必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

クラブは20年でどれだけ進化した?|SiMとMAVRIKで試打検証!!

未分類
LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

ドライバーとボールの進化

毎年新作が出るのが当たり前になっているゴルフ業界ですが、毎モデル劇的に進化しているわけではありません。

 

実際、私の試打記事でも前作から飛距離が落ちたモデルは多く、1yでも飛距離が伸びれば褒めるに値します。

 

また、それに伴ってボールも進化しています。

 

以前糸巻きボールを打った時、良い当たりだったにもかかわらず20y近く飛距離が劣っていたこともあります。

 

今回は、約20年前のボールとドライバー、2020年モデルの最新モデルのドライバーをテーラーメイドとキャロウェイで比較試打してみました。

 

SiM VS R300Ti

【まだ信じてるの?(笑)】20年でクラブとボールがどれだけ進化したか?SiMとR300Tiを試打比較!

R300Tiの試打データ

SiMの試打データ

約20yの差が出ました。

 

大きな違いは初速ですね。2m/sほどSiMの方が速いです。

 

MAVRIK VS ERCⅡ

【あなたは信じる?】20年のクラブの進化を検証!MAVRIKとERCⅡを試打比較!!

ERCⅡの試打データ

MAVRIKの試打データ

ERCⅡが思いのほか飛んでいましたが、マーベリックも中々良い数字でした。

 

こちらも初速の差が大きく、飛距離に直結しています。

 

また、打ち出し角もマーベリックの方がやや高いのが分かります。

 

考察

20年での違いは、約20yということが私の実験では分かりました。

 

つまり、数年差程度では目に見えた飛距離の違いは現れないということになります。

 

今のクラブで飛ばすのは非常に簡単で、スイートエリアの広さは正直段違いでした。

 

こんなに恵まれたギアが開発されているのでゴルフはより簡単に、より楽になっているというのは明らかです。

 

しかし、この違いを享受できるのはどれだけの層なのかは不明。

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
未分類
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました