クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

スピーダー661エボリューションTS試打&評価|超低スピンの叩けるスピーダー

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ダスティン・ジョンソン御用達

世界トップレベルのプレーヤーであるダスティン・ジョンソンが現在使用中のVENTUSの前に使用していたのがスピーダーエボリューションTSです。

 

今回試打したものとは少し違い、スピーダー661エボリューションTS2.0というのが彼が使うスペックで、60g台後半の重量と2.8という低トルク仕様なので実は別物。

 

それでも、市販化されたエボリューションTSも味付けは似ており、ハードスペックには変わりありません。

 

それでは試打データから見ていきましょう。

 

試打データ

ヘッドスピード54.3m/s
平均キャリー311y
平均トータル335y
平均サイドスピン235rpmドロー
平均バックスピン2201rpm
平均打ち出し角-0.4°
平均打ち上げ角15.1°
最大の高さ47y
落下角度43°
左右ブレ-20y

ヘッドはエピックフラッシュサブゼロの9.0°。

 

このドライバーを打つ前にアイアンをしっかり打っていたので、ヘッドスピードがかなり速くなりました。

 

まぁそれにしても、特徴はしっかり現れています。

 

まずは、バックスピンの少なさ。“叩けるスピーダー”というのがこのシャフトの謳い文句ですから、まさにその通り。

 

打ち上げ角は15°で標準的。

 

最高飛距離はキャリーで315y。これだけ振っても吹かないのは素晴らしいです。

 

実は、661エボリューションTSのトルクは4.2で、割としなやか。振り心地は鈍いというかぼんやりしていますが、弾道は低めで理想的。

 

ビジュアルで見る弾道

弾道のブレは少なく、好印象。

横から見ても弾道の歪みは全く見られず、直進性が高いのは評価したいところ。

 

デザイン

カラーはグレーで、文字が赤。エボリューションのロゴは他のエボシリーズと別のものになっています。

 

エボリューションシリーズにしては地味でシンプルなデザインですね。

 

フィーリング

方向性はテンセイCKプロオレンジに似ています。

 

打ち出し角もしっかりコントロールできるくらいの先端剛性で、それでいて右に飛んでいくほどでもない適度な捕まり感。

 

テンセイCKプロオレンジはパリッとしているのですが、スピーダーエボリューションTSはもったりしています。

 

硬めなシャフトが好きな人にはあまり好まれないフィーリングだと思います。硬めにしたいならテンセイCKプロオレンジか、ダスティン・ジョンソン仕様のTS2.0を選択すると良いでしょう。

 

データチャート

性能は抜群。

 

フィーリングも個人的には好みでしたが、他に似ているシャフトが無いので試打できないのが痛いところ。

 

ハードヒッターで球を低く抑えたい、だけど重くするのは嫌だというひとにはピッタリです。

 

総評

おススメです。

 

VENTUSよりもスピンは少ないですが、振りやすさはエボリューションTSの方が良いです。

 

決して易しいとは思いませんが、テンセイCKプロオレンジやVENTUSを使う勇気はないという人は是非。

 

おススメ度

アルディラローグブラックリミテッドエディション試打&評価|ヘッドスピード45以上で短尺にするのにおススメ
アルディラローグブラックリミテッドエディションの試打&評価です。絶対に左のミスをしたくない、それでいて短尺に興味がある方は是非試打してほしいシャフトです。USツアーで人気のアルディラのハイエンドモデル、ローグブラックリミテッドエディションは捕まりと弾道の高さを抑えた仕様でハードヒッターにかなりおススメできるシャフトでした。
ディアマナTB試打&レビュー|超飛ぶ新コスメのディアマナTBは何が進化したのか
ディアマナTBの試打&レビューです、青マナの最新作であるディアマナTBは前作と比べてややマイルドで万人受けな振り心地になりました。飛距離性能、安定性ともに素晴らしいの一言です。特にハードヒッターの方にはお勧めのシャフトです。
スピーダーエボリューション7試打&レビュー|強烈な走り感と飛距離性能の向上で万人受けのスピーダーエボ7
スピーダーエボリューション7の試打&レビューです。エボ7は先中調子にしては低めの中弾道で最大キャリー301yの飛距離性能の高さを実現しています。初心者から卒業したい人にとっても扱いやすいシャフトになっています。エボ7なら多くの人にとってメリットのあるシャフトになるでしょう。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました