必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストT200アイアン試打評価|あえて寝かせたロフトが効いた万能アイアン

アイアン試打

ラインナップを刷新

タイトリストはアイアンのモデル数が非常に多いメーカーです。2021年モデルとしては一気に4モデルを発売しました。流石の体力ですね。

そして2021年のモデルチェンジは、ロフトを見直した年となりました。T100とT100Sがフラッグシップとしてタイトリストが得意とする層を捉えたために、下位のモデルを寝かせることが出来るようになったようです。

今回紹介する2021年モデルのT200アイアンは7番で31°のロフト、前作よりもマッスル感強めのデザインになりました。この記事では性能はもちろん、フィーリングや振り心地なども含めた評価をしていきたいと思います。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

T200(2021)のデザイン

バックフェースは、所謂蓋をした系のなんちゃってマッスルみたいな感じ。2021年モデルのT200アイアンのこのデザインは、振動や反響を制御するために装着されているようです。SIM2MAXアイアンも同じ構造ですね。

なんとなく前作のT200よりもソールが厚くなっているような気がします。

ソール形状は、後ろ側が少し削られているようなデザインになっています。三浦のダブルカットソールみたいな抜けの良さそうなソールです。

構えるとこの顔です。T200自体はフェースが短めだという印象がありましたが、ほんの少しですが、大きくなったような。

試打データ

モデルN.S.PRO105TN.S.PRO880AMC
ヘッドスピード39.9m/s45.6m/s
ボールスピード58.4m/s61.1m/s
平均キャリー188y188y
平均トータル199y197y
平均サイドスピン288rpmドロー194rpmドロー
平均バックスピン4756rpm5899rpm
平均打ち出し角-1.8°-1.3°
平均打ち上げ角24.6°24.4°
最大の高さ51y56y
落下角度53°55°
左右ブレ-13y-8y

試打クラブは2種類のシャフトが用意されていましたので両方試打してみました。105TはT100Sの試打でも打ちましたが、スピンが少ない感じがしますね。

シャフトに関しては後述しますのでそちらで。

試打データを見てみると、どちらもキャリーが188y出ています。飛距離性能は高いですね。初速もレベルが高いです。

白が105T、赤が880AMC

T200アイアンの特徴的な試打データは、打ち上げ角度です。高いですね。私の感覚が正しければ先ほどデザインで言及したソールが多少働いているのではないかとかんがえています。

同じキャリー188yでも、これだけ弾道が違います。これは本当にタイトリストの純正シャフトの面白いところであり、そのシャフトの違いがしっかりと現れるT200アイアンのヘッドの素性の良さも伺えます。

超秀逸な純正シャフト

105Tの方は、すでに打っていますが複数のヘッドで打ったことで分かってきました。

先中調子で111.3gという変わったスペックのシャフトです。スピンは少なめで、34°のT100でなければスピン不足なのは否めません。逆に言えば、飛距離が出しやすいシャフトです。

880AMCはプリントされている通り、アセンディング・マス・コンセプトの略のようです。ぱっと見わからないかもしれませんが、AMTにそっくりなネーミング。ここからもこのシャフトがウェイトフローになっていることが分かるかなと思います。

トルクは105Tが1.9°なのに対して880AMCは2.1°と大きめ。880AMCは中元調子みたいです。フィーリングは880AMCの方が好みでした。軽いですが、しっかり振れます。

フィーリング

T200アイアンのフィーリングをまずは打感から。

打感は、そこそこ良いです。ただし31°だと打感の良いライバルも多いので、打感が決め手になるほど良くはないです。タングステンウェイトは、両端に配置しているのもあると思いますし、バックフェースのマッスルプレートの効果もあるのか、響きは良くてガシャガシャすることはありませんでした。

よく作られた打感です。

ヘッドの動きは非常に穏やかで、安定した弾道が打ちやすいです。ただ、T100のような操作性はないので、ちょっとオートマチックなアイアンが欲しい方はT200を選ぶと良いと思います。

テーラーメイドP790アイアン(2021)試打評価|改善された打感とシャープなデザイン
テーラーメイドP790アイアンの2021年モデルを試打しましたので評価をします。マットとクロムを組み合わせたシャープなデザインで、充填剤もこれまでと違うものを入れたことで打感も改善。P790アイアンは30.5°のロフトを考えると凄まじく魅力的なアイアンです。
タイトリストT100/T100S(2021)アイアン試打評価|タイトリストの最新名器を比較試打します!
2021年に新登場したT100/T100Sアイアン試打評価です。ロフトを34°にしたT100と、32°になったT100Sは、両者とも非常にバランスが取れているだけでなく、打感や振り心地もそっくりです。

データチャート

T200アイアンは全体的にバランスの良いアイアンだと思います。スピン性能が若干低いですが、シャフトを変えればなんとかなりそうなくらいです。あくまで純正ならこの評価という風に思ってください。

ただ、どの項目も10点をあげられる訳ではないというのも一つ特徴なので、魅力には欠けるのは否めません。

総合評価

T200アイアンは、万人うけしそうなモデルだと思います。ハードヒッターには合わない特徴が多いものの、需要のあるアイアンであることは間違いありません。

最近どんどんストロングになっていくアイアンですが、あえて寝かせるのがタイトリストらしいです。

おススメ度

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました