ゼクシオ11偽物注意!ゼクシオ真贋試打比較|偽物のゼクシオ11の見分け方を紹介

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

ゼクシオは偽物が多い

ショップの中古買取でも、最も注意が必要なのがゼクシオ。

 

買取価格が高い上に、偽物が多く出回っているからです。実際、ゼクシオの偽物はどの世代にも存在し、種類も多いです。

 

今回は以前ピンG410ドライバーの偽物を買ったところと同じ中国の通販サイトがら購入し、比較してみました。

偽物を購入すること自体は、違法でもなんでもありませんが、結果としてコピー品を製造した悪い人たちにお金が回ることなので、絶対に買わないでください。

 

それでは、画像で比較してみます。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ゼクシオ11の偽物の見分け方

動画はこちら↓

ヘッドカバー

上は偽物。丸っこくなっています。

こちらが本物です。

右が偽物で左が本物。全体的に本物の方が大きいです。これはG410の時も同じでしたね。

ヘッド

上が偽物。ロフトが立っているのと、フェースアングルが本物のゼクシオ11よりもクローズドになっているように見えます。

ソール

最も見分けやすいのがこのパーツ。黒い塗装の仕上げ方が違います。偽物は、さらっとしたつや消し。

本物は、ザラザラした仕上げ。

ネック

右が本物のゼクシオ11、左が偽物。本物の方がネックが太く、2mmほど短いです。

シャフト

上が偽物、下が本物です。グラデーションにの部分が本物の方が凝ってます。

偽物のインターナショナルフレックスコードは4223。

本物は4333です。Sフレックスです。

さらに決定的な違いとして、長さがあります。本物の方が0.5インチくらい(約1.2cm)長かったです。

試打データ

動画の方が分かりやすいと思います。

総評

はっきり言って、G410の偽物よりも良くできています。試打結果の差は明らかではあったものの、破損する気配は全くないですし、打感もよく似せて作られています。

 

ここまでの物が作れるのであれば、自社ブランドを作れば良いのにと思わざるを得ません。

 

何度も言いますが、偽物は買わずに正規販売店での購入をおススメします。ネットだと、正規販売店でなくても出店しています。ネットで買う際はより注意深く見てください。

 

まぁ、私がリンクを貼っているショップは正規販売店のものなので、安心してください(笑)

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
未分類
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました