ジアッタス|マミヤの新シャフト試打データ付き評価|ジアッタス軽く300ヤード!!

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ジアッタス登場!!

秋シーズンに各シャフトメーカーから新作が登場し、マミヤからは奇抜なデザインのThe ATTAS(ジアッタス)が投入されました。

 

シャフトメーカーとしては、ツアーADや三菱などの世界的メーカーほどの知名度がなく、使用している人も少ないのが現状。

 

いつもふざけたネーミングをすることで有名ですね(笑)

 

ジアッタスはどんなシャフト?

重量63g
トルク3.6
キックポイント

基本的に試打レビューをするのは6S です。トルクはディアマナDF6SやスピーダーエボⅤ661とほぼ同じ数値ですね。

 

数字を見る限り何の変哲もありません。しかし、振ってみるとこれが面白いんです。

 

ジアッタス試打データ

ヘッドスピード52.1m/s
平均キャリー279y
平均トータル300y
平均サイドスピン263rpmフェード
平均バックスピン2604rpm
平均打ち出し角+0.7
左右ブレ+19y

ヘッドはM3・440を使用。

素晴らしい数値で、しかも結構扱いやすい。特徴はしなり感です。

 

振っている最中にヘッドがどこを通っているかが良く分かるので、打感が非常に気持ちが良いです。

 

サイドスピンは全てフェードで50~579rpm(4球)に収まっています。ヘッドスピードは重さに対してよく出ていますね。

 

元調子だとここまでは伸びないでしょう。

 

ヘッドを選ばない八方美人

実は今回、M3のほかにM4、TS2、TS3でも試打を行いました。どのヘッドでもうまく打てたので、驚きました。

 

同じ中調子でもツアーADはヘッドと合わないことも多くセッティングが難しいです。ところが、ジアッタスはどのヘッドでも少ないサイドスピンを示し、安定した弾道です。

 

データチャート

サイドスピンの少なさは素晴らしいが、バックスピンはそこまで減らないので7点。易しいけど、しなりすぎないという絶妙な感触です。

 

また、ヘッドを選ばないというのは意外と珍しく、セッティングのしやすさに繋がるでしょう。

 

総評

ジアッタスを試打してみましたが、かなり好印象です。デザインは正直かなり好みが分かれるところだと思います。私は割とアリかなと(笑)

 

サイドスピンの少なさとしなる気持ちよさは他のメーカーにはない独特な感触なのでぜひ試打してみてください。

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました