クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

スピーダーエボリューションⅤ試打データ付き評価|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメ

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

奇数スピーダーの最新作

スピーダーエボリューションシリーズの奇数のモデルは、先中調子の捕まるシャフトです。

 

今回レビューしていくエボリューションⅤもその流れの先中調子で、トルクは3.7。エボリューションシリーズはだいたいこのくらいのトルク値ですね。

 

見た目は薄い青色で、金色の字。40g台から70g台まで用意されています。また、Ⅲ以降のモデルはフェアウェイウッド用のシャフトが設定されています。

 

FW用は、フェアウェイウッドの長さでバランスが出るようにしているので、きれいなフローになるだけでなく、同じ振り心地なのでスピーダーで組むならぜひFWも同じようにセッティングすることをおススメします。

 

試打データ

ヘッドスピード52.2m/s
平均キャリー277y
平均トータル308y
平均サイドスピン357rpmドロー
平均バックスピン2064rpm
平均打ち出し角-1.2
平均打ち上げ角9.6
左右ブレ-30y

 

やはり捕まりますね。実はエボリューションⅣと同時に打ち比べたのですが、ここまではっきり感じるくらいの差には驚きました。

 

打ち出しから左に飛んでいるのが分かると思います。サイドスピンも平均で357rpm。最大で589rpmでした。

 

また、もう一つの特徴として弾道の低さが挙げられると思います。打ち上げ角がロフトとほとんど同じ9.6°とローグ並みに低く、バックスピンも2000rpmを少し超える程度。

 

もちろん、ドローはバックスピンがかかりにくいのでこちらは特別なことでは無いのですが、両立しているという点がシャフトとしての特長でしょう。

 

全体的にかなり左に集まるので、スライサーにはピッタリです。

 

風に負けないドロー

私が考えるスピーダーエボリューションⅤの一番の特徴は、捕まりではなく弾道の低さだと思います。

 

ドローボールを作るとき、基本的に右に打ち出すのでロフトが寝やすいです。よって、ドローを練習し始めのころは高めの弾道になりやすい。

 

そこで、エボリューションⅤのようなシャフトを入れることで安心して右に打ち出す練習ができるようになります。

 

データを見て分かる通り、ドロー回転がしっかりかかって戻ってくるという安心感もあると思います。

 

エボリューションⅤはゴールではない

フィッティングには何種類かあって、最も一般的なのが現状に合わせる方法。量販店のフィッターがやるようなものです。

 

もう一つは、伸びしろを計算したフィッティングです。こちらは、量販店のスタッフだとクラフトマンクラスの経験値を有した者しかできません。

 

今回試打して思ったのは、エボリューションⅤは後者のフィッティングの領域だということです。

 

トルクも3.7と純正に比べたらかなりしっかりしていますし、弾道も低いので現状合わせも可能ではあると思います。

 

しかし、エボリューションⅤの良さを最大限使うなら、「スイング強制用」シャフトとして使うのがおススメです。

 

硬いシャフトを走らせる感覚って、案外難しくて、純正のシャフトを打っているだけではなかなか身に付きません。ですから、こういったシャフトでその感覚を養うと良いでしょう。

 

データチャート

全体的に微妙な評価をしてしまいましたが、個別に見ていくとそんなことはありません。まず、飛距離は最大キャリーで286y出ています。平均するとそこまで飛びませんが、慣れてくればその範疇ではないでしょう。

 

安定性に関してはスイングタイプによると思います。

 

スピン量は、捕まるとはいえ平均で300rpm台なので極端に捕まるわけでは無く優秀です。ただ、たまにドロップするくらい低いボールが出るのでそこは注意してください。

 

総評

結論としては、低弾道がエボリューションⅤの最大の特徴であること、スイング強制用(ドローを打ちたい方向け)に最適だということです。

 

おそらく、この記事で初めて知ったことも多いと思います。スイング強制用に一本クラブを作るなんてする人は稀ですから。

 

ですが、非常に効率的なので是非検討してみてください。

 

おススメ度

 

スピーダーエボリューションⅣ試打データ付き評価|低スピンのスピーダー
スピーダーエボリューションⅣの試打レビューです。ストレートボールを打つことが出来る強弾道スピーダーです。中調子とは思えないほどしっかりとした振り心地で上級者の人でも楽しんで打てるでしょう。

 

テーラーメイド用

 

タイトリスト用

 

ピン用

 

キャロウェイ用

 

スピーダーSLK試打&評価|短尺専用シャフトは本当に短尺のメリットを残しているのか
スピーダーSLKの試打&評価です。短尺専用シャフトのスピーダーSLKは果たしてどんなシャフトなのか解説しています。自分自身43インチの短尺シャフトを使用しているので厳しめに検証してみました。スピーダーSLKを検討している方は必読です!!
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] スピーダーエボリューションⅤ試打レビュー|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメスピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはか […]

  2. […] スピーダーエボリューションⅤ試打レビュー|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメスピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはか […]

タイトルとURLをコピーしました