必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ブリヂストンB1ハイブリッド試打評価|引っ掛けにくい特性と小ぶりな形状が乙

ハイブリッド試打

ハイブリッドの宿命

ハイブリッドはその形状ゆえに捕まるモデルが多い傾向にあります。アイアンに比べるとスピンが少なく飛ばしやすい上に、長さも短く難易度が低いのでアマチュアに人気ではあるのですが、捕まりすぎて敬遠されていることも事実。

そんな中で今回発売されたB1ハイブリッドは捕まりを抑えたコンセプトになっていて期待出来そうです。もちろん、引っ掛けなければ高評価するとは限りませんが、稀有な特性を持つハイブリッドであれば、需要はあるのではないかと考えております。

それでは早速デザインから見ていきたいと思います。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

B1ハイブリッドのデザイン

2021年のブリヂストンは、2種類のラインを同時発売したのですが、デザイン的な違いは少なくなりました。

特に可変のギミックはなく、サスペンションコアがあるくらいです。

ソールは平らで抜けの良さそうなデザインになっています。

クラウンは黒の艶消しに赤いラインが入っています。構えた感じはドライバーと揃えたデザインですね。

ヘッドは小さめで、トゥ側にはBマークが配置されています。

構えると少し開くのがわかります。いかにも引っ掛けない感じのデザインにしているのは分かりやすくて好印象。

試打データ

ヘッドスピード49.2m/s
ボールスピード66.3m/s
平均キャリー218y
平均トータル230y
平均サイドスピン231rpmフェード
平均バックスピン5061rpm
平均打ち出し角-0.6°
平均打ち上げ角18.1°
最大の高さ51y
落下角度52°
左右ブレ4y

飛距離的には、そこまで魅力的ではありませんが、その分バックスピン量が多いので、グリーンを狙うには良さそうです。回転はフェードで、最終到達地点も全て右となりました。

平均キャリーに対して、最高キャリーは222yです。

引っ掛けないけど、右に飛ぶわけでもないという表現が一番正しいかもしれませんね。方向性はかなり理想的だと思いました。これ欲しい人多いと思いますよ。

高さも十分出ますから、心配せずにグリーンを狙えます。

B1ハイブリッドの良さ

普通のように聞こえるかもしれませんが、B1ハイブリッドの良さは見た目と弾道が一致することです。

構えた時のフィーリングと、実際の弾道がマッチしないクラブって、使い始めは良いんですけど慣れてくるとイマイチなんです。その点このB1ハイブリッドは完全に一致していますので素晴らしいです。

打感

打感は前作同様に、シャキッとした打感です。乾燥した音と相まって、全体的には地味な印象。

フェースが若干薄く見えるのでラフからのイメージはしにくいです。

データチャート

チャートにするとこんな感じです。安定性とスピンの評価が高いです。ハイブリッドにバックスピンが必要かと言われれば別にそんなこともないのですが、B1ハイブリッドに関しては、サイドスピンも少なくて優秀だったので、高評価にしました。

総合評価

ハイブリッドに引っかけにくさを求めるなら是非とも検討して欲しいクラブです。

比較的小ぶりで、オープンフェース、捕まりは抑えてあるけどスライスするわけではないという特性なので特に上級者に人気が出そうなハイブリッドだと思いました。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました