クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

エピックMAX FW試打評価|2つのウェイトで弾道調整可能な万能FW

スポンサーリンク
ウッド試打
スポンサーリンク

二機種展開に

前作のエピックフラッシュでは、エピックフラッシュスター、エピックフラッシュ、エピックフラッシュサブゼロの3機種展開でしたが、2021年モデルではエピックMAXとエピックSPEEDの2種類でした。R&Aのリストを見てもこの二つとレディス仕様と思われるモデルしか確認していません。

しかも、前作であった可変スリーブのモデルは廃止され、全て接着タイプになりました。

というわけで今回は、エピックMAX FWの方をレビューしていきます。早速試打データから見ていきます。

エピックスピードフェアウェイウッド試打評価|低スピン×小ぶりなヘッドが古典的だが性能は抜群
エピックスピードフェアウェイウッドの試打評価です。フラッシュフェースと、新採用のジェイルブレイクテクノロジーで武装した最新フェアウェイウッド。エピックスピードフェアウェイウッドは低スピンかつ小ぶりなデザインで大くの人に支持されそうなフェアウェイウッドです。
エピックMAX LSドライバー試打評価|超絶妙な捕まり具合で平均初速80オーバー|最強のエピックマックスLSドライバー
エピックMAX LSドライバーの試打評価です。前作から素晴らしい飛距離性能だったエピックですが、今作エピックMAX LSではより寛容になって飛距離はそのまま!トラックマンでも安定してキャリー300yを超えます。エピックMAX LSは早くも2021年最高のモデルであることは間違いないでしょう。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード52.5m/s
ボールスピード68.4m/s
平均キャリー240y
平均トータル255y
平均サイドスピン538rpmドロー
平均バックスピン3806rpm
平均打ち出し角-2.9°
平均打ち上げ角17.1°
最大の高さ50y
落下角度49°
左右ブレ-35y

このクラスとしては、バックスピン量が少ないです。反発係数が高いとスピンは減りやすいですが、ウェイトポジションを考えるとちょっと不自然。

バックスピン量が少ないのは、エピックシリーズの伝統だったりしますのでまぁこんなものかなと。エピックSPEEDとの違いはサイドスピン量です。エピックMAX FWは適度なドロー弾道になります。

白い弾道がエピックMAX FWですが、やや最初に凹みが見られます。これは、おそらくシャフトが40Sだからだと思います。

弾道の高さ自体はほとんど同じでした。

エピックMAX FWのデザイン

エピックMAX FWの特徴は2つのウェイトです。最初に見た時、ソール前方にウェイトがあるので上級者向けモデルかと思っていました。

エピックMAX FWもSPEED同様、丸っこい形状。サイズはそこまで大きくありませんがヒール側にやや膨らみを感じるデザインです。

SPEEDに比べるとMAXの方はフックフェースにも見えますが、ほぼスクエアといって良いでしょう。

純正シャフトはディアマナコスメで40g台。ちょっと柔らかいのでたまにダフリますが、特別癖があるわけではありません。

ウェイト重量

前後にウェイトがあって、ターゲットからすると後方に重いウェイトを入れているのだと予想していました。

しかしよく見ると、前方に14g、後方に2gというまさかの組み合わせ。

これではスピンは当然低いですよね。逆に言えば、シャフトさえ変えてしまえばエピックMAX FWはハードヒッターが打てる仕様になり得るということでもあります。

形状的にも決して悪くないですから、方向性を見て選んでも面白いと思いました。

データチャート

チャートにするとどの項目も8点の評価という感じです。思ったよりも上級者やハードヒッターが打てる仕様であったのは打たないと分かりませんでしたし、ウェイトの調整で弾道の高さは自在に変えられるので可能性を感じるFWでした。

総評

ドローバイアスで飛距離を出せる人が多いFWではないでしょうか。

エピックSPEEDあってのエピックMAXという感じがします。飛距離性能はまぁまぁで、スピンが少ないため方向性が合えばハードヒッターにもおススメ出来ます。

おススメ度

US仕様だと25°の11Wまでラインナップされています。スピン少ないのでハイブリッドの代わりに入れてもいいかも。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ウッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました