必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

エピックスピードフェアウェイウッド試打評価|低スピン×小ぶりなヘッドが古典的だが性能は抜群

ウッド試打

フラッシュフェース採用のエピックスピードフェアウェイウッド

FWで性能が大きく変わることはほとんど無いのですが、エピックシリーズは他社製品より数y飛ぶ傾向にあります。

エピックスピードでもその飛距離の要因であるフラッシュフェースとジェイルブレイクテクノロジーを進化させたスピードフレームで武装。

エピックスピードが前作のどのモデルの後継なのか分かりませんが、試打データなどを見ながらそのあたりも分析していきたいと思います。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

ヘッドスピード51.8m/s
ボールスピード67.6m/s
平均キャリー245y
平均トータル262y
平均サイドスピン21rpmストレート
平均バックスピン3369rpm
平均打ち出し角-1.8°
平均打ち上げ角17.5°
最大の高さ49y
落下角度49°
左右ブレ-7y

まず特徴的なのが、バックスピン量です。他社製品の平均的なバックスピン量は4000rpm前後なのでだいぶ少ないと言えます。

ただ、前作のデータと比較するとあまり変わりません。エピックスピードフェアウェイウッドの前作はどれか分かりませんが例えばエピックフラッシュではスターでもサブゼロでも3500rpmでしたから、ほぼ同じ。

スピンは少ないですが、別に弾道が低いというわけでもありません。

方向性がストレートなのでどちらかと言うとサブゼロ寄りかなと思いました。

曲がり幅が少なく優秀なFWと言えますね。

デザインから分かる特徴

エピックスピードフェアウェイウッドを最初に見た時に思ったのがヘッドサイズの小ささ。

形状的にも小さそうだなと思わせます。しかも、ウェイトが前方に合っていかにも前に飛んでいきそうなFWです。

実際データを見ても直進性が高くスピンが少ないヘッドだったので納得。

構えると、丸っこいカタチをしていて、寛容さは感じられない反面、”やる気にさせる”デザインです。

クラウンはカーボンです。

試打計測を行ったのはエピックスピードフェアウェイウッド純正のディアマナ50S。このシャフトで低スピンなので、カスタムはオーバースペックに注意。

重量など

エピックスピードフェアウェイウッドはフェース側にウェイトが配置されています。

重さは7gでした。3Wや他の番手では重量が異なると思います。

打感や音

打感はちょっと硬いです。前作の方が打っていて気持ち良い打感だったかなと。

音は高めでカーボンぽさが希薄になりました。どこに当たっているのか分かりにくいですが、どこに当たっても似たようなスピン量、飛距離になっているので慣れれば良い話です。

データチャート

全体的にまずまずの評価。スピン量が少ないので若干気を使う必要がありますし、ヘッドスピードが低い人にはおススメ出来ません。

総評

フェアウェイウッドとしての飛距離性能は高いですが、前作から伸びたわけではありません。

単純に、2019年モデルのエピックフラッシュの形状違い、バージョン違いが出たと思えば良いのではないでしょうか。

ヘッドが小さいFWが好きな人、低くて飛ばせるFWが欲しい人には、エピックスピードフェアウェイウッドはおススメです。

おススメ度

エピックMAX LSドライバー試打評価|超絶妙な捕まり具合で平均初速80オーバー|最強のエピックマックスLSドライバー
エピックMAX LSドライバーの試打評価です。前作から素晴らしい飛距離性能だったエピックですが、今作エピックMAX LSではより寛容になって飛距離はそのまま!トラックマンでも安定してキャリー300yを超えます。エピックMAX LSは早くも2021年最高のモデルであることは間違いないでしょう。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました