必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

スピーダーSLKタイプD試打評価|完成度高い短尺ドライバーを作るならまずはこれ

シャフト試打

短尺専用シャフト

短尺といえば私なわけですが、短尺用シャフトといえばスピーダーSLKです。

スピーダーSLKは短尺専用に作られたシャフトで、そこまで著しいブームにはならなかったものの、一定数のファンを獲得していると私は感じています。

今回特集するのは、その第二弾として登場したスピーダーSLKタイプDです。通常のSLKよりも飛距離が出るように高弾性カーボンを使用して、全体的にはしなやかにチューニングしたシャフトという前評判です。

今回は試打データはとっていませんが、試打を行ったのでフィーリング重視で解説していきたいと思います。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

スピーダーSLKタイプDの概要

スピーダーSLKタイプDは、短尺専用設計のシャフトです。

特徴は、通常のスピーダーSLKに比べてロートルクに設計したという点です。これによって、切り返しでの素早い動きが感じられます。それでいて、シャフト全体のしなり量はタイプDの方が多いように感じられるので総合して上手く仕上がったシャフトといえます。

さらに、先端部に高弾性のトレカT1100Gを積層させて剛性アップを図っています。

これらがスピーダーSLKタイプDがSLKから変更された点です。シャキシャキした切り返しを狙っているように思います。

スピーダーSLKタイプDとスピーダーSLKの違い

フジクラではこのようにスペックの違いを表記してくれています。スピーダーSLKタイプDは振動数が小さい=柔らかく、トルクがかなり小さい=捩れが少ないですね。重量はほとんど同じではありますが、シャフト超が45インチなので、重くなっています。

40でほぼ50gなので、スペックを選ぶ時は軽い方を選んでみてください。

スピーダーSLKタイプDのデザイン

タイプDのコスメはオレンジで、タイプDの文字はなぜか手書き風。理由は不明。

今回の試打スペックは60ですが、重量は結構あります。そして、スペックが重量になっている(SとかXがない)のもスピーダーSLKタイプDの特徴ですね。

スピーダーSLKタイプDの方向性

スピーダーSLKタイプDの方向性は、少しドロー系でした。

通常のSLKよりもタイプDの方が少し打ち出しが右になりやすくて、扱いやすい印象です。これは、タイプDの方が先端剛性が高いというのが効いているように感じます。

弾道の高さは、大体同じでやや低めになります。

スピーダーSLKタイプDの良いところ

ズバリ初速性能です。

この日同じ長さのシャフトを他にも3種類ほど試したのですが、スピーダーSLKタイプDだけは1m/s以上速かったです。

43.25インチで、ユピテルの簡易計測器で初速77m/sを下回ることはなく、最高で78m/s出ました。初速を出すのが簡単とは言えない短尺にはありがたい特性。さすが短尺専用設計です。

他の製品と比較すると

このチャートで言えば、スピーダーSLKタイプDの位置はスピーダーSLKの右下、ジアッタスの左くらいかなと思います。

短いことで低くはなりますが、それを考慮するとしっかり高さが出ているという判断です。

ニュートラルな特性なので、あまりヘッドは選びません。特にヘッド重量も気にせず組めるしなやかさだと思います。

データチャート

 

スピーダーSLKタイプDは総合力が高いシャフトだと思います。スピーダーSLKが案外評判が良いので、てっきり攻めた設計にしているのかと思ったのですが、良い塩梅に仕上がっていると思います。

短尺に厳しい私も納得の短尺専用シャフトです。若干値段が高いのがネックですが、それ以外は万人受けすると思います。

総合評価

良いシャフトでもニッチすぎたり、難しいモデルは結構ありますが、スピーダーSLKタイプDは多くの人にお勧めできる良いシャフトだと評価しています。

先端剛性を上げたけど、全体のしなりを増やしたりとセッティングの上で私がよく行う「相殺」という作業をシャフトの中で完結させています。どうしても駄作が多くなりがちな2作目を上手く出したなと感心しております。

おススメ度

スピーダーSLK試打&評価|短尺専用シャフトは本当に短尺のメリットを残しているのか
スピーダーSLKの試打&評価です。短尺専用シャフトのスピーダーSLKは果たしてどんなシャフトなのか解説しています。自分自身43インチの短尺シャフトを使用しているので厳しめに検証してみました。スピーダーSLKを検討している方は必読です!!
スピーダーエボリューション(初代)試打&評価|飛距離アップを目指したエボシリーズの初代となるモデル
スピーダーエボリューションの試打&評価です。スピーダーエボリューションシリーズの初代であるこのモデルを試打して、データ分析をしながら特徴やフィットする人を解説します。初代スピーダーエボリューションは多くの人にフィットする癖の少ない特性と、ヘッドスピードが上がりやすいことから、飛距離アップにつながること間違いなしです。
スピーダーエボリューションⅡ(2)試打&評価|ハイフェードで飛ばせるスピーダー
スピーダーエボリューションⅡの試打&評価です。個人的にスピーダーエボリューションシリーズの中で最も難しいのがこのエボⅡ。中調子で、中弾道のフェードイメージのシャフトです。フェードで飛距離の出せる数少ない価値あるシャフトだと考えています。
スピーダーエボリューションⅢ試打&評価|ストレートに近いドローを狙う
スピーダーエボリューションⅢの試打&評価です。先中調子ながら極端な捕まりでは無く、弱いドローがかかるシャフトです。歴代モデルの中ではエボⅢはそこまで飛ぶシャフトではありませんが、安定感はあり、難易度も低いです。
スピーダーエボリューションⅣ試打データ付き評価|低スピンのスピーダー
スピーダーエボリューションⅣの試打レビューです。ストレートボールを打つことが出来る強弾道スピーダーです。中調子とは思えないほどしっかりとした振り心地で上級者の人でも楽しんで打てるでしょう。
スピーダーエボリューションⅤ試打データ付き評価|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメ
スピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはかなり低弾道でドローが打てる仕様。筆者は変態なのでスイング強制用のシャフトとして評価しています(笑)。
スピーダーエボリューションⅥ(6)試打&評価|スピーダーっぽくないハードな振り心地
スピーダーエボリューションⅥ、6世代目のスピーダーの試打&評価です。偶数の中調子のシャフトで、様々なヘッドと組めそうな癖の少ないシャフトです。振り心地はスピーダーらしからぬハードなイメージです。スピーダーTRを使っている人がもう少し捕まえたいならこのシャフトでしょう。
スピーダーエボリューション7試打&レビュー|強烈な走り感と飛距離性能の向上で万人受けのスピーダーエボ7
スピーダーエボリューション7の試打&レビューです。エボ7は先中調子にしては低めの中弾道で最大キャリー301yの飛距離性能の高さを実現しています。初心者から卒業したい人にとっても扱いやすいシャフトになっています。エボ7なら多くの人にとってメリットのあるシャフトになるでしょう。
スピーダー(SPEEDER)NX試打評価|最高のスピーダーシリーズの始まりです!SPEEDER NX
スピーダーNXの試打評価です。エボリューションシリーズが終わり、新たなシリーズとなったスピーダーNX。USフジクラのようなデザインと、しっかりとした振り心地が魅力的。スピーダーNXはまた市場を席巻するのか!
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました