必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

エピックMAX FAST FW試打評価|混ぜるな危険ではあるが、面白いFW

ウッド試打

超軽量シリーズのFW

エピックMAX FASTはキャロウェイの最軽量モデルで、今回特集するのはそのFWモデル。非常に面白い特徴を持っているので、是非とも打ってもらいたいFWです。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

エピックMAX FWのデザイン

ウェイトの位置などはエピックMAXと同じですが、エピックMAX FASTはより明るいシルバーになりました。

ジェイルブレイクヴェロシティブレーズと書いてありますね。FWとHYにはこの楕円形のパーツが見られます。

フェース面も他のモデルより明るい配色になっています。

クラウンはカーボン。

構えた感じは普通のエピックMAXとなんら変わらないように思います。

気持ちフックフェース気味かな?というくらい。

シャフトは少し硬めで、軽い割にはヘッドが持ち堪えてくれる感触でした。正直、エピックMAX用のシャフトの方が柔らかく感じます。ヘッド重量が軽いだけの可能性もありますが。

試打データ

ヘッドスピード51.2m/s
ボールスピード69.9m/s
平均キャリー240y
平均トータル254y
平均サイドスピン461rpmドロー
平均バックスピン4270rpm
平均打ち出し角0.1°
平均打ち上げ角16.7°
最大の高さ52y
落下角度50°
左右ブレ-16y

試打データを見る限りは特に面白みはないかなと思います。

平均キャリーで240y、サイドスピンは少し多めのドロー回転ですが、打ち出し角度はストレートなのでそこまで極端なものではありません。

そう考えると、ドライバーと同じような性格づけがされているように思います。

高さにばらつきがあるのが、エピックMAX FAST FWの大きな特徴です。これは後述しますが、諸刃の剣でメリットにもデメリットにもなり得るものです。

エピックMAX FAST FWのヘッド軌道

エピックMAX FAST FWに与えられた特性として一番感じるのはインパクト直前でフェースが上を向こうとすることです。

その代償に、写真ではわかりにくいかもしれませんが、EPICの文字あたりで着陸します。FWでは通常ほぼレベルブローでヒットする私ですが、極端なアッパーブローになってしまいます。

場合によっては、地面にヒットした瞬間に急激にフェースローテーションしてひっかけが出るかもしれません。ですから、確実にダウンブローで入れられないとミスします。

FWをうまく打てない人の中には、フェースが上に向かない人もいるのでそういった人にはベストマッチでしょうけど、そうでない人もたくさんいるので、ドライバーが良かったからといって流れでFWも、というのはおススメできません。

データチャート

軽量モデルは選ぶのが難しいです。正直、ドライバーからの繋がりで選ぶ人がほとんどでしょうから、そうなった時に先に述べたようなやや極端な動きをするので試打してから決めた方が良いと思います。

総合評価

見た目が同じでもエピックMAXとエピックMAX FASTでは性格がだいぶ違うものになっています。エピックMAX FASTシリーズとしての整合性は取れているので、同じエピックだからと言って、他のシリーズと混ぜないようにだけ気をつけてください。

おススメ度

エピックMAX LSドライバー試打評価|超絶妙な捕まり具合で平均初速80オーバー|最強のエピックマックスLSドライバー
エピックMAX LSドライバーの試打評価です。前作から素晴らしい飛距離性能だったエピックですが、今作エピックMAX LSではより寛容になって飛距離はそのまま!トラックマンでも安定してキャリー300yを超えます。エピックMAX LSは早くも2021年最高のモデルであることは間違いないでしょう。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ウッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました