必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

スピーダーTRハイブリッド試打評価レビュー|ウッド用と同じ振り心地のハイブリッド用TR

シャフト試打

硬いスペックがお好きな方へ。

スピーダーTRはツアー向けに開発された高い先端剛性でハードヒッター向けのシャフトです。

確かに、スピーダーのシリーズの中でも硬く、引っ掛けのミスが出にくい仕様です。今回試打したスピーダーTRハイブリッドはそれにマッチするように開発され2019年に登場したハイブリッド用シャフトです。

 

ハイブリッド用シャフトは、これまでそこまでハードなシャフトは多くありませんでしたが、テンセイCKプロオレンジなどのハイブリッド用が登場したことでハイブリッドにもカーボンの硬いスペックを、という動きが増えているように思います。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

試打データ

スピーダーTRハイブリッド75S×ピンG410 22°

ヘッドスピード49.5m/s
ボールスピード65.6m/s
平均キャリー224y
平均トータル237y
平均サイドスピン393rpmドロー
平均バックスピン4406rpm
平均打ち出し角2.0°
平均打ち上げ角18.7°
最大の高さ51y
落下角度51°
左右ブレ-4y

一番軽いスペックのスピーダーTRハイブリッド75Sでも十分に硬いと感じるフィーリングです。

飛距離はまずまずの224y、最大でキャリー230yでした。スピン量は4400rpmと普通。軽い割には振れるのでヘッドスピードも上げやすいです。

方向性はドローで、この辺りもウッド用のスピーダーTRと似ています。

スピーダーTRハイブリッド85S×ピンG410 22°

ヘッドスピード50.8m/s
ボールスピード70.7m/s
平均キャリー233y
平均トータル245y
平均サイドスピン432rpmドロー
平均バックスピン5159rpm
平均打ち出し角0.0°
平均打ち上げ角15.7°
最大の高さ51y
落下角度51°
左右ブレ-13y

スピーダーTRハイブリッド85はさらに硬く、思い切り振ってもブレなかったです。

初速70m/s超えはハイブリッドとしては異常です(笑)

ヘッドスピードを上げたのでスピン量はやや増えましたが、ボリュームゾーンは4700rpmくらいでした。

サイドスピンも安定してドロー、ボリュームゾーンは75と同じ300rpm前後なので曲がり幅もハイブリッドなりです。

最大キャリーは驚異の236yです。

ビジュアルで見る弾道

黄色が75、白が85です。

曲がり幅は同じなのであまり弾道の違いはありません。高さも落下角も同じなので、フレックスによる違いは振り心地がメインという印象です。

スピーダーTRハイブリッドはアイアンのように打てるので距離がずれにくいです。

スピーダーTRハイブリッドのスペック

今回試打したのは最軽量の75と85でした。スピーダーTRハイブリッドはさらに95と105が存在します。

ですが、105がトルク2.1に対し75が2.5なので、剛性感は軽量なスペックでも十分に感じることが出来ます。

正直飛距離とかを考えると85がおいしいかなと。105までいくとおそらく激硬になるのでプロジェクトXユーザー出ない限り必要ないでしょう。

 

トルクも低いですが、特に振動数的な硬さを強く感じるのでハイブリッドにありがちな引っ掛けミスは出にくいです。

データチャート

ハイブリッド買うならスピーダーTRハイブリッドを入れようかなと思うほどよいシャフトでした。捕まるセッティングならスピーダーTRハイブリッド、捕まらないセッティングならGOSTって感じです。

総評

ハイブリッド用シャフトは案外無難で特徴のないモデルが多い中、スピーダーTRハイブリッドは癖があります。ただ、かなり需要のありそうな雰囲気があるので試打する機会があれば是非打ってほしいです。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました