必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

テーラーメイドTP5X実戦テスト|打感違いのTP5|スピンも飛距離もまずまず

ボール実戦テスト
「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

リッキー・ファウラー御用達のツアーボール

唯一の5ピースボールとしてテーラーメイドから販売されているTP5シリーズ。

 

今回テストしたのはそのうちリッキー・ファウラーが使用しているTP5Xです。ホームページにはTP5よりも高弾道でスピンが少ないとのことです。

 

2018年モデルのTP5Xも去年テストしたのですが、打感がかなり特徴的で好みではありませんでした。

 

そのあたりを比較しながら、評価していきたいと思います。

 

テーラーメイドTP5Xの打感

打感は思っていたよりだいぶマシでした(笑)

 

正直、前作との違いは打感だけしか感じることが出来ないくらいです。前作よりも少し締まった感触で、V1Xに似ていると思います。

 

パターの時も、しっかり弾くのでイメージがしやすいです。個人的には、2019年モデルはTP5Xの方が好みでしたね。

 

TP5Xの性能

飛距離性能

今回のテストでは、飛距離を正確に測れるホールが少なく、しかもミスショットだったので参考値と思ってください。

 

かなりこすってしまったものの、そこそこの飛距離でした。私の感触としては良い数字だと思います。スピン系のボールは平均して280yくらいになります。

 

タイトリストプロV1やホンマTW-Xなどがその筆頭です。TP5Xなら平均で285y~290yくらいだと予想されます。

 

今使っているドライバーの性能的には十分満足のいく結果です。

 

スピン性能とアプローチ

こちらはTP5との差は感じられませんでした。

9番アイアンで155yの距離を出すショットで、グリーンオンした時の画像です。4yくらいバックスピンで戻ってきています。

 

若干の打ち下ろしでもありますから、このくらい戻ってきたのだと思います。

 

スピン性能は高いでしょう。

 

方向性能

これもTP5とほとんど差はないと思います。

 

スピン系ボールとしては普通の直進性だと感じました。

 

デザイン

TP5Xは数字が赤です。それ以外はTP5と同じですので非常にシンプルで好印象。

 

耐久性

カバーがTP5と同じですから、耐久性も当然同じです。

内側の素材が見えてしまうくらいカバーがはがれてしまいますので、そうなったら交換しましょう。

 

データテスト

バックスピンは平均で7500rpmくらいかかっています。クラブはタイトリスト、ボーケイSM7の52°でバウンス12°です。

 

これはプロV1とほとんど同じレベルですが、弾道がやや低くなりました。

総評

打感飛距離スピン&アプローチ方向性デザイン

TPシリーズは飛距離が出るので、アイアンの精度は自信があるけどドライバーがイマイチ飛ばない人にかなりおススメ出来ます。

 

TP5TP5Xのどちらを選択するかは、打感で決めて良いでしょう。そのくらい飛距離もスピンも似通っています。

 

おススメ度

https://gearnote300y.com/golfball-review/tour-b-x/
https://gearnote300y.com/golfball-review/tour-b-xs/
https://gearnote300y.com/golfball-review/avx-2020/
https://gearnote300y.com/golfball-review/tw-x-2020/
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ボール実戦テスト
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました