必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

M6フェアウェイウッド試打データ付き評価|ドライバー同様オートマフェーダー

ウッド試打
専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

オートマチックフェーダー

M6ドライバー同様、比較的オートマチックな挙動を見せるフェアウェイウッドです。

 

純正シャフトでも安定してフェードが出ます。逆にドローを打つのは容易ではなく、カスタムを組む際は注意が必要だと思います。

 

M5とは違いウェイトギミックが付いていない上に可変スリーブも不採用。シンプルな設計のフェアウェイウッドです。

 

ではさっそくM6フェアウェイウッドをレビューしていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード51.2m/s
平均キャリー247y
平均トータル264y
平均サイドスピン139rpmドロー
平均バックスピン3384rpm
平均打ち出し角1.5
平均打ち上げ角15.8
左右ブレ13y

飛距離は他のウッドとほとんど同じくらいでした。このヘッドスピードでキャリー245yを超えれば文句なしですね。

 

打ち出しはやや右方向、回転は弱いフェードで球は右に集まります。

 

ブレ幅が22yと広いですが、サイドスピンは低い値で推移しているので、打ち出し角次第でしょう。練習をしていけば修正可能なレベルだと思います。

 

バックスピンは平均すると上記のような数字ですがボリュームゾーンは3000rpmを少し下回るくらいです。

 

弾道の高さは打ち出し角もありやや高いです。

 

純正でも満足

相変わらずダサい純正シャフトですが、性能は悪くありません。

 

正直、ヘッドスピードが速い方でもカスタムにする必要はあまりないくらいしっかりしています。当区は4.6なのでしなる感覚はありますが、しなり戻りは遅めです。

 

安定性はいかに

先に述べた通り、打ち出しから右なのでだいぶ捕まりは弱い気がします。

 

ただ、200rpmから300rpmくらいのサイドスピンではブレ幅5y。M5と同じレベルだと言えます。M5もそうでしたが、調整ギミックはなくても十分なスペックです。

 

ヘッドの投影面積がM6の方が少し大きいですが、弾道を見るとM5のドライバーにもM6のドライバーにも合わせられそうだと思います。

私がフェアウェイウッドに求める安定性は確実に有していると思います。

 

データチャート

サイドスピン、バックスピンとも少なめで扱いやすい印象なので高評価。

 

その他の性能はどれも飛びぬけて良いものはありませんが、欠点と言えるほどの欠点もありません。

 

総評

デザイン以外はかなり良かったです。

 

オートマチックなのでドローとフェードの打ち分けは難しいものの、安定感はあるので問題はなさそうです。

 

また、M6ドライバーと方向性がリンクしているのでM6ドライバーを使用している方はぜひ検討してみて欲しいです。

 

M5ドライバーをお持ちの方でも7番までウッドを入れたいなら、選択肢に入れてみても良いでしょう。

 

おススメ度

M5フェアウェイウッド試打データ付き評価|ツイストフェースをねじらせろ!!
テーラーメイドM5フェアウェイウッドの試打レビューです。ツイストフェースを初採用したM5FWは安定感抜群で曲げ知らず。充実しギミック類も上級者やギアオタクにはたまりません。飛距離を求めず安定性が欲しい方にピッタリなウッドです。
テーラーメイドM6ドライバー試打&評価|M6はM4の安定感を継承し飛距離アップして登場!
テーラーメイドM6ドライバーの試打レビューです。かなり辛口です(笑)。M6は適度なサイドスピンとバックスピンでかなり安定感のある弾道。デザインのかっこ悪さを度外視すればかなり良いドライバーだと思います。試打してみてM6は、飛距離があがり、打感も改善したのが好印象でした。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました