必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ヤマハRMX VD FW試打評価|全番手チタンの爆飛びFWが誕生!激レアなチタン7Wも作れるよ!

ウッド試打

ヤマハすげぇよ

2021年モデルのヤマハ、かなりいい感じです。ドライバーの飛距離性能も良かったですし、アイアンも傑作揃いです。

何か社内でムーブメントが起きているのでしょうか。そして今回紹介するRMX VD FWはなんと素材をチタンにして登場。そこまでして作るなんてヤマハの本気度が伺えますね。

早速デザインから分析していきます。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

ヤマハRMX VD FWデザイン

ソールは特にギミックなどもなくシンプルです。ドライバーやアイアンに見られるあみあみ模様があります。

ボディとフェースがチタン、ソールが高比重合金と書いてあります。この合金が何の合金なのかは分かりません。

そして、RMX VDになってからこちらも初採用のカーボンクラウン。ドライバーほど反射は気になりませんでした。

サイズやフェースアングルはオーソドックス。

試打データ

ヘッドスピード52.3m/s
ボールスピード72.2m/s
平均キャリー249y
平均トータル263y
平均サイドスピン141rpmストレート
平均バックスピン4332rpm
平均打ち出し角-3.9°
平均打ち上げ角15.4°
最大の高さ52y
落下角度50°
左右ブレ-23y

5Wとしては、飛んでいる方かなと思います。ヤマハRMX VDのFWはストレート弾道なのが非常に好印象。FWはハイブリッドのように引っ掛けるモデルが多い訳ではありませんが、コースで刻みに使う私からしたら、どんなコースも狙える安心感が欲しいです。

その点、RMX VD FWは左に引っ掛ける心配がなく捕まえられるので、飛距離も出せるという感じです。

どうですかこの揃い具合。試打データでも表れていましたが、打ち上げ角度がやや小さいです。RMX VD FWはドライバー並みの低い打ち上げ角なので高さを出すのが楽なタイプではありませんから、FWが苦手な人が使えるほどのものではないでしょう。

シャフトについて語ろう

今回RMX VD FWの試打を行ったのはこちらのディアマナYB60Sというシャフトです。

コスメはディアマナPDですが、ヤマハ用のオリジナル。このYBはハイブリッドとFWに設定されたシャフト。これは60Sと言っているくらいですから60g台なわけですが、何とFW用は69gあります。

トルクが4.8なのでそこまでハードでもないのですが、これは本当に良い取り組みだと思いました。

チタンは高い素材なので、高額になってしまうのは避けられません。そこでこういったシャフトを設定してくれることでカスタムを組む必要がなくなり、ユーザーとしてはコストを抑えられます

シャフトとしての性能も評価していますし、ラインナップとしても評価しています。

データチャート

飛距離性能はやはりチタン故なのか高いです。安定性やスピン性能も評価しています。一方で、やや難易度が高いかなと感じました。高さが出にくいことだけでなく、ボールへのコンタクトもややコツが必要です。

総合評価

ヤマハRMX VD FWは、単品で入れるのもおすすめなFWと言えます。

チタンのFWはSIM2や国産メーカーの3Wなど選択肢が少ないです。RMX VD FWは7番もチタンなので、流行りの7番ウッドをチタンで作るというのであれば、有力な候補になるでしょう。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました