スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ゼクシオ13FW試打評価|魔法かけただろ!ゼクシオのFWってやはりすごい

ウッド試打
スポンサーリンク

いつも完成度が高いXXIOのFW

私はゼクシオというクラブに強い思い入れがあります。やはり長い間最も売れるクラブであり続けたのは伊達ではなく、支持されるクラブであるのは身をもって体験しています。

特にFWは安定した評価を常に得ている印象で、明らかにアンダースペックにはなりますが私が打っても良い結果になることが多いです。今回は最新のゼクシオ13FWを試打評価していきたいと思います。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ゼクシオ13FWのデザイン

ドライバーと同様のパターンで、シンプルです。

濃いめの紺がシックな雰囲気。

ソールはセンター部分がフラットに伸びています。特にここが擦るようなことはありませんでした。

ゼクシオ13FWもクラウンの凹凸があります。この形状はドライバーほど効くとは思えませんが、一応アクティブウィングなのでしょう。

若干フック気味ですが、ドライバーほどは気になりません。

試打データ

ヘッドスピード54.1m/s
ボールスピード69.4m/s
平均キャリー244y
平均トータル260y
平均サイドスピン681rpmドロー
平均バックスピン3733rpm
平均打ち出し角-1.9°
平均打ち上げ角14.7°
最大の高さ44y
落下角度47°
左右ブレ-36y

初速は70m/s近く出ていて飛距離性能もなかなか高いです。過去作では平均キャリーが250yくらいのモデルもあったのでゼクシオ13FWが特別飛ぶというわけではありませんが、評価したいポイントです。

注目は打ち上げ角度の低さです。ここまで低いFWはあまり見かけません。かといって左に強く出ているかと言われればそうでもなく、単純にロフトが立ってヒットしています。

バックスピンは低めを推移して、高くても4100rpmほどなので強い弾道が打てます。しかも縦距離のブレが5yと安定しています。これまでのゼクシオシリーズにはあまり見られないこの異質な試打データは不思議です。

ゼクシオ13FWの良い点

  • そもそもクリーンヒットしかしない
  • ヒール気味でも真っ直ぐ飛ぶ
  • 飛距離は楽に出る
  • 安定性が高い
  • スイングが整う

ゼクシオ13FWのイマイチな点

  • ゼクシオであること

魔法がかかっている

今作のゼクシオ13シリーズはドライバーを除いて全て私が無理なく綺麗に打てるという謎の仕上がりを見せています。さすがに最近はゼクシオをうまく打つというのが難しくなってきていましたが、ゼクシオ13FWは本当に打ちやすいです。

シャフトだって、今回試打したのは純正のSRです。多分「お前には柔らかすぎる」とか言われそうですが、柔らかいシャフトでこれだけの結果が出ていることは注目するべきです。どう振っても同じところに帰ってくる、どの打点で当てても同じようにドローするという不思議な感触です。

このゼクシオ13FWを試打した後は、とにかくスイングが良くなりました。だから定期的にゼクシオは打たなければいけないと思います。

データチャート

なんかダンロップに媚び売っているみたいで大変癪なわけですが、良いものは良い。感動するほどに完成度が高いFWなんて数年に1本しかありませんが、ゼクシオ13は間違いなくそれに当てはまると思います。

総合評価

本当に良いクラブとはなんなのか、考えさせられます。

ゼクシオ13FWは本当に良いクラブです。それは誰が打っても再現出来るものであり、懐が深く、決して使う人を甘やかさない。やるべきことをやってくれる道具です。

ゼクシオ13FWはクラブがあるべき正しい姿です。

おススメ度5 out of 5 stars (5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ウッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました