スリクソンZ-STAR実戦テスト|新素材でより高性能高耐久に!!

スポンサーリンク
ボール実戦テスト
スポンサーリンク

超スピン系、新素材採用で飛距離もアップ?

松山英樹選手や、稲盛祐樹選手などダンロップの契約選手だけでなく、多くの海外のプロからも支持されているツアーボールです。

 

構造は3ピースで、カバーにSeRMという新開発の素材を採用したことが2019年モデルのZ-STARのトピックでしょう。

 

スピン性能をそのままに、耐久性を向上させたらしいです。

 

Z-STARの打感

 

打感は素晴らしいです。

 

個人的には、一番好きな打感でした。1番ホールで6番アイアンを打った瞬間に違いを感じました。

 

アイアンが三浦技研なので、どのボールを打っても大抵打感が良いのですが、Z-STARはその中でも光るものがあります。

 

パッティング時の打感は独特で、基本的には柔らかいのですが、一定の強さを超えると少し硬く感じます。

 

タイトリストのプロV1よりも少し柔らかめでしょう。

 

ロングパットの時の感触は好きですが、ショートパットの柔らかい感じは私はあまり好きではありませんでした。

 

早速、性能から評価していきます。

 

スリクソンZ-STARの性能

飛距離性能

 

飛距離はまずまず良かったです。

 

ドライバーでの最高飛距離は301yで、平均は285yくらいです。

こすっても280yは確実に飛んでいたので、感触は良かったです。

さらに、5番ウッドの飛距離も何度か計測しました。最高飛距離は248y。

通常、236〜240yなので、意外にもウッドがよく飛んでいました。

 

ドライバー、ウッドの両データともゆるい打ち下ろしでほぼ無風。条件と感触を考えたら十分飛んでいるでしょう。

 

スピン性能とアプローチ

スピンは非常によくかかります。

 

前作もそうでしたが、弾道が高くなりやすいので、真上からズドンと落とすイメージです。

 

実際、一番ホールで6番アイアンの190yのショットがワンクラブ以内で止まっていました。

タイトリストプロV1と同等のスピン性能です。違いは弾道の高さで、Z-STARの方が明らかに高く上がります。

 

アプローチは特に何も感じませんでした。球がフワッと上がり、適度にスピンがかかります。

 

赤スネルのような急な軌道ではなく穏やかです。

 

方向性能

長いクラブでは、やや曲がり幅が大きい気がしました。

 

普段なら大丈夫だろうな、というボールがOBや林に入っている場面が何回かありました。

 

これはボルビックS4に似ています。

 

デザイン

Z-STARは黒い数字でひたすら地味です。ディンプル形状もブリヂストンのようなクレーターではなく丸型。

余白も十分にありますね。

 

耐久性

6000円クラスのハイエンドなボールは、やはり耐久性が気になります。

 

耐久性が低ければ、大会等で使うときに大量にボールを持っていかなければならなくなるからです。

 

ですがZ-STARはあまり心配しなくて良いと思います。新採用のSeRMの効果かは分かりませんが、3ホール程度だと少しザラつくくらい、6ホール程でようやく交換するくらいでした。

3ホールでこれは感動モノ

 

この感じであれば、1ラウンド1スリーブで済むでしょう。ブリヂストンのXやXSと同等の高い耐久性だと思いました。

 

総評

非常に高評価です。

 

6000円クラスのハイエンドボールは、どうせ性能が良いので好みになりますが、耐久性が高いというのはかなりメリットだと私は考えています。

 

さらに、打感はプロV1以上に気持ちよく、ここも高評価の大きな要因です。

 

2019年モデルは2018年モデルからかなり進化してますので、ぜひぜひ、試して頂きたいですね。

 

おススメ度

スリクソンZ-STAR XV実戦テスト|飛びの4ピースツアーボール
スリクソンZ-STAR XVを実戦テストしました。スリクソンから販売されているツアーボール、Z-STARの4ピース版で、より飛距離を求めた仕様になっています。Z-STARとの違いや共通点も交えながら評価していきます。
筆者一番のおススメはこれ↓
https://gearnote300y.com/golfball-review/tour-b-x/
https://gearnote300y.com/golfball-review/tour-b-xs/

コメント

  1. […] スリクソンZ-STAR実戦テスト|新素材でより高性能高耐久に!!スリクソンZ-STARを実戦テストしました。東大が開発した新素材をコーティング剤に採用し、今まで以上のスピン量と耐久性 […]