必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ドライバーシャフトの“チップカット”か”バットカット”、どちらにすれば良い?

クラブ選びの基礎

チップカットとバットカット

少しシャフトについて知っている人なら、チップカットとバットカットについて考えたことが一度はあると思います。

 

今回は、それらの違いをデータをもって検証してみたいと思います。

 

使用したのはモトーレスピーダー661Sです。チップカットは、バットカットに比べて1.5インチチップ側をカットしています。

専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打クラブスペック

バットカット

  • 43.5インチ
  • 319.7g
  • バランスC7

チップカット

  • 43.5インチ
  • 320.0g
  • C7

こんな感じで、バランスや重量はほとんど同じという結果になりました。チップカットはバランスや重量はそのままで、硬くできるということになりますね。

試打データ

タイプバットカットチップカット
ボール初速75.7m/s75.4m/s
平均キャリー277.5y278.0y
最大キャリー283.5y281.3y
平均バックスピン2114rpm2297rpm
平均打ち上げ角13.5°13.8°

ここまで見事に揃ってしまうとは思ってもいませんでした。スピン量の差がやや大きいようにも思いますがプロでもない私が打ってこの程度の差なので、ほとんど同じと認めて問題ないと思います。

また、最大距離に関しても同等と評価できると思います。

フィーリングの違い

驚いたのは、フィーリングの違いです。

チップカットは硬くなるという認識はあったのですが、厳密に比較したのは初めてでした。

 

イメージ的には、6Sが7Sになるくらいの硬さの違いがあります。2スペックから3スペック分くらい硬くなると思ってください。

わざわざ軽硬のシャフトを買わなくてもチップカットして短尺にするだけで再現できるので有効な手段だと思います。

総評

短尺化におけるチップカットの是非は分かりません。短尺にする時点でシャフトは硬くなりますので。

ただ、バランスをカット前と同じにしたい、それでいてシャフトのしなり具合を維持したいのであればヘッドのウェイトアップとチップカットをセットで実施しても良いでしょう。

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
クラブ選びの基礎 シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました