必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイローグST MAX FW試打評価|歴代の名器には及ばない落ちこぼれ

ウッド試打

名器揃いのキャロウェイのFW

これまでキャロウェイの FWは非常に評価が高くプロの使用率が高いだけでなく、契約外のプロからも愛用されてきたモデルが多いです。

特にローグやマーベリックなどX HOTの系譜を辿るモデルは人気で、形状も良く今でも人気です。私のサイトでも評価してきました。

今年はローグSTシリーズから、4種類のFWが発売されました。これだけたくさん出すのは驚きです。この記事ではその中でもローグST MAX FWについて特集します。

ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
キャロウェイAPEX UW試打評価|クラブセッティングに革命を起こす新種!
キャロウェイから発売された新しい”ユーティリティウッド”、APEX UWを試打評価します。ユーティリティの長さで、スピンバランスはFWといういいとこ取りのクラブはクラブセッティングに新たな風を吹かすのか。
ローグST MAXハイブリッド試打評価|FW並みに飛ぶハイブリッドはいかが?
キャロウェイローグST MAXハイブリッドの試打評価です。ハイブリッドを多く発売するキャロウェイの最新ハイブリッド。ローグST MAXハイブリッドはソールにレールを配置した意外と革新的なモデルです。

ローグ ST MAX FWのデザイン

ローグST MAX FWのデザインは、ドライバーとは違ってマーベリック似だと思いました。比較的丸い形状のソールで、ドライバーやハイブリッドのようなレールは薄いです。

フェース側には可変ではないボルト締めされたパーツがあり、デザインの統一感はあります。

ドライバーやハイブリッドにはジェイルブレークフレームの柱のデザインがありますが、 FWには無いんです。これは、ローグST MAX FWで新たに採用されたジェイルブレークST。

フェースの両端にフレームを設置してボールスピードアップを図っています。

ローグST MAX FWのクラウンはカーボンで、仕上げは艶消しです。ドライバー同様のダイヤルのようなデザインが施されています。

ローグST MAX FWのフェースアングルはキャロウェイにしてはちょっとフック気味かなと思いました。

試打データ

ヘッドスピード54.2m/s
ボールスピード73.6m/s
平均キャリー249y
平均トータル263y
平均サイドスピン308rpmドロー
平均バックスピン4540rpm
平均打ち出し角-3.6°
平均打ち上げ角16.1°
最大の高さ56y
落下角度52°
左右ブレ-28y

試打データだけ見れば、よく飛んでいるかなと思うかもしれませんが、正直言うとイマイチでした。特にダメなのが打ち出し角度です。

ローグST MAX FWは結構引っ掛けます。サイドスピンこそ少ないものの、最終到達地点の曲がり幅は30y近いので使い物にならないです。

シャフトはぐにゃぐにゃで、弾道の凹みも見られるのでこれまでのキャロウェイの名器たちの足元にも及びません。

300yヒッター流”キレ”を最大限引き出すたった5つのコアドリル|リキ@300yヒッターのギアノート|note
実はドライバーよりアイアンが得意です。 これは私のYouTubeやWebサイトを知っているあなたにとっては意外な事実かもしれません。しかし、これが本音であり、飛ばし屋リキはある意味ネット向けの演出だったりします。私は元来アイアンでスコアを作るタイプのゴルファーです。それは過去のデータがしっかりと物語っており、スコアが...

違和感があるポイント

ローグST MAX FWはフェースがやたら薄い気がするんですよね。

これの何が悪いかというと、フェースの角度が分かりにくいのと、深く入りすぎると言う懸念が拭えません。見ての通り、かなり打点は上ですし絶妙に芯にヒットしない感じが残念。

キャロウェイのFWらしさ

クラウンの滑り具合は流石にキャロウェイだなと思いました。

ソールデザインと感触にややギャップを感じましたが、まぁこのフィーリングは別に悪く無いです。

データチャート

評価はそこまで高くないどころか低いです。ローグST MAX FWはキャロウェイらしさこそ感じるものの、キャロウェイのFWの良さは微塵もありません

総合評価

FWは新しくなったからって、著しく性能が上がることはありません。だからこそ長く使いたいと思える魅力あふれるFWが人気になるわけです。

しかし、ローグST MAX FWはどうでしょうか。これまでの名器たちの存在が大きいことは否めませんし、それを超えない限り買い替えはしてくれないと思います。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました