クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

タイトリストCBアイアン試打データ付き評価|難しすぎて意味不明

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

超上級者向けアイアン

タイトリストと言えば、アイアンの種類の豊富さと上級者に対応したスペックの高さに定評があります。

 

アメリカのツアープロのクラブを見ても、アイアンではかなり使用率が高くさすがです。

 

そのタイトリストのアイアンの中の2トップがCBとMBです。キャビティバックのCBは7番のロフトが34°、軟鉄鍛造で重量はまずまず重いです。

 

今回試打したのはN.S.モーダス120を装着したもので、重賞は427gです。私が使っている三浦技研のCB2007の120Rシャフトが424gなのでヘッド重量はほとんど同じだと思います。

 

さっそく試打データから見ていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード43.7m/s
平均キャリー165y
平均トータル173y
平均サイドスピン883rpmドロー
平均バックスピン7078rpm
平均打ち出し角1.0
平均打ち上げ角22.8
左右ブレ-10y

ロフト34°というと今まで試打レビューを書いたのはオノフのマッスルバックのみです。

飛距離は、キャリーで165yでした。バックスピンは7000rpmを超えるほどよくかかっています。スリクソンのZ785に似ていますね。

 

ただ、34°でありながら、Z785よりも飛んでいなくてスピン量も少ないのはどうなんでしょうか。

 

さらに、方向性は結構左でよく捕まっています。もちろん、モーダス120なのでこのくらいの捕まりは想定内ではあります。

 

おそらく、シャフトがダイナミックゴールドならもう少し右に寄るでしょう。サイドスピン量はかなり多くて若干期待外れな感じがしました。

 

落下角度は53°くらい出ていました。

 

ヘッドサイズと特徴

かなり小さいですね。

スコアラインが入っている部分の長さは割と普通ではあるものの、余白のスペースが少ないです。構えた時の安心感は皆無で、いかにも難しそう。

 

実際、難易度は非常に高くて長がつくほどの上級者でなければ使いこなすことは出来ないでしょう。

 

ストレートネックでソールは薄いです。しかし、バウンス角は5度つけてあるので芝の上での性能は練習場より高く感じるでしょう。

 

感覚的なこと

タイトリストCBアイアンの打感はそこまで良くありません。

 

同じ構造のホンマのキャビティやブリヂストンのキャビティの方が打感が良いです。

 

スイートエリアは小さいので、打感が良いところが少ないのもやや残念です。もちろん、確実に信任当てられるなら良いですが、このクラブをそこまで振れる人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

操作性はシャフト次第だと思います。今回試打したモーダス120ならドローもフェードも自在に打てますが、ダイナミックゴールドやN.S.950だとまた変わってくると思います。

 

データチャート

飛距離性能、易しさはかなり低評価しました。

 

安定性は悪くありませんし、スピン量もそこそこ評価しました。ですが、サイドスピンが多いので満点ではありません。

 

総評

タイトリストCBは憧れている人も多いかもしれませんが、私がおススメすることは永久に無いでしょう。

 

難しすぎる割に打感も良くなくて、スピン性能もZ785の方が高いです。

 

おススメ度

タイトリストのアイアンを使いたいならこれ。

タイトリストT100アイアン試打&評価|上級者が求めるものを全て揃えた完璧なアイアン
タイトリストT100アイアンの試打&評価です。名称をAPシリーズからTシリーズにして発売されました。T100はAP2の後継モデルで、番手別重心設計によりブレに強いヘッドになっています。T100はこれから70台を安定して出したい方にはかなりおススメのアイアンです。
タイトリスト620CB&MB試打評価|超玄人好みの進化形鍛造アイアンシリーズ
タイトリスト620CB&MBの試打評価です。軟鉄鍛造ボディの上級者向けなスペックで、打ちこなすのは難しいものの、前作よりも改善された点がいくつかあり、高評価に繋がりました。セッティングするなら、6番までを620MB、それより長い番手をCBにするのがおススメ。
ゼクシオ11/ゼクシオXアイアン試打&評価|素材の違う二種類のゼクシオアイアンを比較試打!!
ゼクシオ11&ゼクシオXのアイアンを比較試打。それぞれ1°ずつストロングンロフトになっていますが、安定性は前作に比べてもかなり向上していてピンを狙っていけるアイアン。個人的には打感の良いゼクシオXがおススメ。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました