違うの?実際にデータをとって検証してみました。テストしたのはタイトリストボーケイSM7とキャロウェイマックダディフォージド。使っている方も多いであろうこの二種類をボール別にデータをとって評価してみました。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました