クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

比嘉真美子プロのクラブセッティング2019|全米女子5位タイのセッティング

スポンサーリンク
女子プロのセッティング
スポンサーリンク

昨年はツアー1勝ながら賞金総額1億円超えのランク5位で終え、今波に乗っている比嘉真美子プロ。

 

2019年の全米女子オープンでは、5位タイに入賞したりと好成績を残しています。やはり、海外で通用するのは安定してた飛距離と正確なショットが要因でしょう。

 

そんな比嘉プロのショットを支えるクラブセッティングをさっそく深読みしていきましょう。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

比嘉真美子プロのクラブセッティング

番手ブランドシャフト
1WピンG410Plus10.5°ディアマナDF50(S)
3WピンG410LST 14.5°ピンツアー173-65(S)
5WピンG410 17.5°ピンツアー173-65(S)
UTピンG410ハイブリッド22°ピンツアー173-85(S)
5I~PWピンi210N.S.PROプロトタイプ(R)
AW、SW、LWピン・グライド2.0フォージド52°/56°/60°N.S.PRO.950GH(R)/60° N.SPRO1050GH(R)/52°、56°
パターピンヴォルト2.0 クレイジーH不明

昨年と比べるとウッド関係がニューモデルに一新されているくらいで大きな変更はなさそうです。

 

筆者の深読み

ドライバー

ドライバーは、ピンG410プラスです。

G410プラスを試打&評価|しぶこ愛用のG410プラス|カタログに載っていない魅力満載のドライバー
ピンG410プラスドライバーの試打レビューです。今回のレビューではピンツアー173-65(S)と注目のテンセイCKプロオレンジの両方を試打しました。シャフトによって変幻自在に弾道を変えられる上に、ギミックも効果抜群で感動するほど楽しいドライバーでした。

 

昨年のセッティングではG400LSTの10°でした。今年は9°になっています。

 

実は、シャフトも変更しています。昨年はピンツアーの65Sを使用していましたが、2019年のセッティングではディアマナDFの50Sを入れています。

ディアマナDF試打データ付き評価|前より易しい新世代ディアマナ
ディアマナDF60Sの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着してデータ計測を行いました。ディアマナの新シリーズの飛距離、スピン量、安定性など全てをデータをもとにレビューしています。伝統のハードコアモデルはどう進化したのか!?

 

ポイントとしては、重量でしょう。ピンツアーの重量よりもディアマナの50g台の方が軽く柔らかいです。

 

ロフトを9°に変更しているのもあるのでシャフトで少しスペックを落としたのでしょう。ただ、キックポイントはピンツアーと同じ中元なので、そこでバランスが取れているのだと思います。

 

ウッド

ピンG410LST FW試打&評価|脱ひっかけ!強弾道の直線番長
ピンG410LST FWの試打&評価です。強い弾道で、叩いていけるハードなフェアウェイウッドです。渋野日向子選手や比嘉真美子選手が使用するのも納得のハイスペックなフェアウェイウッド。
G410STD/G410SFTフェアウェイウッド試打データ付き評価|ドライバーとの相性抜群
G410プラス/G410SFTフェアウェイウッド試打レビューです。G410ドライバーと同様の関係性を維持して作られた完成度の高いフェアウェイウッドです。飛距離も見逃せません。また、セッティングの幅はそこまで広くないもののキャパがあるのでセッティングを煮詰めたら最高でしょう。

黒いのがLSTで、3番ウッドのみのラインナップです。

 

シャフトは昨年と同じピンツアーの65S。度数も同じですから、単に新しいモデルにしたということです。

 

ウッドのセッティング自体はややハードスペックです。比嘉真美子プロはかなり飛ばすのでこのくらいでも振れるのでしょう。

 

ハイブリッド

G410ハイブリッド試打データ付き評価|フィッティング次第で化けるハイブリッド
G410ハイブリッド試打レビューです。17°から30°まで5種類のロフトが選択可能です。ハードなカーボンシャフトから軽量スチールまで取り揃えています。松山英樹が使用していると噂のハイブリッドをレビューします。

 

ハイブリッドも、ピンツアーのシャフトを組んでいます。所謂吊るしのスペックで、4番ユーティリティです。

 

アイアン

i210を5番からPWまで入れています。ヘッドは去年と同じですが、シャフトが950のRからプロトタイプのRになっています。

 

このプロトタイプが果たして950系なのか新たなモーダス(最軽量モデルとか?)なのかは不明ですが、シャフトだけ変えているのでたぶん950ベースだと思いますけど。

 

同じピン契約の鈴木愛プロと似たようなセッティングになっていますね。

 

※最新情報では、現在はブループリントを7番からPWまで入れていて、5番と6番にi500を使用しているようです。

 

i500はこちら。

ピンi500アイアン試打データ付き評価|中空ブレードで飛距離アップを狙え!
ピンi500アイアン試打データ付き評価です。中空構造を採用したブレードデザインで、飛距離と見た目のかっこよさを両立。ピンのアイアンらしくバウンス角をしっかり付けていて見た目に対して易しいのが特徴です。ぜひ試打してほしいおススメのアイアンです。

 

ウェッジ

ウェッジはモデルも度数も変更してきました。

 

昨年使用していたのはグライド2.0ステルスというモデルだったのですが、2019年のセッティングにはグライドフォージドを入れています。

このようなデザインカスタムが可能なウェッジで、比嘉真美子プロもピンのキャラクターがプリントされたカスタムを使っています。

 

度数は、昨年の50°、54°、58°から二度ずつ寝かせた三本に。

 

ただ、ヘッド重量は全く同じものなので戦略変更のための度数選択でしょう。

 

パター

パターも新モデルに変更しています。

昨年はダブルワイドのピンタイプでしたが、2019年はマレットタイプにしています。ただ、シリーズとしてはVAULTなので、ヘッド重量が3タイプから選択できる仕様です。

 

比嘉真美子プロのセッティングは…

ハードスペックです。

 

ドライバーやアイアンのスペックは少し易しくなっていますが、それでも女子プロとしてはかなりヘッドスピードを必要とするセッティングだと感じました。

 

海外でも通用するショットの持ち主ですから、これからも国内外での活躍に期待ですね。

渋野日向子プロのクラブセッティング|全英覇者&1億円プレーヤーのセッティング
渋野日向子選手のクラブセッティングを解説します。深読みが過ぎる部分も多いですが、中々興味深いクラブセッティングであることは確かなのでぜひチェック!渋野日向子選手のヘッドスピードは男性アマより少し速いくらいなので参考に出来そうなセッティングだと思います。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
女子プロのセッティング 未分類
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました