クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

弾道計測アプリGolf Boyの使用感レビュー|iPhoneで弾道計測できるアプリ

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

国産弾道計測アプリ

弾道計測デバイスも最近は様々な種類が出ていて、年々価格も安く、精度も高くなっています。

その一方で、アプリの開発競争も盛んになっていることも現実です。今回は、Golf Boyという日本製アプリを紹介します。

こちらは、YouTubeでもまとめていますので詳しい使い心地はそちらで確認してもらえると良いかと思います。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

データの精度とフィーリング

アイアン

まずは、アイアンを3球。

 

かなりの差があると思います。

次はキャリーで7yの差になります。初速は2.4m/sの差でした。

イマイチ安定しませんね。

ドライバー

こちらはキャリーで2yの違いです。ドライバーは割と似た数字が出るかも。

キャリーで8y、Golf Boyの方が飛んでいます。

次はドライバーのハーフショット。これは、ある疑いを確かめるために計測してみました。

今度は、キャリーでGolf Boyの方が飛びませんでした。

Golf Boyとmevoを比較して

Golf Boyをまとめるとこんな感じです。

  • GolfBoyはエラーが多い
  • 速いクラブほど計測できない
  • スピンが考慮されず打ち出し方向から大きく曲がらない
  • セッティングが面倒
  • 設置場所が打つときに邪魔になる

セッティングのポイント

Golf Boyは、1.2mほどの三脚にのせてセットします。

ボールの前方に置くため、若干目障りです。あとは、前の打席に入ることになるので迷惑になりかねません。

このようにカメラが少し下になるように(打球方向を向くように)置いてください。この時、画面が左右に向かないようにすると、計測の際に打ち出し角がずれにくくなるように思います。

実用的か

正直、使い物にならないです。

もちろん、私のiPhoneがiPhone8であることも少なからずあるとは思いましたが、広角のカメラを搭載した最新モデルもあまり良くないとアプリの説明にあったので、そのあたりは2か月の無料期間で確かめてみると良いかなと思います。

‎Golfboy
‎Golfboy(ゴルフボーイ)は、iPhoneを利用したゴルフの打球計測アプリです。 iPhone単体で計測できるため、三脚さえあれば誰でも手軽に利用することができます。 画像解析技術により、飛距離、ボールスピード、打ち出し角度、クラブ速度などをリアルタイムに計測します。 弊社がこれまで行ってきたプロスポーツ解析の...

まとめ

今後改善されることに期待したいです。私のようなハードヒッターは計測エラーがたくさん出るのでやはりmevoのようなものが良いかなと思います。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
未分類
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました