必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

アルディラローグブラック130M.S.I.試打評価|カウンターバランスでフェードが打てるレア特性

シャフト試打

アルディラローグのフラッグシップ

アルディラブランドで有名なモデルといえば、このローグシリーズではないかと思います。以前このサイトでもローグブラックのリミテッドエディションを特集しましたが、今回紹介するのは、ローグブラック130MSI。リミテッドの方は110MSIなので、少し違います。

この記事では、試打データを元にアルディラローグブラックを評価していきたいと思います。

アルディラRIP X試打評価|コスパ抜群のハードヒッター向け“激硬シャフト”!
アルディラRIP X試打評価です。アルディラから発売された、ハードヒッター向けシャフトのRIP Xを特集します。高い振動数と先端剛性の割には振り心地は穏やかで、飛ばしにも向いた特性を持っています。アルディラRIP Xの振動数と試打データなどを含めて評価していきます。
LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

アルディラブラック130MSIとは

アルディラローグブラック130MSIは、アルディラシリーズの中では、おそらく最もボリュームゾーンを狙ったコンセプトではないかと考えられます。

メーカーHPには、中高弾道で程よく捕まる特性と、ハイバランスポイント=手元重心設計が特徴です。

ローグブラック130MSIのコスメは、真っ黒。当たり前だろと突っ込まれそうですが、リミテッドは半分白かったので、私的には大事です(笑)

試打データ

ヘッドスピード54.5m/s
ボールスピード77.1m/s
平均キャリー293y
平均トータル312y
平均サイドスピン192rpmフェード
平均バックスピン2925rpm
平均打ち出し角-5.2°
平均打ち上げ角16.3°
最大の高さ57y
落下角度49°
左右ブレ-16y

アルディラローグブラック130MSIと組み合わせたヘッドは、ピンG425LSTの9°です。平均キャリーは293yで、最高飛距離はキャリー299yとなりました。この時のバックスピン量が2438rpmなので、スピン量は普通くらいです。

純正のピンツアーやベンタスブルーと同じくらいのスピン量。

方向性はフェードですが、かなりサイドスピンが少ないので、とても好印象。ストレートに近い弾道が出ると思います。

弾道が高く、平均で57yになりました。打ち上げ角度もやや高いですし、スピン量が増えやすい特性があると思います。

ただ、吹き上がっている感じは全くありませんので、ただ弾道が高いと言うだけの話。

ローグブラック130MSIのフィーリング

今回はアルディラローグブラックの60TXを試打したのですが、フィーリングは硬めです。

このブラックは全体的に硬いです。なので、万人受けするとは考えにくいちょっとハードな仕様と言えそうです。ローグブラックは試打データに対してギャップがある振り心地ですね。

ローグブラックとホワイトの違い

同じローグシリーズにはホワイトと言うモデルも存在します。

違いをまとめるとこんな感じ。

  • 方向性(ローグブラックはフェード、ホワイトはドロー)
  • 剛性分布(ホワイトは先端剛性高め)
  • 振り感(ローグブラックはHS上がりやすい)
  • スピン量と弾道高さ(ローグブラックはスピン多め弾道高め)

まぁ似ているのは硬さだけですね。それ以外は全く異なるシャフトです。

このチャートだと、ローグブラックリミテッドが右端にありますが、ブラック130MSIはベンタスブルーよりも少しだけ左あたり。

完全版はこちら。

アルディラローグブラック130MSIに合うヘッド

アルディラローグブラックの特徴はカウンターバランスですが、別に重いヘッドでなくても良いかなと思います。打ち上げ角も確保しやすいので、浅重心のモデルの方がスピンが減って飛ぶと思います。

このチャートでいえば、マーベリックやTS4あたりがお勧め。ローグブラックのシャフト自体の方向性はマイルドフェードなのであまり方向性でヘッドを選ぶ必要はないかなと思います。フェードが強くなるほどバックスピンは増えますのでご注意ください。

アルディラローグブラック130MSIが合う人

難易度はそこまででもありません。捕まえたフェードを打つのもローグブラックなら出来そうな感じがするでしょう。

ヘッドスピードは特に問いませんが、オーバースペックになるとスライスが出ますので、スペックはそれを基準に選んでください。どちらかというと、「これが出ないように」ではなく「こんな球を打ちたい」と言うのをベースに選びましょう。

  • フェード向け
  • スピンは多め
  • 弾道は高い
  • ストレートが作れる

データチャート

安定性が特に高評価ですが、最高キャリーで300y近い数値が出ているので、飛距離性能も決して悪くはないです。スピン量は合う合わないである程度評価は変わると思いますが、このスピンのかかり方なら裾野が広いかなと考えています。

総合評価

結構良いシャフトだと思います。デザインもシンプルで、どのヘッドと組み合わせてもかっこよくなりそうなのも評価しています。

アルディラローグシリーズの中では唯一綺麗にフェードするタイプであり、珍しくカウンターバランスでフェードするシャフトというのもポイント。

ローグブラック130MSIはレンタル出来ますから、ぜひ試打してみてください。

おススメ度

ベンタスレッド試打評価|ミケルソンやアダム・スコットが使用するベンタスの飛ばし屋|VENTUS RED
ベンタスレッドの試打評価です。低スピンでドローバイアスのベンタスシリーズ唯一の先調子のモデル。ベンタスシリーズはUSフジクラのハードヒッター向けモデルが多いですが、ベンタスレッドは他のベンタスシリーズとどんな違いがあるのかを評価します。
ベンタスブルー試打評価|ベンタスブルーとベストマッチのヘッドも考察!
ベンタスブルーの試打&評価です。先端剛性の高さと、トルクの少なさ故のスピン量の最適化により、キャリー300y超えを複数回記録しました。打てる人はあまり多くないハードなシャフトではありますが、ハードヒッターにはおススメです。
ベンタスブラック/VENTUS BLACK試打評価|ベンタスブラックが評価される理由は?
フジクラベンタスブラック試打評価です。US逆輸入のフジクラベンタスシリーズの最高スペック、ベンタスブラックです。マキロイ、ミケルソン、DJがこぞって使うベンタスブラックの魅力とは。
テンセイプロオレンジ1K試打評価|テンセイオレンジと1Kの良いとこどり
テンセイの新シリーズ 三菱ケミカルのシャフトは、国内でもメインで販売されるディアマナシリーズやフブキシリーズだけでなくUS三菱出身のクロカゲ、テンセイシリーズなど数多くラインナップします。 今回紹介するのはテンセイ1Kシリーズの最新...
Kai'li(カイリ)ホワイト試打評価|テンセイを超える?シャウフェレが使うUSミツビシ出身モデル
ミツビシKαi'li(カイリ)ホワイト試打評価です。USミツビシの新作で2万円以下で買えるにもかかわらず、超高性能で良い素材も使っているシャフト。シャウフェレもシフトしたカイリホワイトはテンセイを超える完成度になるのか?
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました