ディアマナZF試打&評価|再現度の高いパワードロー設計の新生ディアマナ|Diamana ZF

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク

新たに40g台がラインナップ

近年のカスタムシャフトは、軽硬のブームが起こりつつあって何でもかんでも40g台が用意されていたりします。

 

ミツビシケミカルはその点においてやや出遅れていましたが、今作ディアマナZFで初の40g台が発売されました。

 

この”Z”はアルファベットの最後であることから「最終」や「最高」を意味しているらしいです。もしかしたら、長い歴史を持つディアマナシリーズもこの世代で終わってしまうのかもしれませんね。

 

なんて深読みはさておき、スペックを確認しましょう。

重量64.5g
トルク3.8
キックポイント中元

 

ざっくり言うと、ディアマナZFのスペック自体はディアマナDFと似ています。

中元調子で、4を切るトルクです。

 

まぁ、どんなシャフトも打たなければ分からないので試打データを見ることにしましょう。

 

試打データ

ヘッドスピード52.6m/s
平均キャリー282y
平均トータル301y
平均サイドスピン509rpmドロー
平均バックスピン2880rpm
平均打ち出し角-0.5
平均打ち上げ角14.1°
左右ブレ-32y

 

平均飛距離は、282yでDFよりも1y劣っていますが誤差の範囲内でしょう。逆に言うと、メーカーが提唱するDFを超える飛距離というのは実現できていないことになります。

 

ディアマナZFの特徴は、DFよりも抑えられた捕まりとミート率の高い再現性でしょう。

 

上の表には書かれていませんが、ミート率は平均で1.42と高水準でした。また、打ち出し角ではほとんどストレートからたまに左に打ち出すくらいの控えめな角度が多いです。

 

DFでは打ち出しから左に飛んでいたので、かなり味付けを変えてきたのだと感じました。

 

ただ、バックスピンに関しては少し多めです。この辺は後でまた言及します。

 

最大飛距離は、キャリーで284yです。ブレは-45y~-12yの33yと少し大きめです。

 

結果を見ると同じシリーズのディアマナBFの逆球が出るシャフトだと思ってもらうと分かりやすいかもしれませんね。

ディアマナBF試打データ付き評価|低スピン強弾道の叩けるシャフト
ディアマナBFの試打レビューです。TS3の9.5°のヘッドに装着して試打レビューを行いました。スピン量と角度を見事に制御するこのシャフトなら、強弾道が打てるでしょう。伝統の青マナに恥じない素晴らしい性能です。

ビジュアルで見るディアマナZFの弾道

曲がり幅は大きいです。サイドスピンが平均で500rpmなわけですから、最大では700越えです。

 

基本的には低弾道です。思いっ切り飛ばそうと思ったら少し吹きましたが、これが最大距離の弾道です。

 

弾道はクロカゲXDの高さとほぼ同じで、左への回転が多いのでより捕まるといったところでしょう。

 

どんな人に向いている?

対象はツアーADのPTやクロカゲXDが合う人でしょう。つまり、高弾道のスライサーの方です。野球出身のハードヒッターにフィットしそうです。

クロカゲXD試打データ付き評価|捕まる元調子
最新のクロカゲ もともとミツビシが海外展開する際に使っていた名称がクロカゲやフブキであり、日本に導入されたのはXTから。 スペックとしては過去のモデルよりもハードでスペックは以下の通りです。 XTはトル...
ツアーAD PT試打データ付き評価|超低弾道の直進性の高いシャフト
ツアーAD PT試打レビューです。低弾道、低スピンで飛距離も結構出ます。方向性はストレートに近いドロー系で、メーカーの分布図の通り。先端剛性の高さを感じるので、テンセイCKプロオレンジに似た振り心地です。

60g台ならヘッドスピード43はほしいですが、40g台まで展開していますのでハードヒッターでなくても弾道を低くしたいなら積極的に検討してもよいと思います。

 

カスタムの際は、捕まりの良いモデルよりはニュートラルなヘッドを選択するのがおススメです。今回試打で使用したブリヂストンのXD-3やTS3、エピックフラッシュサブゼロなどです。

 

データチャート

このチャートの右半分が性能面の評価ですから、性能はやや低めの評価になりました。

 

ドロー系のハードヒッターに合わないので、個人的には好きではありませんが、40g台のシャフトがあるのはディアマナZFの大きな魅力だと思います。

 

総評

私が良く表現する”需要があるシャフト”だと思います。

 

要は、フィッティングしたらドンピシャにハマって劇的に良くなる人がいるということです。それだけ味付けは濃いめで、ある意味ディアマナらしいと言えます。

 

ディアマナに皆さんがどんなイメージを抱いているかは私には分かりかねますが、この光沢のあるハイスペックな感じの見た目を比較的楽に振れるなら一定の価値はあると思いました。

 

おススメ度

ディアマナBF試打データ付き評価|低スピン強弾道の叩けるシャフト
ディアマナBFの試打レビューです。TS3の9.5°のヘッドに装着して試打レビューを行いました。スピン量と角度を見事に制御するこのシャフトなら、強弾道が打てるでしょう。伝統の青マナに恥じない素晴らしい性能です。
ディアマナDF試打データ付き評価|前より易しい新世代ディアマナ
ディアマナDF60Sの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着してデータ計測を行いました。ディアマナの新シリーズの飛距離、スピン量、安定性など全てをデータをもとにレビューしています。伝統のハードコアモデルはどう進化したのか!?
ディアマナRF試打データ付き評価|捕まえて飛ばす易しいディアマナ
ディアマナRFシャフトの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着。カスタムの中でもかなり飛距離がでる捕まり系のディアマナ。低いサイドスピンとバックスピンにより純正よりも6y先に飛ばす!

 

シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント