ホンマXP-1フェアウェイウッド試打&評価|ドライバー並の捕まりと易しさ

スポンサーリンク
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
ウッド試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ホンマXP-1、大きめのFW

ホンマの新シリーズのXP-1のフェアウェイウッドは大型ヘッドで、構造はドライバーと同じものを継承。

 

振り心地をそろえた仕様です。

 

可変スリーブこそありませんが、それ以外は特に3番ウッドは酷似しています。XP-1はTW747同様、3番のみカーボンクラウンでソール部分にウェイトを配置して弾道の高さを確保しています。

 

それでは試打データから見ていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード51.3m/s
平均キャリー234y
平均トータル246y
平均サイドスピン174rpmドロー
平均バックスピン5106rpm
平均打ち出し角-3.2°
平均打ち上げ角14.5°
左右ブレ-19y

 

フェアウェイウッドとしてはかなり捕まると思います。

 

ですが、サイドスピンはほとんどかからないストレートに近い弾道ですので打ち出しで左に飛んでいくイメージです。

 

右に行くことはありませんので、安心して右を向けるフェアウェイウッドですね。

 

最大飛距離はキャリーで235y。番手は5番としてはあまり飛んでいません。

 

ブレ幅は、縦に3y、横に15yです。フェアウェイをキープするには十分の安定性だと思います。

 

バックスピンが多いのも特徴でしょう。平均的なフェアウェイウッドのバックスピン量は4000rpmほどですが、XP-1は5000rpm超えです。

 

飛距離が伸び悩んだ原因でもありますし、落下角が大きくなるゆえにランも出ませんし、弾道が高くなって風にも弱くなります。

 

ビジュアルで見る弾道

打ち出しから左に出るくらい捕まります。

やはり、柔らかすぎるため弾道の初期に凹みが確認できます。

 

XP-1の特徴

シャフトは固定で、ウェイトも何も付いていませ。

ドライバーと同じスリットが入っています。

 

ドライバーと同じカラーリングで、サイズは5番ウッドとしては大きいです。

TW747もそうですが、3番ウッドはカーボンクラウンなので打感は3番とそれ以外では全く異なります。フェースの素材も違うので、別のクラブと思った方が良いです。

 

フェース長が長いです。

 

データチャート

飛距離は、重量や構造のわりに伸び悩んでしまいました。

 

ただ、弾道の画像を見ても分かる通り安定感はよく、評価も高いです。

 

スピン過多になったのが飛距離ロスの原因でしょうから、FWで球が上がらない方にはちょうど良いと思います。

 

総評

わざわざ単品で入れるようなフェアウェイウッドではありません。

 

ドライバーでXP-1を買った方以外に需要は無いでしょう。

 

打感は良いですが性能がイマイチ。

 

おススメ度

ホンマXP-1アイアン試打&評価|シャフトとの組み合わせが抜群の振りやすいアイアン
ホンマXP-1アイアンの試打&評価です。なんとカウンターバランスの専用スチールシャフトを標準装備し、圧倒的な扱いやすさを実現しています。飛距離はロフトなりですが、安定性とスピン量で他のメーカーとは一線を画す存在になるでしょう。

 

ホンマTW-MBローズプロト試打&評価|世界のジャスティン・ローズ仕様のハイスペックマッスルバック
ホンマのマッスルバックTW-MBローズプロトを試打してきました。世界トップレベルのジャスティンローズのために作られたこのマッスルバックアイアンは、国産らしいデザインと素晴らしい打感が特徴。性能面では、球を低く抑えてスピンをかけることに長けています。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ウッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました